“日本一眠れるコンサート”&睡眠学の権威 遠藤拓郎医師講演会...|

“日本一眠れるコンサート”&睡眠学の権威 遠藤拓郎医師講演会  全国開催決定! 3月12日(月)は五反田文化センターで開催!

~日本から睡眠障害をなくそう!“睡眠”と“音楽”で元気な日本を実現!~

2012.02.15 13:30

このたび、ヒーリング音楽ユニット、『Angel Stream(エンジェルストリーム)』は、3月12日(月)18:30~ 五反田文化センターにて、睡眠学の権威 遠藤拓郎医師(スリープクリニック調布院長)と「イキイキと人生を送る睡眠講演」&「コンサート中に眠っていいコンサート」を開催します。

Ave Maria
Ave Maria

■企画の背景
人生の3分の1を占める睡眠。しかしストレス社会の中で睡眠障害の人の割合は日本で5人に1人と言われています。
本講演&コンサートは、睡眠に関する正しい知識を、遠藤拓郎先生の講演から学び、さらに実際の睡眠実験で効果があらわれた『Angel Stream』の心地よい睡眠を誘う音楽コンサートをきっかけに、睡眠の質を高め、健康になっていただきたいという思いから企画されました。また将来的に日本のウツ人口が減少し、ストレス低減につながり、元気な日本にってほしい!という願いも込められています。
コンサートでは眠れない人が心地よく眠れるよう、ブランケットを貸し出すサービスもあります。


■遠藤拓郎医師について
講演をおこなう遠藤拓郎医師は、親子3代で睡眠研究をおこなっている睡眠学のエキスパートです。
現在、調布・銀座・青山で睡眠専門の医院を開業しております。( http://www.sleepmedicine-tokyo.com/ )
著書は累計30万部を超え、睡眠について分かりやすく解説するドクターとして知られております。「良質な睡眠が元気な社会をつくる!!」がモットーで『Angel Stream』の音楽コンセプト「“こころのお薬”になる音楽を届ける」とも合致しております。
異色業種のエキスパートによる初めてのコンサート講演となります。


■『Angel Stream』について
音楽ユニット『Angel Stream』のボーカル堀澤麻衣子は、高い倍音効果を持つ歌声のヒーリング系ボーカリストであり、「チャーリーとチョコレート工場」ほか多くの映画、アニメ音楽を歌い、海外でもコンサートを開催しています。
ギターの千代正行は、大河ドラマ「篤姫」映画「八日目の蝉」など、ドラマ、映画で活躍するギタリスト。ギターの柔らかい弦の調べと、包まれる天使の声が深い眠りの世界へと誘います。

昨年5月には、東日本大震災の避難所などで不眠に苦しむ人がいると聞き、この声を「眠り」につながらないかと考え、宮城の気仙沼を中心に7か所の避難所と病院を訪れコンサートを開催しました。最初は口を真一文字に結んで聴いていた気丈な漁師の男性にも、演奏後は頬を涙にぬらして穏やかな笑顔で拍手をいただきました。音楽は人の心を癒すということを再認識し、音楽でもっと手助けをしたいとの思いから、昨年11月の名古屋、東京に続き、今回3度目の眠りと癒しをテーマにした全国ツアーコンサートの開催となりました。

Ave Maria   : http://www.atpress.ne.jp/releases/25465/a_1.jpg
素晴らしい世界: http://www.atpress.ne.jp/releases/25465/b_2.jpg
東京新聞記事 : http://www.atpress.ne.jp/releases/25465/c_3.jpg
※こちらの記事は、掲載許可をいただいております。


■講演会・コンサート概要
1.日時:平成24年3月12日(月)18:30~20:30
18:30~19:15 睡眠ドクター 遠藤拓郎医師 講演会
19:30~20:30 Angel Stream「コンサート中に眠っていいコンサート」

2.場所 五反田文化センター 音楽ホール
〒141-0031東京都品川区西五反田6-5-1
TEL   :03-3492-2451
最寄り駅:東急目黒線不動前 徒歩7分、東急池上線大崎広小路 徒歩10分、
     山手線五反田 徒歩15分

3.料金
前売り券:3,900円(税込)
当日券 :4,500円(税込)

4.お申込み方法
TEL  : 03-6425-7538
メール: order@amato-musica.com


■プロフィール
≪『Angel Stream』≫
ひとたび聞くと、こころに天使が舞い降りる「こころのお薬」のような音楽。優しく透明感のあるサウンドを届けます。「Ave Maria」などクラシックやオリジナル曲をポップにアレンジ。“ギターは歌うように 歌は奏でるように”一弦一弦、心象風景を音にするアコースティックギターと、従来のソプラノ歌手にはない、たたずむようなエンジェルボイス。制作1枚目のCDより、音楽を聞いて眠れるようになった、長い闘病生活の中で『Angel Stream』の音楽で痛みが緩和された手紙を頂き、“こころのお薬のような音楽”と称される。
08年4月、六本木ヒルズにて、セーブ・ザ・チルドレンチャリティーコンサートに藤井フミヤらと共に出演。初コンサートツアーでは、全公演とも1ヶ月前よりチケットがソールドアウト。
09年1月、病気と闘う人たちに、CDをプレゼントする寄付CDを全国に発売。有志の方々がCDを購入すると、CDが患者さんの元に届けられ、CD購入者に喜びのお手紙が届けられるこのシステムに、ファンや、近藤正臣ほか俳優・歌手も賛同。
09年4月、ロスにて1ヶ月間ボランティアコンサート公演、10年2月世界豪華客船ぱしふぃっくびぃなす 南太平洋クルーズに乗船公演。
10年8月、カラオケジョイサウンド「Re-Birth~きっと変われる~」「宇宙からの贈り物~第1章 誕生~」収録。
11年5月、葉加瀬太郎、小野リサ、手嶌葵ら共にヒーリングCD「Dreams for babies」に、『Angel Stream』の「宇宙からの贈り物~第1章 誕生~」が選曲。被災地でボランティアコンサートを行い、このCDをプレゼントする活動も行う。

≪千代正行(ちよ まさゆき)≫
日本のミュージックシーンにおける“トップクラスギタリスト”として、毎日どこかのレコーディングスタジオに呼ばれ、アーチストアルバム・CM・映画音楽の作編曲等、1,000作品以上を手掛ける。
NHK大河ドラマ「篤姫」のエンディングをはじめ、「テレビからアコースティックギターの音色が聴こえてきたらかなりの確率で千代正行の演奏」とも言われているほど。まるで、天空から聞こえてくる音のようなギターの音色は、多くのアーティストからも信頼を得ている。大ヒット曲「山口さんちのツトムくん」の編曲者として脚光を浴び、作編曲家としても高い評価を得る。
07年、NHK「サイエンス・ゼロ」のテーマ曲を含むセルフプロデュース アルバム「Bouillon(ブイヨン)」を発売。08年、天空で聴く『歌うギターと奏でる歌』をテーマに、『Angel Stream』を結成。

【主な参加作品】
〔近年の参加アーティスト・コンサートサポート〕
服部克久・久石譲・美空ひばり・竹内まりや・中森明菜・島谷ひとみ・チェンミン・石川さゆり・木村大・鮫島由美子・宮川彬良・平原まこと、他多数。
〔テレビ〕
NHK大河ドラマ「篤姫」・サイエンスZERO・NHK朝ドラ「純情きらり」など。民放系のドラマ多数。
〔映画・アニメ〕
映画「八日目の蝉」・「冷静と情熱のあいだ」・「ポケットモンスター」・「ドラえもん」・「宇宙戦艦ヤマト」・「火の鳥」他多数。

≪堀澤麻衣子(ほりさわ まいこ)≫
幼いころに見た原爆の映画に衝撃を受け、「壊すより、救う側の人間になりたい」という志を持つ。その過程で音楽に出会い、歌で優しい世界を創りたいと歌の道を歩み始める。
幼少より音楽の才能を認められ、ヨーロッパ、アメリカへ留学。国立音大を卒業後、国内をはじめニューヨーク、ロスなど海外でもソロコンサートを開催、アルバム制作を行う。
日本では10,000人以上をコンサートに動員。
映画「チャーリーとチョコレート工場」、アニメ「交響詩篇エウレカセブン」、佐藤浩市主演ドラマ「最後の晩餐」など、映画、アニメ、ドラマ、CMほか多数歌唱。
その他、ライフワークとして全国各地、国内外で「病院ボランティアコンサート」を続け、今年の震災後は「被災地コンサート」も行う。
1stアルバム「ソル・アウラ・ヴィータ~太陽・風・生命~」が関西ヒーリングチャート1位を記録。2008年、トップギタリスト 千代 正行とユニット「『Angel Stream』(エンジェルストリーム)」を結成。「Ave Maria」「Re-Birth~きっと変われる~」などのアルバムをリリース。
2011年1月、自身が一度声を失った経験から編み出した発声法をまとめた「1日で感動的に声がよくなる!歌もうまくなる!!」(すばる舎)は、1年で5万部のベストセラーとなり、歌う楽しさ、音楽の魅力を、わかりやすく広めたことでも注目を集めた。
ふんわりしながらも凛とした人柄と生き方、またそこから紡ぎ出される歌の音色は、「涙を誘なう魔法の声」「透明感のある声で、聴いているだけで心がスッキリする歌声」として、幅広い層から支持を集めている。

カテゴリ
告知・募集
ジャンル
音楽
報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「25465」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ