家の売却検討者と仲介担当者のマッチングサイト『TAQSIE(...

家の売却検討者と仲介担当者のマッチングサイト『TAQSIE(タクシエ)』登録エージェントが300名に、対象エリアは110市区に追加拡大

~参加大手不動産会社も15社に拡大~

三菱地所リアルエステートサービス株式会社(東京都千代田区大手町1-9-2 取締役社長 湯浅 哲生)が運営する家の売却検討者と仲介担当者のマッチングサイト『TAQSIE(タクシエ、[https://taqsie.jp/]{https://taqsie.jp/} )』は、7月28日より対象エリアを東京都23区から神奈川、千葉、埼玉、東京都下の110市区に追加拡大し、また、登録エージェント数も現在の約100名から約300名に、大手不動産会社の参加数も15社に拡大しましたので、お知らせします。
当社は、家の売却検討者・経験者約2万人を対象に不動産売却に関するアンケートを実施し、その結果、売却回数1~3回経験者の80%以上、モニター参加者の94%以上が、「仲介担当者探しは重要である」と感じているという回答を得ました。一方で、売却がはじめての方の57%が「仲介担当者選びが手間である」と感じており、売却内容を重複して説明する必要があること、複数人とのコミュニケーションが煩雑であることが理由として挙げられました。
これらを解決する『TAQSIE(タクシエ)』は、5月23日より運営を開始しておりますが、今般、ご要望の多かった神奈川、千葉、埼玉、東京の主要都市110市区に追加拡大し、また、登録エージェント数も現在の約100名から約300名に、大手不動産会社の参加数も15社に拡大しました。

今後も順次、購入者向けサービス等も広げていく予定で、参加不動産会社も今年度中に 20 社を目指します。

拡大エリア

東京都 :八王子市/立川市/武蔵野市/三鷹市/府中市/調布市/町田市/小金井市/小平市/日野市/国分寺市/国立市/狛江市/清瀬市/東久留米市/多摩市/稲城市/西東京市
神奈川県 :横浜市/川崎市/相模原市内/鎌倉市/藤沢市/茅ヶ崎市
埼玉県 :さいたま市/川口市/草加市/越谷市/蕨市/戸田市/朝霞市/志木市/和光市/新座市/八潮市/富士見市/三郷市/ふじみ野市
千葉県 :千葉市/市川市/船橋市/松戸市/習志野市/柏市/流山市/鎌ケ谷市/浦安市/印西市

追加参加不動産会社

・株式会社ゴールドクレスト住宅販売
・朝日リビング株式会社
・日本住宅流通株式会社
・株式会社福屋不動産販売
・株式会社ケイズワン
・京成不動産株式会社(8月上旬より)

※参考資料

「TAQSIE(タクシエ)」について

【TAQSIEのサービス概要】

家を売却検討中のエンドユーザーと仲介担当者を直接マッチングするサービスサイト
お客様自身がニーズに応じて、仲介担当者の「得意分野」や「経験年数」、「成約実績」等の営業担当者のキャリアも確認でき、好みに合致した担当者を選ぶことが可能

【サイトの特長】 [https://taqsie.jp/]{https://taqsie.jp/}

・エージェントの豊富な売却実績がわかる
・高い価格を提示する買い顧客がわかる
・店舗に行かずに気軽にチャットで相談
・住み替えや相続など様々な売却ニーズに対応

【参加不動産会社】(2022年8月4日時点) ※順不同

・株式会社長谷工リアルエステート
・住友林業ホームサービス株式会社
・三菱地所ハウスネット株式会社
・東京建物不動産販売株式会社
・小田急不動産株式会社
・京王不動産株式会社
・オークラヤ住宅株式会社
・スターツピタットハウス株式会社
・ナイス株式会社
追加不動産会社
・株式会社ゴールドクレスト住宅販売
・朝日リビング株式会社
・日本住宅流通株式会社
・株式会社福屋不動産販売
・株式会社ケイズワン
・京成不動産株式会社(8月上旬より)

【対象エリア】

東京都 :23区/八王子市/立川市/武蔵野市/三鷹市/府中市/調布市/町田市/小金井市/小平市/日野市/国分寺市/国立市/狛江市/清瀬市/東久留米市/多摩市/稲城市/西東京市
神奈川県 :横浜市/川崎市/相模原市内/鎌倉市/藤沢市/茅ヶ崎市
埼玉県 :さいたま市/川口市/草加市/越谷市/蕨市/戸田市/朝霞市/志木市/和光市/新座市/八潮市/富士見市/三郷市/ふじみ野市
千葉県 :千葉市/市川市/船橋市/松戸市/習志野市/柏市/流山市/鎌ケ谷市/浦安市/印西市

アンケート調査結果について

【アンケート調査概要】

・調査対象:家の売却検討者・経験者30~59歳の男女、東京都23区内に在住の方
・調査方法:パネルを利用したアンケート調査・モニター参加者へのアンケート・インタビュー
・調査期間:2022年5月~6月
・調査主体:自社調べ
・有効回答数:アンケート調査20,046件・モニター調査 64件

【調査結果サマリ】

・売却回数1~3回経験者の80%以上、モニター参加者の94%以上が、「仲介担当者探しは重要である」と感じている
・売却がはじめての方は57.8%が「仲介担当者選びが手間である」と感じており、売却内容を重複して説明がする必要があること、複数人とのコミュニケーションが煩雑であることが理由として挙げられた
・モニター調査の88%の方が売却の相談前に担当者情報が知りたいと回答しており、担当者選びで求める情報としては、「企業名」「プロフィール」「売却実績」「得意なエリア」が重要な要素となっている

【TAQSIEモニター参加者アンケートコメント】

・「過去に仲介担当者選びで失敗しており、経験値が⾼くて⼈柄がいい⼈にお願いしたいと思ったので、所属会社やプロフィールがあることで、無駄⾜を踏まず効率的に選択できた」
・「チャットは気軽に相談できるので、また使ってみたいと思った」
・「⼀括査定だと担当者がわからない状態だが、プロフィールが見られて、入口がチャットなのはいい」
・「各担当者の経歴・売買実績を見ることによって、得意な分野・エリアがわかるので、⾃分の物件に合った仲介担当者が選べる点が良かった」
・「担当者の自⼰紹介、強みや取引内容が分かってよかった」

【売却検討者・経験者20,000⼈アンケート調査結果詳細】

・家の売却を経験している人ほど仲介担当者の重要性を認識
Q.自分にあった不動産仲介会社の担当者を探すことは、売却希望条件を叶えるために重要だと感じますか

重要だと回答した人の割合

※調査結果詳細はTAQSIE(タクシエ)下記サイトよりご確認いただけます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。
メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。