カンニング竹山さんがMCの TOKYO MX「カンニング竹山のイチバン研究所」が 資格取得支援スクールの日建学院を紹介! 公式YouTubeチャンネルにて動画を公開

資格取得支援スクールの日建学院を運営する株式会社 建築資料研究社/日建学院(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:馬場 栄一)は、カンニング竹山さんがMCを務めるTOKYO MX「カンニング竹山のイチバン研究所」の2020年8月1日(土)19:00~19:29放送分にて紹介されました。


TOKYO MX「カンニング竹山のイチバン研究所」


日本マーケティングリサーチ機構が、2020年4月に「建築士 宅建士 資格スクール」においてインターネット調査を実施した結果、『建築のプロがおすすめする建築士講座No.1』『女性が選ぶ資格スクールNo.1』『大学生が選ぶ資格スクールNo.1』の3部門で日建学院がNo.1に選ばれました。多くの方々から支持される理由はなぜなのか、元乃木坂46の伊藤かりんさんが来社され、その秘密を取材していただきました。


▼3部門でNo.1に選ばれた日建学院が、TOKYO MX番組で紹介されました!(日建学院HP)

https://www.ksknet.co.jp/nikken/no1/index.aspx



【概要】

・放送日時:2020年8月1日 19:00~19:29

・放送局 :TOKYO MX

・番組名 :「カンニング竹山のイチバン研究所」


大手予備校をはじめ、今は「映像講義」が当たり前になっています。この映像講義を40年前から実施している日建学院の映像クオリティや制作過程を、実際のスタジオ収録に立ち会いながら紹介しています。また、現在通学(受講)されている方の日建学院に対する本音も調査していただきました。



■全ての受講生に合格していただくために「生講義」から「映像講義」へ

当初は日建学院も「講師による生講義」で講義を実施していました。

しかし、復習用の講義として「映像講義」を取り入れたところ、結果として「生講師(生講義)」の教室より、「映像講義」の教室の方が約10%も合格率が高かったという結果が続きました。


理由として「生講義」では実際に受講してみないと分からない「講師との相性」や「講師が持つ得意分野の存在」が非常に大きい為、途中で受講を諦めてしまう方が多いことが挙げられます。


このような状況から日建学院では、TV局並みの専用スタジオを自社内に設置し

・得意分野ごとのカリスマ講師によるはまる講義

・講師によるばらつきが無く日本全国同一の高クオリティな講義

・いつでもどこでも受講できる環境

など「受講した全ての方を合格させる」ための映像講義を自社制作し提供しています。


▼日建学院紹介映像<前編>

https://youtu.be/rvOpnK0ARQg


日建学院紹介映像<前編>


■実際の日建学院受講生の感想

実際の受講生からは映像講義の良さとして次のような感想をいただいております。

・分からないところは戻って視聴でき、何回も見返せる

・どこでも視聴できるのでスケジュール管理しやすい

・工事現場や数値など映像部分が視覚的に記憶定着しやすい


これらの映像講義のメリットは、既に国からも奨励されているとともに大手予備校や義務教育の場面でも導入が進んでいます。また、文部科学省からは「GIGAスクール構想」として実現が推進されており、今後の更なる拡大が見込まれる「新しい教育」のスタイルです。


▼文部科学省 GIGAスクール構想の実現について

https://www.mext.go.jp/a_menu/other/index_00001.htm


▼日建学院紹介映像<後編>

https://youtu.be/JOWUbthrDWk


日建学院紹介映像<後編>


▼日建学院紹介映像<全編>

https://youtu.be/i5zgD03E6EY


日建学院紹介映像<全編>


▼日建学院 公式サイト

https://www.ksknet.co.jp/nikken/index.aspx


▼日建学院 Twitter

https://twitter.com/nikkeng?lang=ja



【会社概要】

商号  : 株式会社 建築資料研究社

代表者 : 代表取締役社長 馬場 栄一

所在地 : 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-50-1

創立  : 1969年(昭和44年)8月

事業内容: 建築・住宅・インテリア・資格等の専門誌を発行、

      建築関連資格取得のための学校運営 等

URL   : https://www.ksknet.co.jp/

プレスリリース動画

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
建設 芸能 経済(国内)
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報