弘前ねぷたまつりの節目を祝う「弘前ねぷた300年祭」を開催 ...

弘前ねぷたまつりの節目を祝う「弘前ねぷた300年祭」を開催  記念の年ならではの特別企画を続々発表!

青森県津軽地方の夏を飾る「弘前ねぷたまつり」は、毎年8月1日~7日に開催され、三国志や水滸伝などの武者絵等を題材とした大小約80台の勇壮華麗なねぷたが城下町弘前市を練り歩く夏まつりで、国から重要無形民俗文化財に指定されています。「弘前ねぷたまつり」の始まりは、昔、農民が夏の忙しい時期に襲ってくる眠気を追い払うため、睡魔を燈籠(とうろう)などにのせ、川に流した「眠り流し」という行事から発展し、まつりになったとされています。「ねぷた」が初めて記録に登場したのは、1722年(享保7年)の「御国日記(おくににっき)」であり、本年(2022年)は、300年の記念の年となり、特別企画を実施します!


■弘前ねぷた300年祭 特設ページ

https://www.hirosaki-kanko.or.jp/edit.html?id=neputa300



【特別運行】

■日時   :2022年8月27日(土)・28日(日)

       2022年8月27日(土) 夜運行

       2022年8月28日(日) 昼運行

■会場   :弘前駅前地区(予定)

■出陣(予定):・弘前ねぷた

       ・青森ねぶた

       ・五所川原立佞武多

       ・しれとこ斜里ねぷた(友好都市)

       ・尾島ねぷた(友好都市)


弘前ねぷたまつり


【城下の美風】

金魚ねぷたや角灯籠で街を彩る「城下の美風」。

大正から昭和期までの、軒先などを手持ちねぷたで飾っていた風習を再現します。


「城下の美風」金魚ねぷた・角灯籠による装飾


【弘前市立観光館の組ねぷたの新規製作】

弘前ねぷたの歴史を見つめなおし、伝統を継承するため、弘前市立観光館に展示している組ねぷたの新規製作を行います。

このほか、記念シンポジウムの開催、ねぷた絵、お囃子などの講習会を実施。


現在弘前市立観光館に展示している組ねぷた


【「初音ミク×弘前ねぷた300年祭」コラボ事業】

「弘前ねぷた300年祭」では、「初音ミク」を公式応援キャラクターに起用し、広くPR等を展開いたします。


等身大メインビジュアル(黒獅子様) Art by 黒獅子 (C) CFM

等身大サブビジュアル(大堂様) Art by daidou (C) CFM


■弘前ねぷたまつりコラボポスター(B2判)制作と商店街等への掲出

■弘前ねぷた300年祭PR用シール制作と配付

■弘前駅中央口へ大型歓迎ボード設置

■弘前市立観光館北側壁面へ大型歓迎ボード設置

■弘前商業連合会短冊ポスター制作と商店街への掲出予定(変更の可能性あり)

■初音ミクによる歓迎アナウンス

■地元企業との「初音ミク×ねぷた300年祭」コラボ商品販売

■観光施設等で2022描き下ろしイラスト使用公式グッズの販売 他

※上記の他に「弘前ねぷたクイズ企画」や「手持ち燈籠コンテスト」等も現在、企画調整中です。

また、事業詳細については下記のページで随時、発表いたします。


「弘前ねぷた300年祭×初音ミク」コラボ特設ページ

https://www.hirosaki-kanko.or.jp/edit.html?id=neputa300_miku



<「初音ミク」とは> https://piapro.net/

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」です。大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなりました。「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に拡がっています


SDビジュアル(nekosumi様) Art by nekosumi (C) CFM


※イラスト使用の際は、次のとおり著作権を表記してください。

■等身大メインビジュアル(黒獅子様)

Art by 黒獅子 (C) CFM


■等身大サブビジュアル(大堂様)

Art by daidou (C) CFM


■SDビジュアル(nekosumi様)

Art by nekosumi (C) CFM


■短縮版(掲載スペースが少ない場合)

(C) CFM

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。