JR川崎駅前を拠点に様々なエンターテイメント事業を展開する企...

JR川崎駅前を拠点に 様々なエンターテイメント事業を展開する企業グループ  チッタグループは今年  創業100周年を迎えます!

 JR川崎駅前の複合商業施設「ラ チッタデッラ」(神奈川県川崎市川崎区/運営:株式会社 チッタ エンタテイメント/代表:美須アレッサンドロ)や、同施設内にあるシネマコンプレックス「チネチッタ」、同じく同施設内のライブホール「クラブチッタ」などを運営するエンターテイメント企業グループ「チッタグループ」は今年、創業100周年を迎えます。


 当グループは、1922年(大正11年)東京都荒川区日暮里の地に、映画館「第一金美館」をオープンし、事業をスタートさせました。以来、都内各所に次々と映画館をオープンさせ、手広く事業を展開します。そして、1936年(昭和11年)には、当時人口17万人だった川崎市に進出する事を決め、駅前を拠点に映画を中心とした街づくりを始めます。その後、今日に至るまで幾つもの時代の波を乗り越えて参りましたが、一貫して映画館運営を事業の核に据え、かつ、キャバレー、ボウリング場、ライブホール、スポーツ施設など、流行を先取りした様々な事業にも積極的にトライしながら、世の中の変化に対応して参りました。そんなチッタグループの100年の歴史は、(1)日本の映画館の歴史であり、(2)日本のエンターテイメントの歴史であり、(3)川崎市と発展の歩みを共にしてきた歴史である、と言っても過言ではありません。


 現在チッタグループでは、グループの中核となる株式会社 チッタ エンタテイメントを中心に、創業100周年を記念した様々な企画の準備を進めております。それらに関する情報は、随時「ラ チッタデッラ」の公式ホームページなどで公開して参りますので、ご注目いただけましたら幸いです。


事業のスタートとなった日暮里の「第一金美館」(大正11年頃)


川崎の映画街(現「ラ チッタデッラ」)の風景(昭和17年頃)


「ラ チッタデッラ」外観(現在)


■チッタグループの歴史(主な出来事)

◆大正11年      創業者の美須鐄 映画館経営をスタートする

           西日暮里を皮切りに都内に次々と映画館をオープンさせる

◆大正12年      関東大震災で映画館の大半を焼失するも、ただちに復興させる

◆昭和11年      当時人口17万人の川崎に進出 川崎映画街づくりが始まる

◆昭和16年~昭和20年 映画館の数は間接的に経営したものも含め27館に及ぶ

◆昭和20年      本土大空襲のためほぼ全ての映画館を焼失 ただちに復興計画を練る

◆昭和25年      蒲田駅東口に6館の映画街を建設

◆昭和33年      大型キャバレー「グランドオスカー」オープン

◆昭和39年      「川崎ミスボウリングセンター」オープン ボウリング事業スタート

◆昭和40年      「ミススポーツセンター」(昭和63年~平成12年アスレチッタ川崎)オープン

◆昭和43年      川崎初のディスコオープン

◆昭和45年      「ガーデンサウナ川崎」オープン サウナ事業スタート

◆昭和46年      「蒲田ミス・ボウル」(現アスレチッタ蒲田)オープン

◆昭和62年      日本初の本格シネマ・コンプレックス「チネチッタ」オープン

◆昭和63年      大型ライブホールの先駆「クラブチッタ」オープン

◆平成9年       国内最大級のハロウィンイベント「カワサキ ハロウィン」スタート

◆平成14年      「ラ チッタデッラ」第1期オープン

◆平成15年      「ラ チッタデッラ」第2期オープン

◆平成15年~平成18年 「チネチッタ」年間動員数・興行収入4年連続日本一を達成

◆平成23年      新たなエンターテイメントエリア「アレーナチッタ」オープン

◆平成28年      「チネチッタ」に超高音質サウンドシステム“LIVE ZOUND”導入

◆令和4年       チッタグループ創業100周年


大型キャバレー「グランドオスカー」(昭和33年オープン)


ライブホールの先駆け「クラブチッタ」(昭和63年オープン)


国内最大級のハロウィンイベント「カワサキ ハロウィン」(平成9年~令和2年)


★チッタグループの歴史 https://lacittadella.co.jp/concept/history/

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報