SDGsの取り組みを会社案内・広報誌でPRする企業は約3割!...

SDGsの取り組みを会社案内・広報誌でPRする企業は約3割! 「SDGsプロモーションに関するアンケート調査」実施

ストックフォトサイト《imagenavi》を運営するイメージナビ株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:中上 秀樹)はSDGsの広報・プロモーション支援の一環として、企業や自治体等でSDGsの取り組みに携わっている、または自社の取り組みを理解していると回答した20歳~49歳の社会人を対象に「SDGsプロモーションに関するアンケート調査」を実施いたしました。


SDGsプロモーションに関するアンケート調査


■調査概要

調査名  :SDGsプロモーションに関するアンケート調査

有効回答数:100名

調査実施日:2021年07月01日~2021年07月02日

調査方法 :インターネット調査

調査対象 :SDGsの取り組みを行っている企業・自治体等に属し、

      取り組みに携わっているまたは

      その内容をある程度理解していると回答した20歳~49歳の社会人



■アンケート全文

https://imagenavi.jp/topics/vote/v210714.asp


アンケート全文では、下記の内容をご確認いただけます。


・今後やってみたいSDGsプロモーション施策

・印象に残っている他社のSDGsプロモーション事例

その他(合計8問)


◆SDGsプロモーションの現状

「あなたの組織はSDGsの取り組みをどのようにPRしていますか?」


1位:会社案内・広報誌

2位:CSR/サステナビリティレポートや統合報告書

3位:求人・採用サイト


会社案内、広報誌、サステナビリティレポート等、会社の顔と呼ぶべき媒体でのPRが目立ちました。また、求人・採用サイトと回答する人も多く見受けられました。これは現在の就活生がサステナビリティに関心が高いZ世代であるためと考えられます。


現在行っているSDGsのPR方法


◆SDGsプロモーションにおける課題

「SDGsの取り組みをPRする際に困っていることはありますか?」


1位   :競合との差別化が難しい

2位(同率):予算がない

2位(同率):効果的な発信方法がわからない


上位2つの回答から独自性ある表現や発信方法で悩んでいる企業が多くあることが浮き彫りになりました。また、SDGsの取り組みは費用対効果が見えにくく、予算確保も大きな課題となっていることがわかります。


SDGsのPRで抱えている課題


◆SDGsプロモーションで必要なデジタルコンテンツ

「SDGsの取り組みをPRする際に、どんなデジタル素材が必要だと感じますか?」


1位:写真素材~人物・ライフスタイル・食~

2位:テンプレート素材~吹き出し・飾り罫・アイコン~

3位:テンプレート素材~パワポ、Word、Excel資料~


人や暮らしにフォーカスした写真素材と、資料のクオリティアップを簡便に図れるテンプレート素材に票が集中しました。1位の回答からは視覚的に消費者の暮らしに寄り添った発信を行いたい企業の思惑が垣間見え、広告や資料等を社内で効率的に作成したいという予算・人材的な背景が2,3位の結果につながったと考えられます。


SDGsのPRで必要なデジタル素材


■SDGs×ライフスタイルをテーマとしたビジュアル素材集「みんなのE」

https://imageee.base.shop/


環境先進国の北欧をはじめ、「2020 Global 100」で選出された上位企業ではコーポレートサイトやサステナビリティレポートのメインビジュアルにエシカルな暮らしやクリーンエネルギーの写真を多く採用しています。これは、自社の取り組みと消費者の暮らしを繋げ、社会がアップデートされるビジョンを視覚からPRする狙いがあります。

日本においても大企業を中心にそれに倣う動きが進んでいますが、今後は中小企業にも広がることが見込まれます。

ストックフォトサイト《imagenavi》では、with&afterコロナで加速するSDGs×ライフスタイルをテーマとする写真素材を緑豊かな北海道をベースに精力的に撮影しています。トレンドを押さえた新しいビジュアル表現を求めるSDGs推進企業・自治体の皆様や低予算の中でSDGsの取り組みを進める中小企業の皆さまにも幅広くご活用いただけるよう、厳選した写真をビジュアル素材集にまとめました。SDGsの広報・プロモーション活動にお役立ていただければ幸いです。


みんなでSDGsを考えるためのビジュアル素材集【みんなのE】


■サステナブルなビジュアル表現なら《imagenavi》

https://imagenavi.jp/topics/sdgs/


ストックフォトサイト《imagenavi》では、国内・海外のクリエイターから高品質で幅広い用途にご使用いただける写真・イラスト素材を収集、厳選してご提供。SDGsプロモーション向けの画像素材の制作・販売をはじめ、SDGsを通したブランディングのためのビジュアル表現を幅広くサポートいたします。


名称    : イメージナビ株式会社

本社所在地 : 北海道札幌市北区北七条西1丁目1-2 SE札幌ビル13F

設立    : 2015年3月10日

資本金   : 1億円

代表者   : 中上 秀樹

ホームページ: https://www.imagenavi.co.jp/

事業内容  : イメージズ事業(高品質ストックフォトのダウンロード

        販売サイト等の運営imagenavi、YOURSTOCK、素材辞典.NET、

        designpocket)、ソリューション事業(Webサイトの企画・

        デザイン・構築・運用、Webシステムの受託開発 iOS、

        Androidアプリ開発)などを展開



※記載された調査結果の引用・転載は、必ずクレジット『イメージナビ「SDGsプロモーションに関するアンケート調査」』を明記していただきますようお願い申し上げます。

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。