12年連続人気No.1アナリストも参画。トップクラスの証券ア...

12年連続人気No.1アナリストも参画。トップクラスの証券アナリストによる、 個人投資家向け日本株投資アイデア分析プラットフォーム 「Longine(ロンジン)」の運営を開始

株式会社ナビゲータープラットフォーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:原田 慎司、以下「ナビゲータープラットフォーム」) は、2013年6月26日(水)より、個人投資家向け日本株投資アイデア分析プラットフォーム「Longine(ロンジン)」の運営を開始することをお知らせいたします。

Longine
Longine

「Longine(ロンジン)」: http://www.longine.jp


1.概要

「Longine」は、トップクラスの証券アナリストの日本株の投資アイデアや、産業界・学術界のスペシャリストの知見を中立の立場から個人投資家に提供するウェブサービスです。これまでは機関投資家やごく一部の投資家しか触れることのできなかった投資アイデアを、より多くの個人投資家の皆様に安価で提供できるように努めます。

「Longine」には、12年連続人気No.1アナリストをはじめ、大手外資系証券会社や資産運用会社でトップクラスの評価を得てきた証券アナリスト、産業界のエキスパート、学識経験者が執筆者として参画します(詳細は http://www.longine.jp をご参照ください)。個別銘柄の推奨に加えて、産業や企業の競争力の源泉に関する分析を提供することで、個人投資家の長期的な資産形成をサポートします。

「Longine」で提供される投資アイデア、分析記事は、記事単位での購入を希望される場合は一記事210円(税込)でお求めいただけます。また、全ての投資アイデア、分析記事は読み放題で月額1,050円(税込)です。尚、サービス開始から当面の間は、月契約登録者に対し、一週間無料で記事をご提供します。

「Longine」は投資判断の中立性を重視します。投資家の売買頻度に応じて収入が増える証券会社とは異なり、「Longine」は読者からいただく購読料を収入源とするため、短期売買を促すインセンティブが働きにくい構造にあります。また、執筆者も証券会社や資産運用会社からは独立した立場にあり、更にナビゲータープラットフォームの役職員及び、執筆者には本邦上場株式の売買について厳しい制限が課されます。


2.「Longine」のサービス:4種類の記事を提供

(1)レポート
証券アナリストによる企業のトップマネジメントへのインタビューや新たな戦略提案、エコノミストによる経済見通し、学術界による最新研究報告、産業界の各種専門家による産業動向の見通し等をレポートにしてお届けします。

(2)推奨銘柄
稼ぐ仕組みを確立し、長期投資に適した銘柄の推奨、今後12ヶ月以内に株価のアップサイドが見込める大型株/小型株の銘柄推奨レポートをお届けします。推奨銘柄については、適宜フォローアップレポートを発行します。

(3)イベントリスト
証券アナリストが株価にインパクトのあるイベントの見通しと、その結果に対する印象をいち早くお届けします。

(4)機関投資家動向
機関投資家の動向を分析します。機関投資家が取り得る行動を予測し、個人投資家に投資アイデアを提供します。


3.会社概要(2013年6月26日現在)

会社名  : 株式会社ナビゲータープラットフォーム
代表者  : 代表取締役社長 原田 慎司
本社所在地: 東京都中央区日本橋兜町5-1 METLIFE兜町ビル3階
設立日  : 2013年3月15日
役職員数 : 6名(別途、シニアアドバイザー2名)
主要株主 : 原田 慎司、泉田 良輔


4.経営陣及びシニアアドバイザー略歴

原田 慎司 / 代表取締役社長

一橋大学経済学部を卒業後、大和総研で証券アナリストとしてエレクトロニクス業界を担当。その後、三菱証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)、ドイツ証券及びシティグループ証券で証券アナリスト、M&Aバンカーとして計10年間の勤務経験を持つ。シティグループ証券株式調査部ではディレクターとして総合電機業界の調査責任者を務める。日本証券アナリスト協会検定会員。

泉田 良輔 / 取締役 アナリスト兼Longine編集委員長

慶應義塾大学商学部を卒業後、日本生命保険にて外国株式ファンドのポートフォリオマネージャーや証券アナリストとして米国の小売やインターネット、メディア業界を担当。2002年から2012年まで、フィデリティ投信にて主に調査部で日本株の証券アナリストとしてエレクトロニクス、インターネット、ゲーム、機械業界や小型株のアナリストとして従事。日本証券アナリスト協会検定会員。

吉積 礼敏 / 取締役 情報責任者(CIO)
吉積情報株式会社 代表取締役

東京大学工学部卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。同社マネージャー昇進後、2005年より吉積情報株式会社を設立し代表取締役に就任。Googleに特化した業務システム開発を会社として手がけつつ、システムコンサルタントとして大規模プロジェクトマネジメントを歴任。2012年1月には、日本人としては初めてGoogle Apps Certified Development Specialistを取得。

徳久 悟 / 取締役 クリエイティブ責任者(CCO)
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任講師

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。大学院在学中にUTUTU Co., Ltdを共同設立。また、2009年にSikakeを共同設立。SIGGRAPH Emerging Technologies(2003, 2005)、 文化庁メディア芸術祭(2004, 2007)、 Asia Digital Art Award(2005, 2008)、 FILE(2007, 2008)、 Laval Virtual(2006, 2008)など多くのコンペティションにおいて採択されている。

深尾 光洋 / シニアアドバイザー
慶應義塾大学商学部教授、経済産業研究所ファカルティフェロー(兼務)

京都大学工学部卒業、日本銀行入行。ミシガン大学経済学部博士課程修了、Ph.D.取得。日本銀行金融研究所、経済企画庁調査局、OECD経済統計総局エコノミスト等を経て97年より慶應義塾大学商学部教授(現職)。2011年より経済産業研究所ファカルティフェローを兼務。この間、日本経済研究センター金融班主査、同理事長、同研究顧問、金融審議会専門委員、政策金融改革ワーキングチーム等を歴任。

朝永 久見雄 / シニアアドバイザー
株式会社Hidden Gems代表パートナー

青山学院大学経済学部卒後、中央信託銀行(現三井住友信託銀行)に11年間勤務し、ファンドマネージャーに従事。その後セルサイド・アナリストに転向し、東京三菱証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)、ドイツ証券、JPモルガン証券、シティグループ証券勤務を経て、2013年1月に小売業界に特化したコンサルティング会社Hidden Gemsを設立し代表パートナーに就任。2001年から日経アナリストランキング小売り(大型店)部門において12年連続で首位、米誌インスティテューショナル・インベスターにおいて百貨店・GMS部門でも2010年に首位。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「36424」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報