心臓バイオマーカー検査市場は、2028年に57億米ドル、CA...

心臓バイオマーカー検査市場は、2028年に57億米ドル、CAGR 8.5%で成長すると推定される

この新しいレポートによると、世界の心臓バイオマーカー検査市場は、2020年から2028年の間に8.5%のCAGRで成長し、2028年には57億米ドルになると予測されています。この市場の成長は、心血管疾患の有病率、高齢者人口の増加、高い精度とその非侵襲性が原動力となっています。

心臓バイオマーカー検査は、心虚血、心筋梗塞、うっ血性心不全、急性冠症候群など、さまざまな心血管疾患の診断に用いられます。心臓バイオマーカーとは、基本的に心臓の損傷や心臓への負荷がかかった後に血流中に放出されるタンパク質分子のことです。そのため、バイオマーカーを測定することは、通常、心臓発作を診断するための重要な初期段階となります。

心臓バイオマーカーを組み合わせて使用することで、心血管疾患の有無にかかわらず、臨床診断、リスクの層別化、患者の管理に広く応用されています。心筋梗塞の定量的なマーカーであるcTnとBNPの組み合わせは、強力な心臓バイオマーカーの一つです。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol615

パラメータ 説明

基準年 2016
予測期間:2020年~2028年
市場の規模 2016年から2028年までの期間における収益(10億米ドル)とCAGR
国別のカバー率 対象国: 米国、英国、ドイツ、日本、中国
ベンダーの範囲 ロシュ・ダイアグノスティックス社、アボット・ラボラトリーズ社、シーメンス・ヘルスケア社、ベクトン・ディッキンソン・アンド・カンパニー社、バイオラッド・ラボラトリーズ社、バイオメリュー社
レポートの範囲 収益予測、市場シェア分析、企業分析、競合環境、市場成長要因、市場阻害要因、市場動向、企業プロファイル

対象となるセグメント

本レポートでは、世界、地域、国レベルでの収益予測を提供しています。また、予測期間中の主要な業界の推進要因、抑制要因、市場成長への影響についても包括的に取り上げています。調査の目的で、出版社は世界の心臓バイオマーカー検査市場レポートをタイプ、アプリケーション、検査場所、地域に基づいて分類しています。

バイオマーカー検査タイプの展望

クレアチンキナーゼ(CK-MB)
ミオグロビン
虚血性変性アルブミン(IMA)
トロポニン(Troponins)
血管拡張ペプチド(Natriuretic Peptides)

バイオマーカー検査のアプリケーション展望

急性冠状動脈症候群
心筋梗塞
うっ血性心不全
アテローム性動脈硬化症

バイオマーカー検査の場所の展望

POC検査
ラボ検査

国別展望、売上高

米国
イギリス
ドイツ
日本
中国
インド

ベンダーの展望

ロシュ・ダイアグノスティックス
アボット・ラボラトリーズ
シーメンスヘルスケア
ベクトン・ディッキンソン・アンド・カンパニー(Becton, Dickinson, and Company
バイオ・ラッド・ラボラトリーズ
バイオメリュー

ターゲットオーディエンス

医薬品メーカー
ケミカルメーカー
エンドユーザー
研究者
医療コンサルタント会社
規制機関

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol615

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。