獣医学的参照検査室市場は、2022年から2030年の予測期間...

獣医学的参照検査室市場は、2022年から2030年の予測期間中に9%以上のCAGRで成長すると予測される

獣医学的参照検査室(VRL)は、動物の健康や病気の診断、治療、予防、モニタリングなど、獣医学に関連する様々なサービスを行っています。獣医師用標準検査室は、病理学、細菌学、寄生虫学、妊娠検査など様々な分野をカバーしています。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol216

影響を与える要因

主に犬や猫などの動物を飼うようになったことで、多くの国で動物用標準検査室の利用が大幅に増加しています。したがって、市場の需要を牽引すると予測。
ペットケア製品やサービスは、予測期間中に需要が伸びることが予想され、動物用標準検査室市場の成長にさらに貢献する。
動物の健康についての認識不足、あるいは無知が動物用標準検査室市場の成長を阻害している。

COVID-19のインパクト分析

Covid-19の影響で、動物用標準検査室への入院患者数が減少しました。その結果、VRLの市場は完全に消滅しました。受入検体の減少と相関して、動物実験の数も減少した。これにより、医療機器の提供からヒトの検査機関への支援へと重点が移っていった。そのため、動物用標準検査室に該当するすべてのセグメントが営業停止となり、VRLの市場に悪影響を与えている。

地域別分析

市場は北米が優勢であり、予測期間中もこの傾向が続くと予想される。この地域の成功には、高度な技術を備えた医療インフラが整備されていることや、医療費が高いことなど、数多くの要因があります。さらに、この地域の主要な市場参加者は、リアルタイムのサービスや製品の提供に貢献しています。

アジア太平洋地域では、飼いならされた動物の人口が多いため、動物用標準検査機関の市場は成長するでしょう。また、ペット承認の増加、動物の健康に関する意識の高まり、特に新興国における一人当たりの動物健康支出の増加なども、この地域の動物用標準検査室市場を促進する要因となっています。また、先進国では畜産業が貴重な収入源となっています。

主要な競争相手

世界の動物用標準検査室市場における主要な著名プレイヤーは以下の通りです。

ベーリンガーインゲルハイム(欧州)
ベーリンガーインゲルハイム(ドイツ
GDアニマルヘルス(オランダ)
IDEXXラボラトリーズ(米国 (アメリカ)
Laboklin GMBH(ドイツ
Neogen Corporation(米国
ProtaTek International(米国
Synlab International GMBH(ドイツ
The Pirbright Institute(イギリス
TVMDL Texas A&M Veterinary Medical Diagnostic Laboratory(米国
VCA Inc. (米国)
獣医師診断研究所(米国
Zoetis Inc. (米国)
その他の著名プレイヤー

レポートの範囲

世界の動物用リファレンスラボラトリー市場は、サービスの種類、アプリケーション、動物、地域に焦点を当ててセグメント化されています。

サービスの種類による分類

臨床化学サービス
免疫診断サービス
血液学サービス
尿検査サービス
分子診断サービス
その他のサービス(微生物検査、病理組織検査を含む

アプリケーション別の内訳

クリニカルパソロジー
バクテリア検査
ウイルス学
寄生虫検査
生産性試験
妊産婦検査
毒物検査

動物の種類による分類

コンパニオンアニマル

ネコ

その他のコンパニオンアニマル(ウサギ、爬虫類、ペット用魚、鳥を含む
畜産動物
畜牛

家禽類
その他の家畜

地域別の内訳

北アメリカ
アメリカ
カナダ
メキシコ
欧州
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西欧諸国
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他の地域

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol216

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。