アクリロニトリル市場調査の発展、傾向、需要、成長分析および予...

アクリロニトリル市場調査の発展、傾向、需要、成長分析および予測2024―2036年

アクリロニトリル市場

Research Nester Inc.(東京都台東区)は、「アクリロニトリル市場」に関する調査を実施し、2024 ― 2036 年の間の予測期間を調査しています。

調査結果発表日: 2024年04月30日。
調査者: Research Nester。
調査範囲: 当社のアナリストは、507社市場関係者を対象に調査を実施しました。 調査対象となったプレーヤーの体格はさまざまでした。

調査場所: 北米 (米国およびカナダ)、ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、アジア太平洋 (日本、中国、インド、ベトナム、台湾、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋) 、ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、NORDIC、その他のヨーロッパ)、中東とアフリカ(イスラエル、GCC 諸国、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東とアフリカ)。

調査方法:現地調査240件、インターネット調査270件。
調査期間:2024年03月―2024年04月

市場調査レポートの詳細な洞察は、次の場所で入手できます。

調査パラメーター:

この調査には、成長要因、課題、機会、および最近市場傾向を含む、アクリロニトリル市場の動態調査が含まれています。 さらに、この調査では、市場の主要企業の詳細な競争分析が分析されました。 市場調査には、市場の分割と地域分析(日本とグローバル)も含まれます。

市場スナップショット

Research Nesterの分析調査分析によると、アクリロニトリル市場の規模は2023年に120億米ドルと記録され、2036年までに市場は190億米ドルの収益に達すると予測されています。さらに、市場は予測期間中に4%のCAGRで成長する態勢が整っています。
アクリロニトリル市場
アクリロニトリル市場

市場概要

Research Nester 市場調査分析によると、最終用途産業の拡大とその多用途な特性の結果として、市場は大幅に成長します。自動車製造産業は、2021年に世界で約3兆米ドルの価値がありました。アクリロニトリルから製造されたプラスチックには、耐久性などのさまざまな機能が組み込まれています。より具体的には、耐熱性と耐薬品性により、さまざまな最終用途製品に使用するのに理想的な選択肢となっています。ライフスタイルの変化による高度な消費者製品の需要の増加も、アクリロニトリルの市場成長を同時に後押しすると予想されています。

ただし、可燃性が高いため、市場は課題に直面しています。アクリロニトリルは、直火にさらされると爆発する可能性が高くなります。さらに、光化学スモッグの原因となるため、環境に非常に危険な影響を及ぼします。さらに、人体への暴露は皮膚の炎症や呼吸困難を引き起こします。アクリロニトリルの循環廃棄物蓄積の懸念から、環境規制の適用につながり、市場の成長を妨げています。

最新ニュース

当社の調査によると、アクリロニトリル市場の企業では最近いくつかの開発が行われています。これらは:

• INEOSニトリルは、温室効果ガス排出量を最大90%削減するバイオベースのアクリロニトリルであるInvireo TMを2023年6月8日に発表しました。
• Sumitomoは、2023年2月16日に、アクリロニトリル生産において初めて国際持続可能性炭素認証(ISCC)を取得したと発表しました。

市場セグメンテーション

当社のアクリロニトリル市場調査では、アプリケーション - アクリロニトリルブタジエンスチレンセグメントは、2036年に約20%の最大の市場シェアを獲得すると予測されています。

さらに、市場をアプリケーション別にアクリロニトリルブタジエンスチレン、アクリル繊維、炭素繊維、ニトリルゴム、アジポニトリル、スチレン-アクリロニトリル樹脂、およびポリアクリルアミドに分類しています。アクリロニトリルブタジエンスチレンセグメントは、自動車およびエレクトロニクス部門での需要が高いため、他のすべてのセグメントの中で優位に立っています。現在、インドの電子産業は1,550億米ドルと評価されています。また、アクリロニトリルブタジエンスチレンの耐久性は高く、ポリ塩化ビニルよりも優れています。これらはシームレスな取り付けが組み込まれており、軽量です。

地域概要

当社のアクリロニトリル市場に関する洞察によると、アジア太平洋地域は成長し、約50%の最大の市場シェアを占めると予想されています。

さらに、アジア太平洋地域は、家具産業と繊維産業の繁栄により、大きく成長する見込みです。最近の分析によると、世界の繊維産業は2024年に約1,410億米ドルの価値があります。さらに、発展途上国では建設部門も成長しており、同時に建築資材の需要も増加しています。

日本のアクリロニトリル市場は、持続可能性の目標、所得水準の上昇、公共交通機関の拡張、消費者のニーズ、急速な都市化により成長しています。最近の分析によると、2020年のアクリロニトリルの国内需要は10,300トンを超えました。

アクリロニトリル市場の支配的なプレーヤー

当社の調査レポートによると、世界のアクリロニトリル市場における最も著名なプレーヤーは次のとおりです。

• INEOS
• China Petrochemical Development Corporation
• Ascend Performance Material
• Lenntech B.V.
• Solvay。

さらに、日本市場のトップ 5 プレーヤーは次のとおりです。

• Asahi Kasei Corporation
• Sumitomo Chemical Co., Ltd.
• Daishin Corporation
• Mitsubishi Chemical Group Corporation
• Maeda Industrial Chemicals Co., Ltd
https://www.researchnester.jp/sample-request-5973

会社概要:

Research Nester では、企業の目標と需要に合わせた包括的なマーケティング レポートを提供することを目指しています。 当社の熟練した研究者、アナリスト、マーケティング担当者のグループが連携して、貴重な市場トレンド、成長指標、消費者行動、競争環境を正確に特定します。 一般的な推奨事項を超えて、組織は対象業界を深く掘り下げて、顧客の対象ユーザーとつながり、実際の成果を生み出す戦略を設計します。 Research Nester は、さまざまな分野のあらゆる規模の企業が現在の進化し続ける市場で成長できるよう支援しており、これは実証済みの成功実績によって証明されています。

連絡先情報:

お問い合わせフォーム: https://researchnester.jp/contact
電話番号: +81 50 50508480
URL: https://researchnester.jp/

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。