Ivanti、MobileironとPulse Secureの戦略的買収を発表

Clearlake CapitalとTA Associatesの支援を受けて行われる本買収で、 Ivantiはエンドポイントのさらなる自動化と保護を目指します

企業のモバイル管理とゼロトラストセキュリティソフトウェア企業の転機をもたらす買収により、Ivantiは統合エンドポイント管理、ゼロトラストセキュリティ、エンタープライズサービス管理ソフトウェアソリューションの分野において市場をリードするプラットフォームとしての立場を確立します。


ユタ州ソルトレイクシティ/カリフォルニア州マウンテンビュー/カリフォルニア州サンノゼ - 2020年9月28日 - クラウドからエッジまでさまざまな環境で、検出、管理、防御、サービス提供を実現するため、IT部門とセキュリティ部門の業務を自動化するIvanti, Inc.(以下「Ivanti」)は本日、Clearlake Capital Group, L.P.の関連会社(以下 同社および関連会社を総称して「Clearlake」)およびTA Associatesの支援を受け、MobileIron Inc.(以下「MobileIron」)およびPulse Secure LLC(以下「Pulse Secure」)買収の最終契約を締結したことを発表しました。MobileIronはモバイル中心の統合エンドポイント管理ソリューションの大手プロバイダーであり、Pulse Secureはセキュアなアクセスとモバイルセキュリティソリューションの大手プロバイダーです。


MobileIronとの契約条件に従い、IvantiはMobileIronのすべての発行済み普通株式を総額約8億7,200万ドルで取得する予定です。MobileIronの株主には、2020年9月24日時点での公表前の終値よりも27%割り増しに相当する1株当たり7.05ドルが現金で支払われる予定です。本買収契約は、MobileIronの取締役会により満場一致で承認され、株主に対して本買収取引について賛成の議決権を行使することが推奨されました。


Pulse Secureは、Siris Capital Group, LLCの子会社(以下総称して「Siris」)から買収される予定です。Pulse Secureの買収取引の条件は開示されませんでした。


MobileIronおよびPulse Secureを買収することにより、Ivantiは、アダプティブセキュリティ、そして状況に基づくパーソナライズされた体験を提供し、リモートワーク/在宅勤務で仕事をされている方々のために、自己修復対応の自動化されたエッジを実用化するという自社のビジョンを実現する予定です。Ivanti、MobileIron、Pulse Secureがひとつになることで、現在のリモートワーク/在宅勤務環境においてクリティカルな、統合エンドポイント管理、ゼロトラストセキュリティ、エンタープライズサービス管理の分野において業界をリードするIvantiの立場が強化されることになります。本日発表された買収取引により、Ivantiは、自社のハイパーオートメーションプラットフォーム「Ivanti Neurons」を使用し、お客様があらゆる種類のデバイスで検出、管理、防御、サービス提供、自動化することを可能にします。さらにお客様は、Ivantiが提供する拡張された処理能力、企業リソース、サービス機能、柔軟な支払いオプションからもメリットが得られます。買収契約成立後も引き続きIvanti現会長兼CEOのJim SchaperがIvantiの指揮を執る予定です。


Jim Schaperは次のようにコメントしています。「MobileIronとPulse SecureをIvantiとひとつにすることで、規模が大きく、成長を続けている市場である、統合エンドポイント管理、セキュリティ、エンタープライズサービス管理市場において、業界をリードする企業を作ることになります。働く場所や使用するデバイスの種類を問わず仕事ができることが当たり前になる未来の働き方に対する需要はますます高まっていますが、この買収によって当社はこの高まる需要に応える業界で最も総合的なソフトウェアソリューションを提供する企業となります。当社の業界に関する知識と知識を補完する製品ラインナップを統合することで、Ivantiは「新たな日常」において生じるIT関連の課題に対処するために欠かせないツールを当社の広範にわたる顧客基盤に提供できる体制を整えることができるでしょう。MobileIronとPulse Secureの社員の皆様、お客様、そしてパートナーネットワークをIvantiにお迎えでき非常に光栄に思っています。この大きな転機となる買収取引を実現するため多大なる支援をしてくださったClearlakeとTA Associatesに心より感謝しています」


MobileIronのCEOのSimon Biddiscombeは次のようにコメントしています。「社員、ITインフラストラクチャ、お客様があらゆる場所に存在し、モバイルデバイスがあらゆるものへのアクセスを提供する「未来の働き方」を速やかかつ安全に取り入れる企業を支援する当社の能力をさらに強化するIvantiそしてPulse Secureの二社に加わり、ひとつの組織となることをとても光栄に思っています。三社のソリューションをまとめて提供することにより、Everywhere Enterprise(社員が場所を問わず働くことができ、分散型のインフラを活用し、さまざまな場所にいるお客様と取引を行う企業)として、企業は簡単にユーザー、デバイス、データ、アクセスの安全を保護できるようになるでしょう。本買収取引は、次世代の労働者に総合的なセキュリティを提供し、当社社員により恵まれた機会を提供し、当社の顧客基盤により満足いただける方法でサービスを提供することを可能にするものとなると確信しています。また、この三社の組み合わせは、当社の株主そしてMobileIronにとって今後進むべき最善の道を示すものであると考えています」


Pulse SecureのCEOのSudhakar Ramakrishnaは次のようにコメントしています。「Pulse Secureの進化の過程で、当社は企業そしてサービスプロバイダー向けの安全なアクセスソリューションの大手プロバイダーとしての地位を築いてきました。この地位を確立するために、当社は、献身的に業務に取り組む社員の支援を受け、揺るぎない実行力、そしてお客様の生産性を向上し、お客様のために情報の可視化を強化し、お客様のコンプライアンス体制を改善することを目的とした統合化されたソリューションポートフォリオで的を絞った戦略を補完してきました。当社が企業として歩みを進める中でSirisは常に当社と共に取り組んできた信頼できるパートナーであり、Sirisのチームの皆さんが当社の事業にもたらしてくださったご支援そして付加価値には心より感謝しております。「未来の働き方」に関して、Ivantiは「リモートは新たな日常」という当社と同じ考えを持っており、シンプルかつ統合されたユーザーエクスペリエンスを提供するセキュアアクセスソリューションの構築を目指す当社の取り組みに賛同してくださっています。MobileIronと共にIvantiという大きな家族の一員になれることに対して大きな期待を抱いており、ゼロトラストの世界において、ハイブリッドIT環境でセキュアアクセスをリードする立場をさらに強化するためClearlakeおよびTA Associatesが提供してくださるリソースを活用することを楽しみにしています」


SirisのパートナーであるHilton Romanskiは次のようにコメントしています。「投資先であり、パートナーでもあるPulse Secureが最高の時期を迎えたことを非常にうれしく思っています。スダカー、そしてPulse Secureの経営陣は、元々Sirisが買収した基本的な技術から世界規模で市場をリードするセキュリティ企業を築き上げるという模範的な偉業を達成されました。長期的な成長戦略を進めつつ、デジタル事業や世界的な感染の拡大に関連する分散型の働き方への需要から生じるお客様のニーズに応えるPulse Secureの妥協のない能力は、同社そして同社の経営陣のクオリティと専門知識を明確に証明しています。今後IvantiがClearlakeとTA Associatesの支援を受けつつ、Pulse Secureの成長と拡大を後押しし続けてくれることを大いに期待しています」


8月、Clearlakeの投資先企業であるIvantiは、TA Associatesからの新たな戦略的投資を発表しました。Clearlakeからの新たな資本と合わせ、TA Associatesからの投資は、Ivantiの成長を加速するために使用される予定です。ClearlakeとTAは、戦略的買収への資金提供を行うため協力することを決定しました。ClearlakeとIvantiの取引ではUBS Investment Bankが助言を行い、Ivantiへの戦略的投資に関してはShea & Company, LLCがTA Associatesに助言を提供しました。


Clearlakeの創設者兼マネージングパートナーであるBehdad EghbaliとClearlakeのパートナーであるPrashant Mehrotraは次のようにコメントしています。「Ivanti、MobileIron、Pulse Secureがひとつになるという転機をもたらす買収により、市場をリードする三社の互いを補う事業がひとつにまとまり、セキュリティソフトウェア市場をリードする企業としてのIvantiの立場を一層強化する事業となるでしょう。「三社が統合した企業は、業界をリードする立場をさらに拡大するため、そして、お客様が抱えるIT関連のクリティカルなニーズに対応する非の打ち所のない製品ポートフォリオを提供するために必要な規模、幅広い能力、そしてリソースを持つ組織となるでしょう。有機的成長と無機的成長を目指す「攻め」の戦略を進める上で、ジム・シャーパーをはじめとするIvantiの経営陣を支援するため、今後も引き続き当社のO.P.S.(R)フレームワークを活用できることを光栄に思っています」


TA Associatesのマネージングディレクター、Hythem El-NazerとHarry Taylorは次のようにコメントしています。「Ivanti、MobileIron、およびPulse Secureがひとつになることで、重大な能力と非常に経験豊富な経営陣に支えられた唯一無二のプラットフォームが生まれ、次世代製品への投資に利用できるリソースが強化されます。8月にTA AssociatesがIvantiに投資することを発表した時、非常に大きな期待を抱きました。そして今、ひとつになった企業のために一丸となって取り組む「攻め」の成長計画を進めるため、ClearlakeそしてJim Schaperと継続的に連携していくことをとても楽しみにしています」


Morgan Stanley Senior Funding, Inc.、BofA Securities、UBS Investment Bank、BMO Capital Marketsが、本買収の借入によるによる資金調達を提供しています。MobileIronおよびPulse Secureの買収に関連し、UBS Investment Bank、BofA Securities、Morgan Stanley & Co. LLC、BMO Capital MarketsがIvantiの助言を提供しました。Sidley Austin LLPが本買収の法律相談を提供し、Kirkland & Ellis LLPがIvantiの融資に関する法律相談を提供しました。Barclaysは、MobileIronの専属アドバイザーを務めました。Pulse SecureおよびSirisは、売却に関しGoldman Sachs & Co. LLCより助言を受けました。本取引の成立は、規制およびMobileIronの株主の承認など、慣習的な条件に左右されます。



■Ivantiについて

Ivantiは、クラウドからエッジまでさまざまな環境で、検出、管理、保護、サービス提供を実現するため、IT部門とセキュリティ部門の業務を自動化します。PCからモバイルデバイス、VDI、データセンターまで、Ivantiはオンプレミス、クラウド上、およびエッジで情報と自動化を活用してIT資産を検出し、ITサービスの提供を改善し、リスクを軽減します。また、バックエンドのシステムを修正することなく、倉庫やサプライチェーンで最新技術を活用できるようお客様を支援します。Ivantiは、ユタ州ソルトレイクシティに本社を構え、世界中に拠点を置き事業を展開しています。詳細は、 https://www.ivanti.com にアクセスしご確認ください。また、当社アカウント(@GoIvanti)をフォローしてご確認ください。



■MobileIronについて

MobileIronは、業界初のEverywhere Enterprise(社員が場所を問わず働くことができ、分散型のインフラを活用し、さまざまな場所にいるお客様と取引を行う企業)向けのモバイル中心のセキュリティプラットフォームで企業のセキュリティを一新しています。Everywhere Enterpriseでは、デバイスやクラウド上のサーバーで企業のデータが自由に流れるため、場所を問わず生産的に必要な仕事を行う機能が社員に提供されます。このペリメータレス化された企業において、アクセスを安全に守り、データを保護するため、MobileIronは、ゼロトラストアプローチを活用します。ゼロトラストアプローチとは、ネットワーク上にはすでに犯罪者が存在することを前提とし、安全なアクセスは「決して信用せず必ず確認を行う」ことで決定するモデルです。詳細は、 https://www.mobileiron.com にアクセスしてご確認ください。



■Pulse Secureについて

Pulse Secureは、お客様のために可視性、保護、生産性を向上する簡単かつ総合的なソフトウェアドリブンのセキュアアクセスソリューションを人、デバイス、モノおよびサービスに対して提供します。当社のスイートおよびSaaSプラットフォームは、ゼロトラストの世界においてハイブリッドITを実現するため、クラウド、モバイル、アプリケーション、ネットワークアクセスを独自の方法で統合します。垂直市場の24,000社を超える企業およびサービスプロバイダーが、事業のコンプライアンスを確保しつつ、自社のモバイルワーカーにデータセンターとクラウド上のアプリケーションおよび情報に安全にアクセスできる機能を提供するため、Pulse Secureのソリューションに頼っています。詳細は、 https://www.pulsesecure.net/ にアクセスしてご確認ください。



■Clearlakeについて

Clearlake Capital Group, L.P.は、2006年に設立された大手投資企業で、未公開株式、クレジット、その他の関連戦略を対象とした統合型事業を運営しています。業種に特化したアプローチを駆使し、Clearlakeは自社の業務改善アプローチO.P.S.(R)からメリットを得られる有力な企業に忍耐強く長期的に資本を提供することで、世界的に認められている経営陣と関係を結ぶことを目指しています。同社は主に技術、産業、消費者関連の業種をターゲットとしています。現在Clearlakeは、約250億ドルの資産を管理し、同社の上級投資責任者は200を上回る投資を指揮または共同指揮しています。サンタモニカとダラスに支社を構えています。詳細は、 https://clearlake.com にアクセスしてご確認ください。また、Twitterアカウント(@ClearlakeCap)でもご確認いただけます。



■TA Associatesについて

TA Associatesは、世界的に成長が見込める未公開株式を対象に投資を行う大手未公開株式投資会社です。投資先を技術、医療、金融サービス、消費者サービス、ビジネスサービスの5つの業種に絞り込み、TAは持続的成長機会のある高い収益を挙げている成長企業に投資しており、世界中で500社を超える企業に投資しています。過半数株主または少数株主のいずれかとして投資を行うTAは、長期的なアプローチを導入し、質の高い成長企業で持続する価値を築けるよう経営陣を支援するため自社の戦略的リソースを活用しています。1968年の創業以来、330億5,000万ドルの資本を調達しているTAは、年間20億ドルペースで新たな投資を行っています。同社の85名を超える投資専門スタッフは、ボストン、メンローパーク、ロンドン、ムンバイ、香港の支社で業務にあたっています。TA Associatesに関する詳細は、 https://www.ta.com にアクセスしてご確認ください。



■Sirisについて

Sirisは主に業界の変化やその他の重大な転換に直面しているミッションクリティカルな製品やサービスを扱う成熟した技術や電気通信企業に投資する未公開株式投資会社です。商機を見出すためSirisが開発した独自の調査と、広範にわたる重要なパートナーとの連携は、同社のアプローチに欠かせないものです。Sirisの重要なパートナーは、商機の特定と戦略的な運用価値の推進を支援するため、取引のライフサイクルの重要な側面に積極的に関与する経験豊富な上層経営幹部です。Sirisはニューヨークとシリコンバレーに拠点を置いて事業を展開しており、累積出資額は約60億ドルに上ります。 https://www.siris.com



■追加情報の入手方法

本通知は、Ivanti, Inc.によるMobileIron, Inc.(以下「MobileIron」)買収案(以下「本合併」)に関連する投票や承認の勧誘を構成しません。提案された本合併に関連し、MobileIronは米国証券取引委員会(以下「SEC」)に委任勧誘状を提出するものとします。MobileIronは、本合併に関する議決を行う臨時株主総会に関連して、当該委任勧誘状とその他の関連資料すべてを自社の株主に提供するものとします。SECに提出された委任状勧誘資料(およびその付属資料や補足資料すべて)およびその他の資料には、MobileIronおよび提案された本合併に関連する重要な情報が含まれます。したがって、当社は株主に対して、議決権を行使する前に、SECに提出された委任状勧誘資料(およびその付属資料や補足資料すべて)およびその他の資料が公開され次第、それらの資料を最初から最後まで慎重に読むことを要請します。本合併の提案は、委任状勧誘資料によってのみ行われるものとします。また、委任状勧誘資料のコピーは(委任状勧誘資料が公開され次第)、MobileIron, Inc.のインベスター・リレーションズ部門より無料で入手可能です(請求先:MobileIron, Inc., 490 East Middlefield Road, Mountain View, CA 94043)。証券所有者も、提案された本合併に関連しMobileIronがSECに提出した委任状勧誘資料およびその他すべての資料をSECのウェブサイト( http://www.sec.gov )およびMobileIronのウェブサイト( https://www.mobileiron.com )より無料で入手できます。



■免責事項

本プレスリリースには、IvantiによるMobileIronおよびPulseの買収案に関する将来予測に関する記述など、将来予測に関する記述(1934年米国証券取引所法第21E条および1933年米国証券取引所法第27A条(いずれも修正後)に規定される意味を有する記述を含む)が含まれおり、史実に関する記述以外の記述はすべて将来予測に関する記述とみなされる可能性があり、多くのリスクや不確定要素が含まれている可能性があります。これらの将来予測に関する記述には、中でも特に、本書に記載されている取引の期待される成立、Ivanti、MobileIronおよびPulseの業績および財務実績、提案されている取引の期待される利益に関する記述、および「予定です(will)」、「期待されます(expect)」、「思われます(believe)」、「予測されます(anticipate)」、「想定されます(estimate)」、「~べき(should)」、「可能性があります(could)」、「~でしょう(would)」、「~かもしれません(may)」、「~するつもりです(intend)」、「~を計画しています(plan)」、「潜在的な(potential)」、「目標としています(target)」、「予測しています(predict)」、「~見込んでいます(project)」、「~目指しています(aim)」、「機会(opportunity)」、「一時的な(tentative)」、「位置付けています(positioning)」、「目的としています(designed)」、「作成(create)」、「追求(seek)」、「継続的な(ongoing)」、「上昇(upside)」、「増加(increase)」、「継続(continue)」などの表現や類似の言葉、フレーズ、表現で特定されるその他の記述が含まれます。これらの記述は、Ivanti、MobileIron、Pulseの現在の見込みおよび見解に加え、Ivanti、MobileIron、Pulseによって立てられた仮定およびIvanti、MobileIron、Pulseが現在利用できる情報に基づいています(これらの情報の多くがIvanti、MobileIron、Pulseの管理の及ばない情報となります)。実際の結果や将来の出来事は、取引成立失敗(規制機関や株主による必要な承認の取得の失敗や取引成立のためのその他の条件を満たすことができないことに起因する取引成立失敗を含みます)に関連するリスク、Ivantiによる取引成立に必要な資金調達の失敗に関連するリスク、Ivanti、MobileIron、Pulseによる取引成立後の事業統合の失敗に関連するリスク、Ivanti、MobileIron、Pulseの流動性および運営費と資本支出を賄う能力に関連するリスク、Ivanti、MobileIron、Pulseの製品またはサービスの開発、生産、および商品化の遅延または失敗の可能性および競争の激化に関連するリスク、Ivanti、MobileIron、Pulseによる顧客、サプライヤー、社員の維持の失敗に関するリスク、Ivanti、MobileIron、Pulseによるサードパーティへの依存のリスク、および、Form 10-Q(有価証券報告書)の年次報告書やForm 8-Kの臨時報告書など、MobileIronが米国証券取引委員会に適時提出する書類に詳述されるその他のリスクによって大きく異なる可能性があります。Ivanti、MobileIron、Pulseは、新たな情報、今後の出来事、またはその他の要因の結果か否かを問わず、本将来予測に関する記述に含まれる情報を更新する義務を負わないものとします。



■委任状勧誘の参加者

MobileIronの取締役および役員は、提案された買収案の承認に関連する委任状勧誘の参加者であるとみなされる場合があります。MobileIronの取締役および役員、ならびに保有証券またはその他の形による取締役および役員のMobileIronとの利害に関する情報は、米国証券取引委員会(SEC)に提出されたフォーム10-K(有価証券報告書)の最新の年次報告書および米国証券取引委員会(SEC)に提出されたSchedule 14A(委任状説明書様式)の最新の委任状勧誘資料(最終版)に記載されています。提案された買収案を承認するための委任状勧誘に関する情報も含め、参加者とみなされる可能性のある者の利害に関する追加の情報は、米国証券取引委員会(SEC)に提出される委任状勧誘資料およびその他の関連資料に含まれているか、今後利用できるようになった場合、それらの資料に含まれます。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報