漂白粘土市場は2021-2027年の間に6.1%のCAGRで成長すると予測される

漂白粘土の世界市場は、2021-2027年の予測期間中に6.1%のCAGRで成長すると予想されています。食用油、動物性油脂、マーガリン、鉱物油などの加工や脱色に使用されるケースが増えていることから、今後数年間で世界的な需要が増加すると考えられます。

市場の需要は、食用油の消費量の増加によってもたらされる可能性があります。その結果、ライフスタイルが変化し、購買力平価が上昇しています。非従来型燃料の普及に向けた世界的な取り組みは、環境問題の深刻化と相まって、バイオディーゼルの世界的な受け入れと使用を増加させる可能性が高い。バイオディーゼルは、今後数年間、世界の漂白粘土需要のかなりの部分を占めると予測されます。

また、漂白粘土は、潤滑油や炭化水素などの多くの鉱物油の処理に使用されます。鉱物油は、潤滑油やグリース、熱流体、食品加工、生物医学、化粧品、ワックス、ヘルスケア製品などの製造に使用されることが多いため、世界的に需要の増加が見込まれています。このような背景から、今後数年間、世界の漂白粘土市場の需要は増加すると予想されます。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC725

成長ドライバー

世界の漂白粘土市場の成長は、食用油、鉱物油、動物性油脂、マーガリンの精製や脱色に使用される機会が増えることなどが主な要因です。漂白粘土は、主に大豆油、ひまわり油、菜種油、パーム油などの食用油に使用されます。これは、色や汚染物質を除去し、それによって精製度を高めるために使用されます。

2020年の植物油の生産量は約2億1000万トン、ヒマワリ油の消費量は2020年だけで1900万トンと推定されています。経済状況の変化や医療意識の高まりにより、高品質な食用油に対する消費者の需要が高まっており、これが予測期間中の漂白粘土の世界市場の成長に寄与しています。

スルホン酸や硫酸などの鉱物油に含まれる汚染物質は、漂白粘土を使って効果的に除去することができます。圧延油や潤滑油などの鉱物油の需要は、世界的な自動車産業の大ブームにより、ここ数十年で指数関数的に増加しています。

自動車産業の大規模な成長は、漂白粘土の世界市場の成長を加速させるでしょう。COVID-19は、原材料の輸送におけるサプライチェーンの問題や、世界の多くの国で課せられた厳しいロックダウンによる食用油の輸出が原因で、予測期間中に世界市場の発展を遅らせると予想されています。

漂白粘土市場レポートのセグメント

製品別
天然
活性化

用途別
植物性油脂の精製
鉱物油・潤滑油の精製
その他

地域別

北アメリカ
アメリカ
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西欧諸国
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他の地域

競合他社の分析

漂白用土の製造に携わる企業は、近年の用途の増加を受けて、市場に新製品を投入している。企業は漂白用の泥の市場での足場を増やすために、買収やパートナーシップに参入しています。

漂白粘土の市場で活動している主な企業には、Clariant、AMC (U.K.) Ltd.、Indian Clay & Mineral Co.、Taiko Group of Companies、MANEK ACTIVE CLAY PVT. LTD.、Phoenix Chemicals (PVT.) Ltd.、Ashapura Perfoclay Limited (APL)、Refoil Earth Pvt. Ltd.、Korvi Activated Earth、Musim Mas Holdings Pte. Ltd.、Oil-Dri Corporation of America、The W Clay Industries Sdn.Bhd.

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC725

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。