災害が続く熊本の野菜農家、コロナで注文が17倍に急増!9月1...

災害が続く熊本の野菜農家、コロナで注文が17倍に急増! 9月1日より「敬老の日」に向けて野菜セット発売開始!

熊本からオーガニック野菜を全国に届ける株式会社 土のめぐみ(熊本県上益城郡山都町小笹456-1、代表:土田 賢一)では、高齢者向けの野菜のギフト注文が昨年比17倍に急増しています。

それを受け、9月1日より敬老の日に向けた「《限定》おじいちゃん おばあちゃん 元気野菜●お試しセット」を販売開始しました。

段ボール詰めの野菜


山都町のレタス畑

https://www.atpress.ne.jp/releases/223480/img_223480_2.jpg



【お年寄りに忍び寄るコロナの現実】

新型コロナウイルス感染拡大により、70代、80代の高齢者の死亡者数が全体の84%を占めています。(2020年7月15日厚生労働省統計)このような状況下で高齢者は、外食はもちろんのこと近隣のスーパーマーケットへの買い出しも感染リスクを警戒するため、外出を手控えざるを得ない状況が続いています。

そんな中、高齢者を親に持つ30代、40代の子供世代が親の外出による感染を心配するケースが増えており、少しでも外出による感染リスクを減らすために、子供世代が実家宛てに産地直送の野菜をオンラインで注文するケースが急増しています。

株式会社 土のめぐみも特に東京・大阪の子供世代からの注文が殺到、5月初旬のキャンペーン開始以来、8月31日時点で昨年比17倍にも上りました



【熊本地震、豪雨の被害から支援が集中】

土のめぐみは朝に収穫した熊本県の無農薬、有機野菜を全国、特に関東、関西に翌日お届けする宅配サービスを展開しております。

2016年4月に発生した熊本地震では、土のめぐみの契約農家の4割が野菜の収穫ができなくなり、特に被害が大きいところでは、畑が割れ、地面が隆起し使用できない状態になりました。

また今年7月に起きた熊本豪雨災害では、長雨により光合成ができないため、野菜が十分に育たないという事態に見舞われました。さらには、豪雨による土砂崩れで山の道が閉ざされ、陸の孤島状態が続いたため出荷量に大きく影響しました。

そんな状況下で、土のめぐみは「コロナに負けるな!キャンペーン」・「豪雨に負けるな!農家さん応援キャンペーン」を実施したところ、熊本農家を応援したいという注文が殺到しました。



【熊本の新鮮な野菜を直接自宅まで】

熊本県はすべての水資源を地下水から利用している世界的にも珍しい都市です。その中でも熊本県の山都町は農家の70%が無農薬、有機野菜を営んでいるという日本一有機農業比率が高い地域です。

山都町は寒冷地のため害虫が少なく、無農薬栽培に向いていると言われています。さらにミネラル豊富な阿蘇山系地下水で育った野菜の美味しさは日本でも有数といわれています。

一度お試しセットを利用されたお客様からの定期便への移行もコロナ以降約15倍に増えています。

現在、「豪雨に負けるな!農家さん応援キャンペーン」で元気野菜お試しセット( http://www.a-nen.net/i/beginner )を提供中です。


購入者からは

「東京から微弱ですが、熊本野菜を食べて応援します」

「母もお野菜が新鮮で料理が楽しいと喜んでいました」

など多くの声が利用者様から寄せられています。


現在、長雨と日照りの影響で野菜の価格が高騰していますが、熊本県山都町は標高が高く湧き水が豊富なため、十分な野菜の収穫を確保できています。今後も土のめぐみでは通常価格でのお届けを続ける方針です。



9月21日の敬老の日に向けて、「《限定》おじいちゃん おばあちゃん 元気野菜●お試しセット」を9月1日より販売開始しました。高齢者の方に旬で健康に良い野菜を、ひとり暮らしでも箱を開けてそのまま食べられる野菜をお届けします。


《限定》おじいちゃん おばあちゃん 元気野菜●お試しセット

定価   : 2,980円(税込)

野菜   : 無農薬、JAS有機認定野菜

内容   : 7種類の野菜+おまけ1種類を送料無料でお届けします。

販売ページ: http://www.a-nen.net/i/seniorset



【会社概要】

会社名 : 株式会社 土のめぐみ

代表  : 土田 賢一

本社  : 熊本県上益城郡山都町小笹456-1

大阪支社: 大阪府吹田市豊津町10-7-707

事業内容: 熊本の無農薬、有機野菜を全国に宅配するサービスを展開

URL   : http://www.a-nen.net/

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。