自動車用燃料電池市場は2030年に637億米ドルの規模に達す...

自動車用燃料電池市場は2030年に637億米ドルの規模に達すると予測|CAGR 42.1%

自動車用燃料電池の世界市場規模は、2020年には19億米ドルでした。自動車用燃料電池の世界市場は、2021年から2030年までの予測期間中、年平均成長率(CAGR)42.1%で成長し、2030年には637億米ドルに達すると予測されています。

自動車用燃料電池は、空気中の酸素を利用して発電する電子制御式の自動車に採用されています。自動車用燃料電池は、空気中の酸素を利用して発電するもので、電池と併用したり、電池の代わりに使用したりします。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol30

COVID-19インパクト分析

世界の自動車用燃料電池市場は、貿易活動の混乱により、急激かつ深刻な落ち込みを見せました。COVID-19の感染が急速に拡大したため、各国政府は一時的な封鎖を余儀なくされました。その結果、輸出入活動が阻害されました。さらに、市場では貿易活動の急激な減少が見られました。人々は贅沢品の購入を控えました。その結果、自動車産業全体に支障をきたしました。この結果、世界の自動車用燃料電池市場の成長は、この流行の間に鈍化しました。

影響を与えている要因

自動車用燃料電池の継続的な進歩と価格の低下は、市場のプレーヤーにとって有利な機会を生み出す可能性があります。
石油価格の上昇、自動車用燃料電池の生産性向上、走行距離の向上などの要因が、今後数年間の自動車用燃料電池の需要を押し上げる可能性があります。さらに、汚染に対する意識の高まりも、市場の大きな成長につながる可能性があります。
さらに、効率的な自動車への需要の高まりと、温室効果ガスの影響を低減するための政府の取り組みが、市場を成長させるでしょう。
電気自動車の車両コストが高いことは、市場成長の大きな課題となる可能性があります。
騒音のない運転や迅速な燃料補給への要求が高まっていることから、燃料電池の需要は主に自動車分野で高まっています。
燃料電池は、主に自動車や交通機関(マテリアルハンドリング、LCV、バス、防衛など)に使用されており、これらの用途が市場の成長を促進すると予測されています。
地域別分析

世界の自動車用燃料電池市場では、アジア太平洋地域が最大のシェアを占めています。これは、生産活動の増加と環境汚染を抑制するための政府の取り組みによるものです。新興国を中心とした環境保護への取り組みや、政府による水素インフラへの支援が、市場成長の主な要因となっています。また、電気自動車の需要拡大と燃料価格の上昇も、アジア太平洋地域の自動車用燃料電池市場の成長を促進する要因となっています。さらに、世界の燃料電池市場は、北米で急速に拡大すると予測されています。これは、研究開発活動の活発化と、環境にやさしいサービスを推進する政府の取り組みによるものです。

市場における競合他社

東芝
ITMパワー
Nedstack
バラード・パワー・システムズ
セレスパワー
ハイドロジェニックス
プラグパワー
デルファイ
その他の有力企業

市場区分

コンポーネントに基づく

燃料電池スタック
燃料プロセッサー
パワーコンディショナー
空気圧縮機
加湿器

自動車の種類に応じて

乗用車
LCV
バス
トラック

電源容量に基づいています。

<150kW未満
150-250 kW
>250kW以上

稼動マイル数に基づく

0-250マイル
251~500マイル
500マイル以上

水素燃料ポイントに基づいています。

アジア・オセアニア
ヨーロッパ
北アメリカ

特殊な車両タイプに基づいています。

マテハン車
冷凍車

地域別

北アメリカ
アメリカ
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西欧諸国
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他の地域

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol30

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。