ー副業×リモートー 新しい関係人口の形『塩尻市特任CxO』が...

ー副業×リモートー 新しい関係人口の形 『塩尻市特任CxO』が、Work Story Award 2020 W受賞

塩尻市特任CxOが集う「塩尻CxO Lab」を ONE Xが共同運営し、新しい関係人口の形を推進

一般社団法人ONE X(以下、ONE X)が参画する、新たな関係人口創出の仕組みと地域課題解決の推進を実証する『塩尻市特任 CxO』が、Work Story Award 2020 で『テーマ部門賞』及び『ゲスト審査員特別賞』のW受賞致しました。



Work Story Awardとは“働き方を選択できる社会づくり”の実現を目指す一般社団法人 at Will Workが主催するアワードで、働く“ストーリー”を集める5年間限定のアワードプログラムです。


この度、新たな関係人口創出の仕組みと地域課題解決の推進を実証する『塩尻市特任 CxO』が、Work Story Award 2020 で『テーマ部門賞』及び『ゲスト審査員特別賞』をW受賞いたしました。『塩尻市特任 CxO』並びに Work Story Award 2020 W受賞の各賞の名前及び選出理由等詳細は、次のとおりとなります。



■塩尻市特任CxO

総務省受託事業「関係人口創出・拡大事業モデル事業」の内、「オンラインを活用したコミュニティの形成」を主に担う7名の総称。塩尻市特任 CxOは、令和元年度実施事業 iX ハイクラス副業への応募者及び事業実施者であり、新たな関係人口創出の仕組みと「副業×リモート」で地域課題解決を推進します。御本人達自らも塩尻市の関係人口であります。ONE Xとしては本メンバーが集うコミュニティ「塩尻 CxO Lab」の共同企画・運営を推進して参りました。


塩尻CxO Lab リンク: https://shiojiricxolab.onexxxx.com/



■Work Story Award 2020 受賞概要(受賞名、選出理由)

【テーマ部門賞】 3.働き方の多様化・ダイバーシティ

自治体が外部人材を活用しながら、地域課題の解決に繋げていく取り組みは、先進事例として、また地域が生き延びるための巻き込み方を示した好事例として、他の自治体にも参考になるストーリーです。関係人口や二地域居住が注目されているように、地域のあり方も働き方も多様化しています。その中で、個人の社会への関わり方の多様性を示すと同時に、地域課題の解決にもなっているこの取り組みは、着眼点・座組がユニークで、さらにこれを地方自治体で取り組んでいる点を高く評価しました。


テーマ部門賞



【ゲスト審査員特別賞(秋田 千恵氏)】ミライフスタイル大賞

今年は副業、リモートがぐっと身近になった1年でした。全国1,800自治体の多くが人口減少という共通の課題を抱える中で、塩尻市の取り組みは、「じゃあウチはこんなことをやってみよう!」という参考になると思います。そんな取り組みがあちこちに広がれば、地方に目が向き、「未来」の「ライフスタイル」を自らつくろうとする人たちの背中も押してくれるでしょう。特任CxOのさらなる活動の成果が届くことを楽しみにしています。


ゲスト審査員特別賞



12/9にオンラインにて行われる授賞式に受賞ストーリーをサイト掲載しております。

ストーリー掲載先リンク: https://award.atwill.work/stories2020/120

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。