目の病気の増加が眼科手術器具市場を押し上げ、2025年までに...

目の病気の増加が眼科手術器具市場を押し上げ、2025年までに133億ドル、年率5.4%に達する見通し

眼科手術件数の増加や高齢者人口の増加に伴い、眼科用手術器具の市場が拡大しています。また、世界的な眼疾患の増加と眼科手術機器の技術的進歩が市場の成長を促しています。眼科手術器具は、眼の潜在的な損傷や病気、怪我を防ぐために設計されています。鉗子は、眼科手術中に虹彩などの組織を固定して動きを制限するための、鋸歯状の鉗子と歯のない鉗子で構成されています。ニードルホルダーは、縫合を行う際に針を所定の位置に固定します。虹彩はさみは、虹彩や深部の比較的デリケートな構造物の眼内操作に使用したり、角膜や虹彩の外側を切断したりします。眼科手術器具の世界市場は、2020年から2025年までの予測期間中、約5.4%のCAGRで健全な成長が見込まれています。

サンプルページはこちら @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bis145654

目の病気にかかる人の数は増加しており、視力低下は公衆衛生上の最重要課題となっています。高齢化社会の到来と、高血圧や糖尿病などの慢性疾患の増加により、眼圧亢進症(緑内障)や糖尿病性網膜症などの眼疾患の有病率が高まっています。目に関連する疾患の有病率と障害調整生命年(DALYs)の増加に伴い、疾患を正しく治療するための需要が予測期間中に増加することが予想されています。そのため、世界各地で眼科医療機器の需要が高まっています。病院は購買力が高く、眼疾患の治療を必要とする膨大な数の患者を抱えているため、病院における眼科手術器具の需要が高まり、市場の成長を促進しています。北米は眼科手術機器市場で大きなシェアを占めています。一方、アジア太平洋地域は、高齢者人口の増加、医療ツーリズムの増加、アジア新興国への有力企業の参入などにより、眼科手術機器市場で最も速い成長機会を示しています。

フェムト秒レーザーをはじめとする眼科用レーザーの技術的進歩により、手術時間が大幅に短縮され、手術結果や利便性が向上しました。さらに、エンドユーザーへの導入も加速しています。しかし、従来の方法よりもフェムトセカンド・レーザー治療を好む患者数を推定することは困難です。また、この治療法を選択する患者の数が、レーザーの導入費用をカバーできるかどうかも問題です。さらに、フェムトセカンド・レーザーは高額な機器であるため、直接的または間接的に市場の成長に影響を与えます。一方、世界的に高齢者人口が急増していることは、市場の成長を後押しします。さらに、白内障、緑内障、屈折異常、糖尿病性網膜症などの眼疾患の発生率や有病率の増加が、このような手術機器の需要を世界的に押し上げています。

眼科手術器具の世界市場のセグメント概要

眼科手術器具市場は、製品とエンドユーザーに分類されます。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

製品別展望(白内障手術器具、緑内障手術器具、屈折矯正手術器具、網膜硝子体手術器具、眼科用顕微鏡、アクセサリー、その他

エンドユーザー別(病院、専門医院、外来手術センター(ASC)、その他

キープレイヤーの紹介

アルコン、ボシュロム、エルレックス・メディカル・レーザー、ホヤ、イリデックス、ルーメニス、カール・ツァイス・メディテック、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ニデック、ステアー・サージカル、トプコン、ジーマー・オフサルミック・システムなどが、眼科手術機器の世界市場の調査対象となっている主要なプレイヤーです。

レポートを購入する前に、お気軽にご質問ください。@ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bis145654

レポートオーシャンについて

私たちは、業界で最高の市場調査レポートを提供しています。レポートオーシャンは、今日の競争環境で市場シェアを高めるトップラインとボトムラインの目標を達成するために、お客様に高品質のレポートを提供することを信じています。Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、および業界のための「ワンストップソリューション」です。
カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。