JFEシステムズ、日本マイクロソフトの 「Cloud Platform Goldコンピテンシー」認定を取得

― Microsoft Azureにおける高い技術力を生かし独自のサービスを展開 ―

JFEシステムズ株式会社(東証二部 4832、本社:東京都港区、代表取締役社長:大木 哲夫、以下 当社)は、日本マイクロソフト株式会社(以下 日本マイクロソフト)が定める「Cloud Platform Goldコンピテンシー」認定を取得したことをお知らせします。


「Cloud Platform Goldコンピテンシー」は、日本マイクロソフトが提供するクラウドサービス「Microsoft Azure」で、クラウドアプリケーションおよびサービスを展開、移行、保守する上での技術力を証明する認定プログラムです。

当社は、Microsoft Azureにおけるインフラインテグレーション領域の高い技術力が評価され、今回、日本マイクロソフトより「Cloud Platform」における「Goldコンピテンシー」として認定されました。


この技術力を生かし、当社は、Microsoft Azureにネットワーク、セキュリティを含めたマネージドサービスを提供し、お客様のインフラ運用における費用増加、人員の不足などの課題を解消します。

また、当社は自社開発製品である食品業界向け商品情報管理システム「Mercrius(R)」や原価・採算管理システム「J-CCOREs(R)」など、Azure上で定額利用できる「Azure IaaS定額サービス」を提供しています。本サービスの活用により、当社が提供する各システムの稼働に最適化されたクラウド環境とマネージドサービスをご利用いただけます。



◆製品・サービスURL

・Microsoft Azure IaaSソリューション

Microsoft Azureの各種サービスに加えて

当社のセキュリティ機能や問い合わせ、障害対応を組み合わせて提供

https://www.jfe-systems.com/products/aszureiaas_sol/aszureiaas_sol.html



また、今回の発表に際し、日本マイクロソフト様より、以下のエンドースメントを頂戴しております。



◆日本マイクロソフト エンドースメント

この度のJFEシステムズ株式会社様の「Cloud Platform Goldコンピテンシー」の取得を歓迎致します。企業のシステム構築に対する豊富な経験を持つJFEシステムズ様が提供するクラウドインテグレーションサービスは、お客様のクラウド導入を成功に導くと確信しております。日本マイクロソフトは今後もJFEシステムズ様とともに日本におけるデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献して参ります。


日本マイクロソフト株式会社

パートナー事業本部 副事業本部長 業務執行役員 近藤 禎夫



当社は今後もクラウド活用を目指す企業のクラウド導入・構築を支援し、情報システムを通じてお客様に新たな価値と満足を提供する努力を続けてまいります。



【JFEシステムズについて】 https://www.jfe-systems.com/

鉄鋼業界におけるシステム構築・運用で培った企画・構想力と技術力を活かし、多彩なITサービスをお客様に提供しています。製造業をはじめ、金融、流通、通信などあらゆる分野のお客様に向けて、システムインテグレーション、アウトソーシング、コンサルティング、パッケージ製品の提供などを展開しています。


・Microsoft、Azureは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標、または商標です。

・「Mercrius(R)」「J-CCOREs(R)」は、JFEシステムズの登録商標です。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報