“皇室とのつながり”伝える 宮内庁三の丸尚蔵館の名品約80点...

“皇室とのつながり”伝える  宮内庁三の丸尚蔵館の名品約80点が広島に

広島テレビ放送株式会社(本社:広島市東区、代表取締役社長:飯田 政之)は、2022年9月16日(金)~10月30日(日)、広島県立美術館にて「皇室の美と広島-宮内庁三の丸尚蔵館の名品から-」を開催します。

「宮内庁三の丸尚蔵館」は、皇室に受け継がれた美術品類が皇室から国へご寄贈されたことを受けて開館した施設です。現在、約9,800点の美術工芸品を所蔵しています。

本展覧会では、その中から江戸時代の天才絵師・伊藤若冲、近代日本画の川合玉堂、横山大観の名品を展示。さらに平清盛・平重盛親子にまつわる絵巻や、広島出身の児玉希望、平山郁夫などの作品も展示。皇室と広島のつながりを感じることができる特別な40日間です。


伊藤若冲《旭日鳳凰図》宝暦5年(1755)【前期】


岩佐又兵衛《をくり(小栗判官絵巻)》巻十(部分)江戸時代(17世紀)【前期・後期で場面替え、掲載場面は後期】


■開催概要

会期  :令和4年9月16日(金)~10月30日(日)

     前期 9月16日(金)~10月10日(月祝)

     後期 10月12日(水)~10月30日(日) ※会期中大幅な展示替えあり。

開館時間:午前9時~午後5時

     (金曜日は午後7時まで。入場は閉館30分前まで。9月16日は10時開場。)

     ※会期中の休室  祝日除く月曜日、10月11日(火)

     ※会期中の展示替 10月11日(火)

会場  :広島県立美術館

主催  :広島県立美術館、広島テレビ、イズミテクノ、宮内庁


<展示構成>

第1章:皇室の御慶事を彩る

第2章:皇室とつながる広島

第3章:広島ゆかりの作家たち

第4章:京と瀬戸内の風景

第5章:帝室技芸員と近代工芸の精華

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報