久寿餅の名店「川崎大師 山門前 住吉」は、「久寿餅 de 一...

久寿餅の名店「川崎大師 山門前 住吉」は、 「久寿餅 de 一升餅」を2021年10月8日(金)より発売

~伝統行事「一升餅」をもっと身近に、もっと自由に!日本をもちあげたい!~

川崎大師名物「久寿餅」や和菓子の製造販売を行う、株式会社住吉(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役:森 明弘)は、お餅の開運キャラクター「もちくん」の仲間、神奈川代表「くずもっちゃん」とコラボレーションした新商品「久寿餅 de 一升餅」を、公式サイト及び店頭にて、2021年10月8日より発売します。


詳細URL: https://kuzumochi.com/?mode=f26


「久寿餅 de 一升餅」お祝いセット 8,300円(税込)


毎年約300万人の初詣者数を誇る川崎大師の名物といえば「久寿餅」ですが、最近では地元でも「久寿餅」を知らない子どもたちが増えています。

そんな中、全国のご当地餅をキャラ化し、和菓子業界を応援してきた(有)サンウッドより、「1歳の誕生日を祝う日本の伝統行事「一升餅」をもっと身近に、自由に!各地の「お餅」で日本をもちあげたい!」「厄除けで名高い川崎大師のお膝元、縁起の良さと美味しさのお墨付きがある「住吉の久寿餅」とぜひコラボしたい!」と声がかかりました。


せっかくのお祝いのお餅だけど、「切り分けるのが大変だった」「食べきれなくてまだ冷凍庫に眠っている」というママの困った!の声も多いと聞き、「カット済みで、すぐ食べられる久寿餅ならスッキリ解決できる」「若い世代に久寿餅を知ってもらえる機会になる」と企画に賛同しました。

時代とともに変化を楽しみ、特別な日本の伝統行事「一升餅」の一翼を担いながら、川崎大師を訪れるきっかけに、さらには仲見世通り全体の活性化へもつなげていければと考えています。


もち界のリーダー、開運キャラクター「もちくん」の仲間、神奈川代表の「くずもっちゃん」とコラボで誕生!


▼「久寿餅 de 一升餅」の魅力

1. カラダにやさしい完全無添加&今注目の発酵スイーツ。

2. カット済みだから、お祝いで背負ったお餅がすぐ食べられます。

  黒蜜ときな粉の小分け数を増量でおすそわけにも便利!


カット済みでお祝いで背負ったお餅がすぐ食べられる!


3. 黒蜜リーゼントがかわいい「くずもっちゃん」のリュックサックがお祝いをもちあげます!倖せを呼ぶイエローは男の子、女の子にもぴったりです。

4. 歩きはじめてからのお出かけにも便利。取り出しカンタンでおむつ入れにも!

5. 住吉限定「くずもっちゃん」選び取りカードがおもちろい!


「くずもっちゃん」リュックがお祝いをもちあげます。


倖せを呼ぶイエローは男の子、女の子にもぴったり!


【商品概要】

商品名:「久寿餅 de 一升餅」お祝いセット

価格 :8,300円(税込)

内容 :久寿餅(6枚入 10~11人用)、

    「くずもっちゃん」ベビーリュックサック、

    選び取りカード、ハッピーメモリアルカード、

    ギフトBOX入り(名入れ掛け紙付き)


※ご出産祝い、ハーフバースデーのお祝いにぴったりな「久寿餅の量が選べる!お祝い/お土産セット」(6,600円~8,650円(税込)「リュックサック」単体(5,800円(税込)もございます。


・住吉公式サイト オンラインショップ

https://kuzumochi.com/

・公式Twitter

https://twitter.com/DaishiKuzumochi

・公式Instagram

https://www.instagram.com/daishikuzumochi/



▼川崎大師 山門前 住吉について

大正六年(1917年)に創業。川崎大師 山門前で、お大師様とともに歩んで104年。添加物は一切使用せず厳選した素材と妥協なき職人の技で伝統の味を守り続けています。きな粉の色からイメージした住吉の黄色い包みは、いつしか「倖せを呼ぶ」として参拝者に広まり愛されるように。2021年6月より、地元の任意団体「大師ONE博(わんぱく)」と新商品を共同開発する「Hack-O(ハック・オー)プロジェクト」がスタート。コロナ禍で参拝客が減り商店街が打撃を受ける中、地域住民の知恵と工夫を結集して「次の銘菓」作りにも取り組んでいます。Twitter、Instagramの発信にも力をいれ、「くずもっちゃん」も登場しています。


所在地: 神奈川県川崎市川崎区大師町4-47

代表 : 代表取締役 森 明弘

URL  : https://kuzumochi.com/


大正六年(1917年)に創業。川崎大師 山門前で、お大師様とともに歩んで104年。

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。