「民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない」 Meiji.net インフォメーション vol.246

https://www.meiji.net/it_science/vol389_eiji-yanagawa

「Meiji.net」は、総合大学ならではの個性豊かな教授陣が時事問題を広く深く解説する情報発信サイトです。最新の更新予定をお知らせしますので、ぜひご覧ください。 

■Meiji.net(https://www.meiji.net/?rt=atpress


「民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない」


概要

民事裁判の長期化が問題視されるようになり、1996年の民事訴訟法改正によって迅速化が進みました。さらに、近年はIT技術の導入が目指され、第208回通常国会にて裁判手続のIT化に関する規定を盛り込んだ改正民事訴訟法(以下「改正民事訴訟法」といいます。)が令和4年5月18日に成立しました。民事裁判の審理期間のさらなる短縮が期待されています。しかし、ただ迅速化を図るのではなく、裁判本来の機能を踏まえることが重要です。この話題について詳しく解説します。


ポイント

■「民事訴訟手続の迅速化に関する立法論的・解釈論的手段」を研究テーマとする柳川鋭士准教授が執筆。

■民事裁判の審理が長期化する背景について解説。裁判の迅速化、適正化、充実化を図っていく手段として、IT化の導入が進められている一方、セキュリティ上の問題や、訴状を確実に相手側に届けるシステムの確立などが必要だと指摘。IT化によって裁判のすべてが改良されるわけではなく、道具として上手く使いこなすことで、裁判をより良いものにするきっかけになると論述。


■記事構成

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

●問題だった漂流型審理

●裁判のIT化には様々なメリットがある

●ITを上手く活用することで裁判を変えていく


執筆教授プロフィール

柳川 鋭士(明治大学 法学部 准教授)

■研究分野:民事手続法

■研究テーマ:民事訴訟手続の迅速化に関する立法論的・解釈論的手段

■キーワード:民事裁判の迅速化、司法制度論、弁護士論

■主な著書・論文

「民事訴訟法(IT化関係)等の改正に関する中間試案の概要と若干の検討―コロナ禍における民事裁判手続のIT化を踏まえて―」(『法律論叢』94巻第2・3合併号327頁-370頁・2021年)

「自動運転車による交通事故訴訟における証拠の役割と課題―模擬裁判事例を契機として」(共著・『自動運転と社会変革―法と保険―』33-54頁・商事法務・2019年)

“Further Reforms of the Japanese Code of Civil Procedure: How do reforms of the information provision process harmonize procedural and substantive fairness?” UC Davis Journal of International Law & Policy Vol.19, No.2(2013)

「司法アクセスを保障する手段としての経済的支援策 ―実体的正義実現のための経済的支援の必要性とその可能性」(『自由と正義』63(12),87-93頁・2012年)

「弁護士と裁判所間の情報共有化の過程と弁護士・裁判所双方の役割―民事訴訟に対する信頼の向上と更なる改善策の一提言―」(『判例時報』(2153),3―27頁・2012年)




■Meiji.netとは

~大学とは何か?~

知識を深めたい。視野を広げたい。感性を磨きたい――。

大学とは、好奇心を抱くすべての人たちに、大きく開かれた学びの場であると考えています。

“Meiji.net”は明治大学の研究や人材などを通じて社会に貢献していく、大学初の情報発信サイトです。

総合大学ならではの個性豊かな教授陣が専門的な知識と独自の視点で分析した、

バラエティーあふれるトピックスが満載。

あなたの疑問と明治の学問は、ここでつながっています。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。