全国初!鋼製の噴石避難用シェルターを御嶽山に納入 噴石災害の...

全国初!鋼製の噴石避難用シェルターを御嶽山に納入  噴石災害の悲劇を繰り返さないために 開発した『TOKO防災シェルター』

東光鉄工株式会社(本社所在地:秋田県大館市、代表取締役社長:菅原 訪順、以下 当社)は、2019年9月長野県王滝村御嶽山王滝頂上山荘敷地内に鋼製のドーム型避難用シェルター(以下 TOKO防災シェルター)を納入しました。

2015年度12月内閣府発行「活火山における退避壕の充実に向けた手引き」に対応した鋼製シェルターの設置は、全国で初めてとなります。2020年8月1日の御嶽山王滝口登山ルート規制解除をもって、公開いたしました。


御嶽山に設置されたTOKO防災シェルター


『TOKO防災シェルター』 https://www.toko-tekko.co.jp/publics/index/164/#page-content



『TOKO防災シェルターは』、2014年9月27日の御嶽山噴火による噴石で多くの犠牲者が出たことをうけ、「登山者の命を守る」ことをコンセプトに開発された製品です。大型デッキプレート(※1)をアーチ状に曲げる独自技術を用いた構造で、山間部の傾斜に設置できる形状、収容人数に合わせたサイズ等の自由設計が可能です。また、小型ヘリコプターでも輸送できるよう部材を1t以下の重量にすることもできます。

今回『TOKO防災シェルター』を王滝村に納入し、防災対策を講じたことで、約6年ぶりに王滝山頂への登山が可能になりました。



【今後の展望】

日本には「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」が50火山(※2)あります。今後当社の防災シェルター設置を推進し、登山者を守るための防災環境整備に貢献してまいります。


※1 凹凸状(波型)に成形した鋼板

※2 気象庁「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山の選定」より



【製品概要】

仕様  : 屋根材 デッキプレート570×100×3.2(mm)

サイズ : 幅2.5m 全長5.2m 高さ2.1m 収容人数~30人

重量  : 2,524kg

塗装仕様: ポリウレアRhinoエクストリーム スパイスブラウン 上塗り材

      ニッペ ファインフッ素(調色)

価格  : 設計価格 6,850,000円(税別)

      現地施工指導員派遣費・陸上輸送費・塗装費含



【会社概要】

会社名 : 東光鉄工株式会社

代表者 : 代表取締役会長 虻川 東雄

      代表取締役社長 菅原 訪順

所在地 : 〒017-0012 秋田県大館市釈迦内字稲荷山下19-1

設立  : 1973年7月

資本金 : 8,500万円

事業内容: 各種鋼構造物の設計・製作・施工及び据付

      産業用機械、プレス金型の設計製作

      各種設備保守メンテナンス

      ドローン開発・製造・販売

URL   : https://www.toko-tekko.co.jp/



【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】

東光鉄工株式会社 ドーム事業部

TEL  : 0186-42-6403

E-mail: dome@toko-akita.co.jp

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。