大人が探求したくなる「ホットウィール」の魅力を語るコレクター...

大人が探求したくなる「ホットウィール」の 魅力を語るコレクター座談会を、 3月7日(日)20:30からMuuseo Liveで生配信! マテル・インターナショナルより視聴者プレゼントも

ミューゼオ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:成松 淳)の新たなライブ配信サービス「Muuseo Live」にて、3月7日(日)20:30〜大人をも魅了する米国のミニカー代表「ホットウィール」のコレクターオンライン座談会を開催いたします。その名も、ホットウィール コレクションダイバー座談会Live!

今回は、米国マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤 幹夫)にご協力いただき、他では手に入らない素敵な視聴者プレゼント(抽選で5名)をご用意いただきました。



■秘蔵レアアイテムも登場!Hot Wheelsコレクションダイバー3人が語り合う濃密90分「ホットウィール コレクションダイバー座談会Live」

ホットウィールコレクションダイバー座談会Live

さまざまな分野の愛好家が自分のコレクションを投稿し、オンライン上でミュージアムを作りながら同じ趣味や好奇心を持つ人々とつながるサービス「Muuseo」。その中で、ホットウィールコレクションを楽しんでいるMuuseoミュージアム「TWIN-MILL」「Cosmic-Ace」「U-ZOOL」のオーナー3名がオンラインで集結。ホットウィールの魅力の一つである「謎車」をメインテーマに(他にも色々語ります!)、ユル~く楽しく、濃密ホットウィールトークを90分間にギュッと詰め込んでお届けいたします。

ご紹介いただくコレクションの中には、Muuseoミュージアム非公開の激レアグッズも登場。何が出てくるかは当日のお楽しみ!

ホットウィールコレクターの皆さまはもちろん、ホットウィールに少しでもご興味のある方はぜひご参加ください!ご質問にもお答えしていきます。



【開催概要】

企画名 :ホットウィール コレクションダイバー座談会Live

開催日時:2021年3月7日(日)20:30~

     お申し込みページ→ https://muuseo.com/live/events/43

参加費用:無料

開催方法:WEB会議ツール「Zoom」を使用しオンラインで開催

応募方法:Muuseo Liveにてアカウント登録(無料)し、

     「ホットウィール コレクションダイバー座談会Live」の

     参加者募集ページからお申し込みください。


*コレクションダイバーとは、モノの大海原を冒険し、深海の奥深くまで潜り続け、独自の愛をもってモノを採集する方のことを指します。


*謎車とは、実在する車を元に作られた実車(=ライセンスドカー)に対し、ホットウィールのデザイナーさんがオリジナルで作り上げた実在しない車「架空車」のことです(定義は様々ありますが、ここではホットウィールのオリジナルカーを謎車としています)。



■マテル・インターナショナルからご視聴いただいた方へプレゼント!

視聴者プレゼント「ホットウィール50周年記念キット」

マテル・インターナショナルより、視聴者の方へ素敵なプレゼントをご用意いただきました。当配信にお申し込みいただき、ご視聴いただいた方の中から抽選で5名に「ホットウィール50周年記念キット(非売品)」をプレゼントいたします。


※厳正な抽選の上、当選者を決定し、当選者の方にはメール(ミューゼオにご登録いただいたメールアドレス)にてご報告させていただきます。

※当選通知の際に、当選者の方に対し、発送に必要なお届け先情報<(1)お名前 (2)郵便番号・ご住所 (3)お電話番号>を別途、お伺いいたしますので通知メール内に記載される期限までにご回答ください。

※当選発表は、当選者の方への当選通知メールをもって発表に代えさせていただきます。

※当選結果などについてのお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。



■Muuseo Live「ミューゼオ・コレクションダイバー座談会」とは?

オンライン上に自分のコレクションを投稿しオリジナルのミュージアムを作り上げながら、同じ興味を持つ人たちと交流できるサービス「Muuseo」。そのMuuseoミュージアムのオーナーをお招きし、ご自身のコレクションについて語り尽くす(オフ会ならぬ)オンラインMeetupです。トイ・フィギュアをはじめ、文房具、インテリア、カメラ、レコードなど、色んなテーマで配信していきます。



■Muuseo Liveが「ミューゼオ・コレクションダイバー座談会」で目指すこと

大人の自由時間は限られています。仕事に家事に、育児もあるかもしれません。そんな大人たちが束の間の休息を惜しまずに探求し続けているものが、Muuseoの中にはあります。

さまざまな場所へ出向き、時には仲間と連携しながら狙ったモノを探し出し手に入れる。そして手に入れたモノを記録していく。まるで「宝探しの航海日誌」のように。


どこまでも手に入れたくなるゴールの見えない世界にのめり込むのは、「新しいコレクションは、見知らぬ知的な世界へ連れて行ってくれる」からだと我々は考えます。


ミューゼオ・コレクションダイバー座談会では、採集したそれぞれのコレクションの魅力をコレクター自身が広め、オンライン上でみんなで楽しく理解を深められる、そんな環境を提供したい。そして、なかなか出かけられないこの時代だからこそ、世界中のどこにいても参加でき、みんなと繋がれる新しい形のファンミーティングの場を提供したい。そんな思いからスタートしました。



■ミューゼオとは

ミューゼオは、デジタルを起点にして、様々な文化・アート・趣味領域における一貫したユーザー体験を提供すべく、投稿・交流サービス、ウェブマガジン、オンラインアカデミー、ECなど複数の機能を同一のデータベースで提供するプラットフォーム型のウェブサービスです。


<プラットフォーム上で提供される主なサービス>

・ミューゼオ

さまざまな分野の愛好家が、自分のコレクションを投稿し、オンライン上でミュージアムを作りながら、同じ趣味や好奇心を持つ人々とつながるサービスです。60万点を超えるコレクションがオンライン上で展示され、ミニカーやレコード、スポーツカードなど幅広い分野で熱心なファンが交流しながらコレクションを楽しんでいます。

http://muuseo.com


・ミューゼオスクエア

Muuseo Square(ミューゼオスクエア)は、好奇心を育むことで大切にしたいモノに出会い、大切なモノとの生活を通して好奇心が深まり広がる。そんな紡がれていく体験の提供を目指す専門書店のようなオンラインジャーナルです。趣味性の高いモノとその楽しみ方の紹介に特化し、取材とファンの声などを集めてつくった500以上の記事群が特徴です。

https://muuseo.com/square


・ミューゼオライブ

ユーザーがオンラインでワークショップやイベントなどを開催者と相互に(インタラクティブに)楽しむサービスです。「オンラインで本物の知識に触れる。みんなで体験する」をコンセプトに立ち上げました。今後は文化・アート・趣味領域で事業・活動を展開している企業向けに、デジタルを活用した体験型の販促ソリューションの一つとして、オンラインアカデミー/イベントの開催支援も提供して参ります。

https://muuseo.com/live


・CaM by MUUSEO

現代アート・コレクターとプライマリーギャラリーのコミュニケーションを一貫してデジタルで提供するプラットフォームであり、国内外約90のギャラリーが登録しています。またOVR(Online Viewing Room)機能なども提供しており、ギャラリー共催によるオンライン・アートフェアなどにも利用されています。

https://cam.muuseo.com



■ 会社概要

会社名 :ミューゼオ株式会社( https://muuseo.com/company )

代表者 :代表取締役社長 成松 淳

所在地 :〒141-0021 東京都品川区上大崎4-5-18 2F

設立  :2013年4月

事業内容:文化・アート・趣味領域における統合型

     デジタルプラットフォーム「ミューゼオ」の提供

     文化・アート・趣味領域に特化したDXソリューション

     「ミューゼオDXソリューション」の提供

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。