電子書籍『誰も教えてくれなかったマンガで読む「韓国脱出マニュ...|

電子書籍『誰も教えてくれなかったマンガで読む「韓国脱出マニュアル」 ソウル脱出編』を6月15日に発売開始

~韓国に滞在中、第2次朝鮮戦争が起きたらどうやって日本に帰還しますか~

 このたび、株式会社エックスブレーンズ(所在地:東京都東久留米市、代表取締役:藤井実彦)のネクスドアー出版は、電子書籍『誰も教えてくれなかったマンガで読む「韓国脱出マニュアル」ソウル脱出編』を6月15日にAmazon Kindleストアで発売開始致します。

「韓国脱出マニュアル」表紙画像
「韓国脱出マニュアル」表紙画像

専用ウェブサイト: http://escape-korea.com
※22ページまで試し読み可


 近年緊迫した情勢が続いている韓国と北朝鮮。もし我々が韓国に在留していたり、旅行していた時に第2次朝鮮戦争が勃発したらどのように脱出すれば良いのか?そんな近未来シミュレーションを、マンガで描いたのが本書です。オリジナルの逃走経路マップや日本語が通じる病院マップなど、いざという時にすぐに使える情報が満載のマニュアル本となっています。作者は宝井実彦(たからい みつひこ)、作画は大雲雄山(おおくも ゆうざん)です。
 本書は電子書籍のみで発売し、Amazon Kindleストアにて定価は480円(税抜き)となります。

 本書発売キャンペーンにつき、ご購入者のうち、キャンペーンにお申込みされた方の中から抽選20名様に「Amazonショッピングカード 2,000円分」を差し上げます。お申込み方法等につきましては下記URLをご覧ください。
http://nextdoor-p.com
※締め切り7月20日


【背景】
 数年前には現実的でなかった出来事が、2013年に入って韓国と北朝鮮の関係悪化により、「第2次朝鮮戦争」が起こりうる可能性が出てきました。
 在韓邦人は3万人、在留邦人も1万人前後いる現在、第2次朝鮮戦争が突然勃発したら、我々はどのように日本に帰国すれば良いのでしょうか?どのように安全を確保すれば良いのでしょうか?
 そんなシミュレーションを、マンガという柔らかい表現手段で制作致しました。

■どのような準備が必要なのか?
■どんな情報源に基づいて避難するのか?
■どのルートを通れば安全なのか?
■どんな場所に避難すれば良いのか?

 これらを徹底的に考察して、現地取材を敢行。初めて韓国を訪れた方でもわかりやすく避難ルートが理解出来るようになっています。70ページに及ぶマンガと30ページ以上のコラム、オリジナルのソウル避難マップ、日本語の通じる救急病院マップも掲載。有事の際の逃走経路も含め、これ一冊で朝鮮有事が起きた際のソウルでの避難マニュアルとしてご活用いただけます。


【あらすじ】
 韓国旅行に来ていた3人家族が、韓国と北朝鮮の紛争に突然巻き込まれるストーリー。ソウルのホテルに泊まっていた3人は、2013年7月6日夜8時、大きな爆発音を聞いた。政府の中枢機能である青瓦台が燃えている。至る所で爆発が起きている。逃げ惑う群衆の中、家族は別々の場所にいた。ホテルで緊急事態に遭遇する妻と小学校3年になる男の子。ホテルから3キロ離れた繁華街で危機に直面する夫。ソウル在住の美人ライターが妻を安全な場所へ導こうとする。初めて出会った初老の軍事評論家が夫を危機から救おうとする。刻々と変化するソウル市街で、韓国脱出を試みる家族が、いかに正しく情報をつかみ、生き残ろうとするのかを、ソウル脱出まで描いている。果たして5人は、無事に日本へ帰国する事が出来るのだろうか?
※本編は全て漫画にて構成されています。


【登場人物】
夫:青木希望(あおき のぞむ)35歳
 東京在住の商社マン。国際貿易を担当している。韓国との取引はないが英語は堪能。部署は液化天然ガスの輸入部門。カナダのガスプラントとの交渉担当窓口係長。国際情勢の知識は豊富。

妻:青木夢(あおき ゆめ)34歳
 東京都心在住の専業主婦。結婚10年目。大学を卒業後、夫と同じ会社に入社し2年間働き、その後結婚をして退社(すぐに子供が生まれたため)。仕事に生きるよりも家庭を大切にする今時珍しい主婦。性格は明るく、前向き。困難なことがあっても常にポジティブ。

子供:青木翼(あおき つばさ)9歳、小学3年生
 都内区立小学校に通う小学3年生。やんちゃで破天荒、いつもママを困らせている。特技はサッカー、足が早い。甘えん坊の所はあるが、いざとなるとママを助けようとする熱血漢な所もある。

ソウルマスターK:京橋京子(きょうばし きょうこ)36歳
 韓国在住の日本人。仕事はフリーライター。韓国の最新情報と土地に詳しい。韓国語はペラペラでハングルも読める。韓国に住んで短期ビザを取得しながらはや8年。韓国俳優の追っかけを経て、韓国が大好きになり、滞在している。情にはもろいが、対人交渉力は随一。テコンドー2段の腕前。

郡司剛(ぐんじ つよし)59歳
 軍事評論家、作家。もと陸上自衛隊で、軍事的な知識は豊富。今回の旅行は取材の一環で、キナ臭い空気を感じて渡韓した。何があっても逃げられるようなサバイバルの準備をしている不思議なおじさん。韓国には30回以上来ており、土地勘もある。声が大きい。


【ここがポイント】
(1) 1時間で読めてすぐに理解出来る、韓国脱出マニュアルは日本の出版物としては史上初の試みとなります。

(2) 全編マンガでありながら、ソウルから出来るだけ安全に避難出来る手法をわかりやすく、かつ詳細に網羅しています。

(3) 避難マップやいざという時の避難用具、緊急時の医療施設マップ、紛争時に役立つコラムが満載。巻末には避難マップや医療施設マップのまとめが載っているので緊急時にすぐに使えます。


【著者紹介】
作家:宝井実彦(たからい みつひこ)
 経営コンサルタント会社代表。博多生まれの新宿育ち。青山学院大学文学部教育学科心理学専攻卒業。大手飲食店にて店長職を経験後、飛び込み営業の会社で営業を学ぶ。ソフトウェア企業で海外製品のブランディングとマーケティングを経験後、経営コンサルタントして独立。その後複数の事業を軌道に乗せる。2010年より法人向け危機管理コンサルタントと防災関連製品の紹介と販売事業を手がける。特に海外事業での危機管理に強く、独自の研究も行う。韓国情勢、中国情勢に詳しく、兵法研究家でもある。東京在住。

<関連サイト>
http://nextdoor-p.com
http://escape-korea.com
http://xbrains.co.jp
http://icomix.jp
http://bousai99.com

マンガ家:大雲雄山(おおくも ゆうざん)
 兵庫県出身、東京都在住。某有名漫画家のアシスタントを経て、本作で初めての作画を担当。趣味は読書と散歩とアニメ鑑賞。最近は歴史に興味があり、司馬遼太郎作品に感銘を受けている。


【会社概要】
商号 : 株式会社エックスブレーンズ
代表者: 代表取締役 藤井実彦
住所 : 〒203-0053 東京都東久留米市本町2-3-1
創業 : 2006年3月
URL  : http://xbrains.co.jp
     http://nextdoor-p.com
     http://escape-korea.com

 2006年より経営コンサルタント事業をスタート。その後複数の事業を行い、現在は経営コンサルタント事業、防災関連コンサルタント、防災関連事業、マンガマーケティング事業を行っている。今回の韓国脱出マニュアルは防災関連事業、マンガマーケティング事業を橋渡しする新規事業、「ネクストドアー出版」の第一弾である。


【ネクストドアー出版とは】
 ネクストドアー出版は新しい電子書籍の形を模索し続けるチャレンジャーとしての出版事業体です。本出版社の目的は大きく2つあります。

<1>
 人類の珠玉の叡智を後世に長く、広く伝えるために、『マンガ』の力を使って電子書籍の有るべき姿を追い求める事を目的としています。

 マンガは古来より日本でも世界でも親しまれ、戦後の日本では手塚治虫氏を筆頭に最高度のマンガ文化が花開いています。近年海外でも日本のマンガがブームであると言われています。
 しかしマンガが持つポテンシャルはまだ発展の途上であります。当社はマンガの力を使って、より世界の隅々に『人類の叡智』を伝える事が出来ると信じています。「この楽しく面白い仕事を、当社が最初に手がけたい」と考え、設立を決意致しました。

<2>
 2050年代には人類の人口は100億人に達すると言われています。人類は国と国が争い覇権を競う選別の時代から、共存の時代へと大きくシフトしていく必要があると当社は考えます。人類が永永として築き上げた遺産として、多くの書籍、叡智が眠っています。国と国が争い続け、多くの血を流す事なく発展繁栄する道は必ずあるはずです。

 この人類の叡智をネクストドアー出版は狩猟し、模索し、選択します。
 今を生きる、苦しみの中で希望を失いかけている人々のために「次に進む希望の扉」を提供してゆきたいと考えています。
 そして未来に生きる人類の為に、世界の隅々にまで、誰よりもわかりやすく人類の叡智を伝える仕事をどこよりもまじめに明るく行いたいと考え、設立を決意致しました。

 人類の次なる進化の扉を開く一助となるべく、本出版社は生まれました。ネクストドアー出版は人類の珠玉の叡智を、マンガの力で解放します。

カテゴリ:
商品
ジャンル:
マンガ レジャー・旅行
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「36243」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報