「大人の発達障害」の人々が集う【究万(くま)の寺子屋】が始ま...

「大人の発達障害」の人々が集う 【究万(くま)の寺子屋】が始まります!

~クラウドファンディングで資金を募り、 発達障害を持つ大人のための、新しい居場所づくりを行います~

このたび、都内の大学生である究万(くま)が、発達障害をもつ大人を対象とした新しい居場所「究万(くま)の寺子屋」(以下、当サービス)のサービスを提供することが決定しました。それに伴い、2021年9月から10月末まで、当サービスを運営するための資金づくりをクラウドファンディングにて行います。目標資金は50万円、All-in形式で行います。当サービスのクラウドファンディングサイトはこちら( https://camp-fire.jp/projects/view/485712 )から。


究万(くま)


【究万(くま)の寺子屋について】

究万(くま)の寺子屋には、大人の発達障害者支援のための様々な工夫が施されています。

サービス内容としては、発達障害の特性を持った成人の方が、自分の好きなことをしつつほかの仲間たちとコミュニケーションをとるのがメインですが、感覚過敏やコミュニケーションの不得意さから疲れやすい人が多いことを考慮し、横になれるカームダウンスペースを設けてあります。他にも、やることがない人向けに軽作業を用意したり、様々なジャンルの本を置いたりしています。

当サービスを利用するのに、医師からの診断は不要です。医師から診断されなくても、ADHD、ASD、LDなど、なにかしらの発達障害特性をもち、現在困っている大人のために【究万(くま)の寺子屋】が【新しい居場所】になります。ホームページ( https://kumapht.com/ )から、当サービスご利用のお申し込みを承っております。



【究万(くま)の寺子屋設立の背景】

サービス運営者である究万(くま)――私がクラウドファンディングに挑戦するのは今回が初めて。

自身が発達障害を持つ大学生ということもあり、これまでにも発達障害や感覚過敏を持つ方を集って当事者会のイベントを複数回主催しました。発達障害児の家庭教師も務めており、多くの発達障害者に出会いました。そこで当事者から聞く話で一番多いこと、それは、「大人の発達障害」を持つ方のための居場所がなかなかないということです。


発達障害という言葉を聞いたことがない――そういう人はだいぶ少なくなってきたように思えます。近年の「大人の発達障害」ブーム、著名人のカミングアウトも相まって、大人になってから発達障害と診断される人が増えてきています。

しかしながら、大人のための「発達障害支援」というのはかなり少ないのが現状です。就労移行支援事業所や自立訓練事業所、病院に付属しているデイケアなどはありますが、いわゆる「軽度の発達障害者」が集まれる場所がほとんどありません。子どものうちは様々な支援があり周りの大人たちによって守られていますが、成人してしまうと自分のことは自分でするのが基本です。ましてや、大人になってから診断された場合、「どうしていいかわからなくてとにかくインターネット検索をして、やっと見つけた当事者会に来ました」という当事者は少なくないのです。


そして、そんな当事者会も、ほとんどがその場限りだったり不定期開催だったりします。今、大人の発達障害と呼ばれる人たちが求めているものは、定期的に出会える同じ発達障害の仲間だと考えています。だから私は【究万(くま)の寺子屋】を通して、困っている成人した発達障害者の力になりたい。そういった思いからから今回、クラウドファンディングに挑戦します。



【リターンについて】

リターンはお手軽に1,000円からお申し込みでき、さらに最大限応援したい方のために50,000円コースまでございます。また、利用者様向けに究万(くま)の寺子屋の利用料がお得になるリターンもご用意しております。



少し先の話になりますが、ゆくゆくは起業したいと考えています。そして、究万(くま)の寺子屋でできることを増やしたいです。例えば感覚過敏対策グッズの実演販売、地方に住む発達障害者のためのオンラインプログラム運営、やりたいことはたくさんあります。そのための第一歩、最初のプロジェクトとして、発達障害者支援のためのクラファン開始です!



【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】

究万(くま)の寺子屋

HPお問い合わせフォーム: https://kumapht.com/

運営         : 究万(くま)

電話番号       : 080-3541-3021

メールアドレス    : kumapht@gmail.com

プレスリリースロゴ画像

カテゴリ:
サービス
ジャンル:
福祉 ビジネス全般 社会(国内)
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。