ハイブリッドワーク時代の勤務状況を見える化!サービス残業を防...

ハイブリッドワーク時代の勤務状況を見える化! サービス残業を防止! PCログオン&ログオフ情報収集ツール『ez-PCLogger』が 業務アプリプラットフォームManageOZO3との自動連携開始

株式会社ニッポンダイナミックシステムズ(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:平山 武司、以下 当社)が提供する『ez-PCLogger』は、株式会社ITCS(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:深見 和久、以下 ITCS)が提供する業務アプリプラットフォームManageOZO3の勤怠管理アプリ『OZO3勤怠』との自動連携を開始したことをお知らせいたします。


OZO3勤怠×ez-PCLogger連携ロゴ


■概要

本連携では、勤怠管理として『OZO3勤怠』を導入している企業に対して、『ez-PCLogger』で収集したPCのログオン&ログオフ情報の自動連携を実現します。これにより、『OZO3勤怠』で社員が入力した出勤・退勤時間と『ez-PCLogger』から自動連携されたPCのログオン&ログオフ時間を比較することで、勤務時間の妥当性を確認でき、サービス残業を防止する等に役立てられます。なお、本連携は2022年4月より提供を開始しています。


OZO3勤怠×ez-PCLogger連携イメージ


OZO3勤怠×ez-PCLogger乖離チェックイメージ


■『ez-PCLogger』について

『ez-PCLogger』は、客観的な記録として活用できるPCログオン&ログオフ情報収集に特化した低コストなツールです(1名あたり月額88円[税抜] ※ご利用人数100名までの場合)。収集するサーバは、クラウド/オンプレミスの選択が可能です。さまざまな勤怠管理システムと連携可能で、企業規模や業界を問わず、社員の自己申告による勤務報告の妥当性をチェックすることができます。また、2018年秋の販売開始から、早くも25,000ライセンスを突破。現在、多くのお客様にご採用いただいております。


製品ページ: https://www.nds-tyo.co.jp/ez-pclogger/



■『OZO3勤怠』について

『OZO3勤怠』は多様な勤務体系に対応するシンプルな勤怠管理システムです。工場やコールセンター等の複数シフトはもちろん、パート・アルバイト、時短勤務、フレックス、裁量労働制等さまざまな勤務体系に対応できます。また、働き方改革関連法・36協定に則したアラート通知機能によって従業員に気づきを与え、安全な超過労働対策を実現します。月締め作業においては、従業員の未打刻や未申請をシステムが自動的にチェックするため労務担当者の負荷軽減にも繋がります。


製品ページ: https://manage-cloud.jp/product/kintai/



■株式会社ニッポンダイナミックシステムズについて

商号 : 株式会社ニッポンダイナミックシステムズ

代表者: 代表取締役社長 平山 武司

所在地: <本社>

     〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2-22-3 NDSビル

     <札幌オフィス>

     〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西5丁目2番地12

     住友生命札幌ビル4F

設立 : 1969年8月

URL  : https://www.nds-tyo.co.jp/



■株式会社ITCSについて

商号 : 株式会社ITCS

代表者: 代表取締役社長 深見 和久

所在地: <本社>

     〒450-0003 名古屋市中村区名駅南一丁目17-29 広小路ESビル8F

設立 : 1995年10月

URL  : https://www.itcs.jp/



【ez-PCLoggerに関するお客様からのお問い合わせ先】

株式会社ニッポンダイナミックシステムズ

担当 : SB事業グループ 大野・秋吉

E-Mail: solution@nds-tyo.co.jp

※当面の間、在宅勤務を継続するため、お問い合わせは上記メールアドレスまでお願い申し上げます。

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。