コロナで深刻な打撃を受けた江戸時代末期から続く酒蔵の挑戦 福...

コロナで深刻な打撃を受けた江戸時代末期から続く酒蔵の挑戦  福岡県の小さな酒蔵の新商品が世界的な パッケージデザイン賞に挑戦しBronze Awardを受賞

~ 日本酒らしからぬパッケージデザインが評価 ~

清酒製造業を行う溝上酒造株式会社(所在地:福岡県北九州市、代表:溝上 智彦)は、九州の地酒「天心」(てんしん)を使った300mlサイズの純米酒『天心 音~oto~』のパッケージデザインが、2021年10月1日(現地時間9月30日)に発表された2021 Pentawardsにおいて、Bronze Awardを獲得したことをお知らせいたします。


Pentawardsは、ロンドンのEasyfairs社が2007年から毎年実施している、世界的に優れたパッケージデザインを表彰するデザインコンペティションです。今年は世界60カ国から2,000点以上の応募がありました。


コロナで深刻な打撃を受けた溝上酒造が、これまでにない視点で「天心 音~oto~」を開発・2020年11月6日に発売、日本酒らしからぬパッケージデザインが評価され、この度Bronze Awardを受賞いたしました。


Pentawards受賞


■コロナに負けない、1844年から続く蔵の挑戦

新商品開発のきっかけになったのはコロナによる甚大な被害。毎年3月に開催され2日間で9,000人近い参加者がある蔵開きが今年は開催できず、さらに飲食店の営業自粛に伴う出荷量の大幅な低下など、今年は江戸末期(弘化元年、1844年)の創業以来の危機的な状況となりました。この状況を打破するため、家飲み需要の増加に着目。「身近なお店やお酒売り場で地元の日本酒を気軽に手にとれるようにしてほしい」「日本酒は好きだが4合瓶(720ml)は多すぎる」という消費者の声に応える形で、飲みきりサイズの300mlでの新商品ブランドの立ち上げに挑戦しました。



■外部専門家と組み、これまでにない視点で商品開発

実は溝上酒造ではスーパーや量販店にて、これまでも300mlサイズの商品を販売しましたが、競合他社との差別化に苦戦していました。そこで今回はブランディングの専門企業とタッグを組み、家飲みの状況でも「ちょっと特別な機会やご褒美的な状況で選ばれる日本酒とは?」という視点から商品を開発。販売ターゲットを、食に興味関心が高く、ライフスタイルに一定のこだわりをもち、SNSを頻繁に利用する概ね40代の「おとな世代」とし、その層が思わず手を取りたくなりSNSにアップしたくなるようなストーリーがあり、これまでの日本酒では見たことがないようなラベルデザインとしました。


商品イメージ


■ライフスタイルにそっと寄り添う、幸せのデザイン

コロナ禍でのストレスも多い日々だからこそ、デザインコンセプトを「HAPPY」とし、瓶を手にとりお酒を飲む人が「元気になる」「楽しくなる」、まるで音楽のような商品を目指し、名前を「天心 音~oto~」と命名。ラベルデザインでは酒蔵が誇りとする皿倉山系からの清らかな湧き水を丁寧な仕事で酒へと昇華していく様を描きました。また、日本酒も既存商品(生熟成)よりグレードが高い純米酒(精米歩合60%、アルコール度15度、日本酒度+2、酸度1.6)を採用。辛口の中にもフルーティーな米本来の甘みが感じられる日本酒初心者から日本酒好きまでが納得するお酒を詰めました。


商品イメージ


■商品概要

原料      : 米(国産)・米麹(国産米)

精米歩合    : 60%

アルコール分  : 15度

日本酒度    : +2

酸度      : 1.6

おすすめの飲み方: 冷酒~ぬる燗

価格      : 300ml 箱なし 660円(税込み)

販売URL     : http://www.sake-tenshin.co.jp/item/index.cgi?detail=0185&p=0



■夫婦でつくりあげた新ブランド

溝上酒造のお酒は福岡県北九州市の八幡東区を中心とした狭いエリアで主に流通しています。呑む文筆家・きき酒師として知られる山内聖子氏も連載記事「山内聖子の偏愛する日本酒とつまみの話」において『地元でしか飲めない日本酒が減ってきている昨今。今どき珍しい地元でしか買えない日本酒。』と紹介しています。

https://san-tatsu.jp/articles/127125/?fbclid=IwAR2urMpv3HSTDCOZrHm_rwft7lCQzzNaOH79BEoNqSoVsLYh2UmjvDd67vk


味についての評価は高く、国税局主催 福岡県酒類鑑評会ではここ数年純米大吟醸の部、純米吟醸、純米酒の部などで金賞を通年受賞しています。ですが、日本酒消費量が減っていく中で何とかもっと蔵に目を向けてもらう機会が必要であり、この「天心 音~oto~」は杜氏の溝上と妻の女将が、もっと女性が手にとりやすい美味しい日本酒を目指して開発した商品です。日本酒らしからぬパッケージデザインに賛否はありましたが、今回こうやって大きな賞を受賞したことが、今後の新しい展開に繋がることを期待しています。(オンラインショップを通じ全国で購入可能。)

http://www.sake-tenshin.co.jp


杜氏写真


■溝上酒造株式会社について

溝上酒造株式会社は、北九州市八幡東区景勝町にある日本酒の蔵元。弘化元年(1844年)からの歴史を持ち、地元では、地酒「天心」の銘柄で親しまれています。「寒造り」に適した皿倉山の麓に酒蔵を構え、脈々と受け継がれる技と清らかな湧き水をもとに、うまい酒造りを続けています。2020年には第8回福岡県酒類鑑評会にて純米大吟醸の部 金賞、純米吟醸、純米酒の部 金賞受賞。2019年の同鑑評会でも福岡県議会議長賞受賞、福岡国税局酒類鑑評会 吟醸酒の部 金賞受賞/純米酒の部 金賞受賞。同じく2018年には福岡県知事賞受賞、ならびに福岡国税局酒類鑑評会 純米酒の部 金賞受賞。


蔵写真


社名  : 溝上酒造株式会社

所在地 : 〒805-0047 福岡県北九州市八幡東区景勝町1番10号

代表者 : 溝上 智彦

創業  : 弘化元年(1844年)

事業内容: 清酒製造業

URL   : http://www.sake-tenshin.co.jp/

プレスリリース動画

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。