ユーラステクニカルサービスと東京電力ベンチャーズ、国内最大規...

ユーラステクニカルサービスと東京電力ベンチャーズ、 国内最大規模の風力発電設備のドローン点検を実施

株式会社ユーラステクニカルサービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:梅崎邦男、以下「ユーラステクニカルサービス」)と東京電力ベンチャーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:赤塚新司、以下「東京電力ベンチャーズ」)は、このたび国内最大規模となる170基の風力発電設備のドローン点検を実施します。



ユーラステクニカルサービスは、再生可能エネルギー開発をグローバルに展開する株式会社ユーラスエナジーホールディングスのグループ会社として、これまでの経験に基づいた独自の運営ノウハウによって、国内での風力・太陽光発電所の安定操業を担っています。今後、風力発電設備の大規模化や洋上への進出など、さらなる拡大が期待される風力発電設備の保守管理において、集中監視システムの導入や、ドローンを含めた最新の点検ソリューションの検討など、先進的な取り組みを展開しています。


東京電力ベンチャーズは、風力発電設備の保守管理ソリューションの世界的リーダーであるSkySpecs社(注1)と独占アライアンスを締結しています。(2020年12月1日リリース済)


ユーラス北野沢ウインドファームでの点検の様子(青森県)1


ユーラス北野沢ウインドファームでの点検の様子(青森県)2


従来ユーラステクニカルサービスはブレードの点検を人の手によって実施してきましたが、点検の精度が一定でないことや、点検に時間を要すること、また高所作業による安全面も含めた課題を抱えておりました。これらの課題に対処するために、2019年より複数社のドローンによるブレード点検サービスを比較検討した結果、高い優位性を持ったSkySpecs社の採用を決め、2021年度、同社が運転・保守管理を行っている国内の発電所のうち、13の発電所、総計170基で運用することになりました。

SkySpecs社によるドローン点検サービスの優位点は以下のとおりです。

1. 自律制御により、自動運転にて、安定した精度の画像を取得できる

2. 1基あたり15分で画像取得でき、短期間での点検が可能である

3. 1基あたりの点検に伴う風車設備停止時間削減のため、費用対効果に優れる

4. SkySpecs社のAIは6万基以上の風力発電設備の過去の点検データにより、優れた損傷検知能力を持っている


国内における陸上風力設備の耐用年数は約20年と言われています。経年化が進んでいく状況下、再生可能エネルギーの安定的な利用のためには、風車ブレード損傷の早期発見の重要性が増しています。ユーラステクニカルサービスおよび東京電力ベンチャーズは保守管理業務のデジタル化を通じ、再生可能エネルギーの安定的利用拡大に貢献してまいります。


(注1) SkySpecs, Inc. 2012年3月、米国ミシガン州に設立。ロボティクス、予兆分析ソフトウェア、そして風力設備に対する専門知識を活用し、風力発電の維持管理のオートメーション事業を行っている会社。アメリカミシガン州及びオランダアムステルダムに拠点を持つ。日本国内でのアライアンス締結は東京電力ベンチャーズが初。

https://skyspecs.com/



【株式会社ユーラステクニカルサービス】

1998年9月設立。風力発電事業者として国内トップシェアを誇る株式会社ユーラスエナジーホールディングスの100%子会社。風力、太陽光発電事業をグローバルに展開するユーラスエナジーグループの運転・保守管理部門として、地域とともに発展するクリーンエネルギー事業をめざして全国の発電所の安全・安心を支えている。

https://www.eurus-technical-service.com/



【東京電力ベンチャーズ株式会社】

2018年5月設立。東京電力ホールディングス株式会社の100%子会社。お客さまへの価値創造を第一に、東京電力グループが保有するアセットやノウハウと、事業パートナーの知見・技術を掛け合わせながら、エネルギー領域における新たな事業創出をめざし、未来の便利・安心を作り出していくことを目指す。

https://www.tepcoventures.co.jp/

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。