アイル、ネットショップとリアル店舗のポイント・顧客一元管理ソ...

アイル、ネットショップとリアル店舗の ポイント・顧客一元管理ソフト「CROSS POINT」を開発

― 業界初の低価格クラウド型ASPサービスでの提供により、 中小企業におけるO2Oの実現を支援します。 ―

システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本 哲夫、証券コード:3854、以下 アイル)は、ネットショップとリアル店舗のポイント・顧客一元管理ソフト「CROSS POINT(クロスポイント)」を開発しました。
「CROSS POINT」はネットショップとリアル店舗のポイント情報・顧客情報を一元管理するソフトで、クラウド型ASPサービスで提供します。ネットショップで付与されたポイントをリアル店舗での購入時に使うことや、その逆もできるため、顧客の利便性の向上につながります。また企業側も、一顧客におけるネットショップとリアル店舗と両方の購買履歴を把握できるため、双方向での最適な販促活動が可能となります。本サービスによりネットとリアルを融合するO2O(※)の実現を支援します。

「CROSS POINT」画面サンプル
「CROSS POINT」画面サンプル

※O2O(Online to Offline):オンライン(インターネット)上での情報がオフライン(店舗などのリアルの場)での行動に影響を与えること。


[「CROSS POINT」特徴]
(1) 業界初、ネットショップとリアル店舗のポイントを一元管理。
ネットショップとリアル店舗のポイント付与、利用を一元管理できます。顧客はスマートフォンや携帯電話をポイントカード代わりにでき、マイページで自分のポイントの確認もできます。
企業ごとにシステムを構築すると多大なコストがかかりますが、業界初のクラウド型ASPサービスとすることで低コストでの利用を実現しました。API提供により、POSシステム、ECシステム、メール配信システムとの連携が可能です。

(2) ネットショップとリアル店舗の顧客情報を一元管理。
一顧客におけるネットショップとリアル店舗両方の購買履歴や顧客情報を一元管理できます。基本情報の管理以外にも会員ランク設定や、会員属性分析、購入金額・購入頻度などに応じたセグメント管理が可能です。
顧客はスマートフォンや携帯電話、パソコンから会員登録ができ、マイページで購買履歴を参照できます。

(3) 購入履歴に基づいた最適なメール配信で、効果的なO2Oを実現。
これまではネットショップとリアル店舗の顧客情報が一元化されていなかったため、メール配信などの販売促進もそれぞれ別に行われていました。「CROSS POINT」での一元化により、ネットショップとリアル店舗間の相互送客など、より効果的な販売促進が可能となります。


[機能紹介]
ポイント管理/顧客管理/分析/メール配信(オプション)

[料金]
基本料金:30,000円/月 + 1店舗あたり 3,000円/月

(例)ネットショップ1店舗、実店舗2店舗の場合
  基本料 30,000円+3店舗 9,000円= 39,000円/月


[本サービス開発の背景]
近年のネットショップ利用者の増加により、リアル店舗のみならずネットショップも運営する企業が増えています。しかし、購入時に付与されるポイントの一元化はできておらず、リアル店舗とネットショップをそれぞれ別に管理をする企業がほとんどでした。ポイントの管理に手間がかかっていた企業から、一元管理したいというお声が高まってきたため、今回のサービス開発にいたりました。
また、アイルは以前から「ネットとリアルの融合」による企業力アップを支援すべく、サービスを提供しています。本サービスも「ネットとリアルの融合」を実現するサービスであり、注目が高まっているO2O(Online to Offline)の実現を支援するものとなります。

[画面イメージ]左:管理画面 右:顧客側マイページ(サンプル)
http://www.atpress.ne.jp/releases/34582/1_1.gif


[アイルについて] http://www.ill.co.jp/

・社名 :株式会社アイル(JASDAQ上場 証券コード:3854)
・代表者:代表取締役社長 岩本 哲夫
・設立 :1991年
・資本金:2億65百万円
・社員数:347人[連結](2012年7月末時点)
・売上高:46億20百万円[連結](2012年7月期実績)
・本社 :大阪本社 大阪市北区・東京本社 東京都港区

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報