Amazonプライムデー2024の特選セール(7/11~7/17)にて アーチ型ヘッドのハンディーガン「YaWaRa ATHLETE」を 24%OFFの6,680円にて販売開始

ランナーズアイテムを企画、販売するTeam One Day(大村企画 代表:大村竜助 所在地:長野県南佐久郡)はアーチ型ヘッドのハンディーガン、YaWaRa ATHLETE(ヤワラアスリート)を2024年7月11日~17日(7月11日~15日は先行セール)のAmazonプライムデー2024の特選セールにて24%OFFの6,680円にて販売を開始いたします。


アーチ型ヘッドで包みこむヤワラアスリート


YaWaRa ATHLETEは『ランニングやスポーツをライフワークにしているアスリートが短時間で効率的にケアができること』をテーマに企画開発した筋膜リリースガンです。


監修に、プロ・アマチュアアスリートやスポーツチームのトレーナーとして活躍する濱口繁人氏(米国NSCA認定パーソナルトレーナー)を起用し、市民ランナーやスポーツ愛好家など、日常的に運動をする方の実用性を重視しました。


一般的なガンタイプのアイテムはピンポイントに刺激するヘッドのみが付属されていますが、YaWaRa ATHLETEは『疲れやすい筋肉は丸みを帯びている』ことに着目し、筋肉を包み込むような“アーチ型ヘッド”を採用し、一度に広範囲に刺激を与えることができます。



監修の濱口氏は

「疲れやストレスで動きが悪くなる筋肉。特に硬くなった筋肉は点で刺激すると緊張が強く出てさらに硬くなり逆効果なときもあります。YaWaRa ATHLETEは一般的なアタッチメントにはない大きな面でケアすることができるアーチ型を採用。太ももやふくらはぎのような丸くて大きな筋肉を包みこむようにセルフケアができる画期的なアイテムです。」とアーチ型ヘッドの利点を説明します。



【運動直後の使用を推奨】

激しい運動によって生まれる疲労の元である活性酸素は、運動後の筋肉の適切なケアで除去が期待できます。しかし、ケアが遅れると活性酸素が神経細胞を損傷させる原因となるため、できれば運動後、間を空けずに筋肉ケアをすることが理想と言われています。環境に恵まれたアスリートはトレーニング直後、専属トレーナーによるマッサージを受けるなどのボディーケアを行いますが、そのような環境を持つ方は一般アスリートはもちろん、プロアスリートですら一部に限られます。


YaWaRa ATHLETEは運動直後、どこでもすぐに手で包みこむようなセルフケアができるよう、持ち運びしやすいコンパクトサイズ(スマホサイズの本体、約350g)でありながら、十分なパワーと静粛性を兼ね備えています。



【商品詳細】

・付属ヘッド(アタッチメント)は肩や腰、脚などにフィットする新開発のアーチ、やさしくタップするボール、面で圧するフラット、指でつまむように押すフォーク、ピンポイントで刺激するポイントの全5種類。

・コンパクトサイズなのに振動幅8mmで深く筋肉に刺激を届けます。

・充電は付属のUSB-Cケーブルで、スマートフォンのようにACアダプターやモバイルバッテリーから。

・消し忘れの心配がいらない10分自動オフ機能で、そのまま眠ってしまっても大丈夫です。

・特にパワーが必要と言われる肩や太ももにも十分な約7kgの耐圧力で、押し当てても止まりにくい。

・静音仕様のモーターを採用し、テレビを見ながらや話しながらでも、気軽にセルフボディーケア。

・フル充電で約2~4時間使える、長時間耐久設計(時間は条件により異なります)。

・マット仕上げの本体は、サラサラした肌ざわりでインテリアにもマッチ。

・女性や中高生も扱いやすい、約350gの軽量、コンパクトな本体。

・本体他、全てのパーツが収まる専用収納ケース付属で、遠征や旅行の際の携行にも便利です。



【商品概要】

商品名  : YaWaRa ATHLETE(ヤワラアスリート)

発売日  : 2023年10月24日

価格   : 8,800円(税込)

本体サイズ: (約)9.5×4.5×14cm:350g

カラー  : マットブラック・マットホワイト

販売ルート: Amazon

URL    : https://www.amazon.co.jp/dp/B0CGRT8F7M



【パッケージ内容】

・本体

・5種類のアタッチメント

・USBコード

・落下防止リストストラップ

・収納ケース

・取扱説明書(日本語)

・アフターサービスご案内


※誕生日、クリスマス、父の日や母の日などのプレゼントにも喜ばれるロゴボックスでのお届けです

※1年間のメーカー保証付き

プレスリリース動画

カテゴリ:
商品
ジャンル:
生活用品・雑貨 家電 経済(国内)
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。