「ミズベリング インスパイアフォーラム2015 ポートランド...|

「ミズベリング インスパイアフォーラム2015  ポートランドイノベーショントークス」1月29日に東京で開催 ~日本の水辺活用の未来をまちづくり先進都市ポートランドに学ぶ~

 国土交通省が推奨する、水辺の創造力を高める「ミズベリング・プロジェクト」は、日本各地に広がる水辺への関心を受けて、水辺からアイデアを刺激する「ミズベリング インスパイアフォーラム」を2015年1月29日(木)、日本橋三井ホールにて実施いたします。

ミズベリング インスパイアフォーラム2015ロゴ
ミズベリング インスパイアフォーラム2015ロゴ

 日本の水辺は規制緩和が進みつつも、有効に活用されていないのが現状です。「ミズベリング・プロジェクト」は2014年3月の発足以来、日本各地で12回の行政・民間の垣根なく水辺の未来を語りあうミズベリング会議を実施し、知見の共有やアイデアの創出を行ってきました。
 今回は大きな反響があった1年間の動きをふまえ、2年目の活動に向けて新たな視点にふれるイベントを開催します。当日は、各メディア調査で「全米で最も住みたいまち」に選出され、世界中から注目を集める米国・オレゴン州ポートランドより、都市計画家、行政担当者、NPOにて活躍している様々なゲストを招待。その先進的なまちづくりの秘訣を、水辺の未来にどう活かせるか、全国より参加者を募りポートランドの専門家たちと共に考えます。

 日本の水辺とまちづくりのこれからを語り合う、白熱の3時間。「ミズベリング・プロジェクト」は今回のフォーラムを通して、さらなる変革の一歩を踏み出します。


■実施概要
【ミズベリング インスパイアフォーラム2015 ポートランドイノベーショントークス】
日時 : 2015年1月29日(木)フォーラム:15:00-18:00/交流会:18:30-21:00
場所 : 日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1 5F)
参加費: 5,000円(税込)(交流会参加費)
主催 : ミズベリング・プロジェクト事務局
協力 : 国土交通省、観光庁、公益財団法人 リバーフロント研究所、
     ポートランド市開発局WBGCチーム、日産自動車株式会社、
     株式会社リクルートコミュニケーションズ、株式会社J-WAVE
URL  : http://mizbering.jp/MIF2015


■プログラム
1.ポートランドシティストーリー
 世界をひきつけるポートランドの創造力はどこから来るのか。高度に進化した対話と連携のまちづくりマネジメント手法から、いま日本の中で起こるポートランドカルチャーの核心に迫ります。

2.東京水辺未来創造会議
 ポートランドのスーパークリエイタ―たちと会場の参加者で未来の東京リバーストーリー作りに挑戦。イメージやアイデアを瞬時にビジュアル化して共有する「ラピッドイメージシェア手法」をその場で再現します。

3.ミズベリングライフイメージ展示
 ミズベリング・プロジェクトチームが様々な出会いの中から、いま想像する豊かな水辺時間を再現。新しいミズべリングライフのイメージを提案する展示コーナーです。


■登壇者
【From Portland】
<都市計画家・建築家>
●チャールズ・ケリー(ズィジィエフ アソシエイトパートナー)
 これまで国内外の数々の都市計画・地域開発に携わってきた建築家・都市計画家。パール地区の開発計画において中心的役割を担ったほか、全米各地や日本でのプロジェクトに携わった実績を持つ。

●マウリシオ・ビヤレアル(プレイス 共同代表)
 受賞歴多数のランドスケープ建築家。25年以上にわたり、様々な環境づくりに携わる。水辺開発、都市公園、オープンスペース等、実績多数。世界中の建築家に影響を与える。

●ピート・ムニョース(バイオハビタッツ カスケーディア 事務所長)
 流域再生、廃水処理、雨水管理、および環境改善等を含む100以上のインフラプロジェクトに携わる。緑化インフラ、再生デザイン、気候変動解決等、講演実績多数。

<行政>
●山崎 満広(ポートランド市開発局)
 1995年に渡米し、南ミシシッピ大学にて学士と修士号を取得。建設会社やコンサルティング会社、政府系経済開発機関等へ勤務し、企業誘致、貿易開発や街づくりを学ぶ。2012年より現職。

<NPO>
●ケイト・ワシントン(パール地区近隣組合コミュニケーション 議長)
 パールディストリクトネイバーフッドアソシエーションのコミュニケーション部門のチェアパーソン。ポートランド州立大学で都市や地域計画について学ぶ。社会学の学士号を持ち、現在はECONorthwest社にて経済発展に関する研究を進める。

【From Japan】
<ポートランド有識者>
●吹田 良平(株式会社アーキネティクス 代表取締役)
 大学卒業後、浜野総合研究所を経て現職。都市論、新生活習慣の創造が関心テーマ。商業開発、都市開発の企画策定を中心に関連する内容の出版物編集制作も行う。自著として「グリーンネイバーフッド」を発刊。

●松本 大地(株式会社商い創造研究所 代表)
 街づくりからSC開発までを手掛ける商業プロデューサー。長年にわたり、日経MJ、繊研新聞、商業施設新聞等でポートランドのライフスタイルを紹介。2012年ポートランド事情を書いた著書「最高の商いをデザインする方法」を発刊。

●宇田川 裕喜(株式会社バウム 代表)
 2010年2月「場生む」ことで社会課題を解決していくクリエイティブ会社バウムを設立。ポートランドと日本を往復しながら国内外の企業、行政と共にソーシャル領域の課題解決に取り組む。

<ミズベのキーパーソン>
●市耒 健太郎(株式会社博報堂 クリエイティブディレクター)
 雑誌『広告|恋する芸術と科学』編集長。一橋大学卒、カリフォルニア大学サンタクルーズ校美術学部留学、東京藝術大学大学院美術修士課程修了。2012年カンヌ国際広告祭審査員。2014年世界経済フォーラム・ヤンググローバルリーダーズに選出。

●藤井 政人(国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 河川環境保全調整官)
 1991年建設省(現・国土交通省)に入省。関東地方整備局企画部企画課長、近畿地方整備局企画部企画調整官、水資源機構ダム事業部事業課長等を経て、2012年9月より現職。

●松岡 一久(株式会社エナジーラボ 代表)
 1960年生まれ。神戸大学工学部卒。一級建築士。北山創造研究所を経て株式会社エナジーラボ設立。サンストリート亀戸、横浜ベイクォーター(何れも北山創研にて)、あべのキューズモール基本設計、WACCA IKEBUKURO商業プロデュース。

●山名 清隆(ミズベリング・プロジェクト プロデューサー)
 社会的動機を高めて良いニュースを作り、良い関係を作り出していくSOCIMOマネジメントの実践者。「愛妻家協会」、「東京スマートドライバー」、「おもいやりライト」等をプロデュース。地域づくり総務大臣表彰。CNN、BBC、アルジャジーラ出演等。


■「MIZBERING」(ミズベリング)
公式WEB: http://mizbering.jp/
 河川空間の利用に関する規制緩和にともない2014年に発足。ミズベリングは「水辺+RING(輪)」、「水辺+R(リノベーション)+ING(進行形)」の造語。水辺に興味を持つ市民や企業、行政が一体となり、水辺の美しいまちづくりと、新しい賑わいを生み出すムーブメントを創造していく活動です。

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
社会(国内) 建設
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「55247」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事