暑さに負けずにトレーニング! 静岡県の「eIGHT GYM」、新型コロナ×熱中症対策を徹底 

~ひんやり、でもアツイ!おもてなしでサポート~

静岡県駿東郡長泉町のフィットネスジム「eIGHT GYM」(エイトジム)は、“暑さにもコロナにも負けない!ひんやりトレーニング月間”と題して、8月1日からの1か月間、新型コロナウイルスと熱中症、ダブルの対策でサポートします。

ウィズコロナ時代、マスクをつけてのトレーニング・運動が一般的になっており、猛暑の予想となる8月は、ジムという室内空間であっても、マスクをしながらの運動は注意が必要だと感じます。

eIGHT GYMでは、室内のトレーニングも熱中症対策を十分に行う必要があると考え、当ジムの現状を伝えることで、多くの人が意識して対策を行い、夏の運動を安全に行えるよう呼びかけます。


マシーンの間隔を1~2mにして、対面しないように配置

冷凍庫で極冷にしたおしぼりでクールダウン!


【新型コロナと暑さのW対策!eIGHT GYM~2020夏~】

換気を行うこと、マスクをすることが必要とされているウィズコロナ時代。生活に根付いていますが、トレーニングをするときにマスクをするのは、特に苦しいものです。そんな中、ここ数年のような最高気温35℃にもなるという酷暑が続く8月を想像すると、冷房の効いた室内にあるトレーニングスペースは需要が増すものと考えます。

そこで、8月のeIGHT GYMは、“暑さにもコロナにも負けない!ひんやりトレーニング月間”とし、暑い中でもトレーニングに励む利用者に涼しさを感じられるスポットになります。

新型コロナウイルス対策のため、当ジムでは、約2m×約2mの大型窓を2つ開放し、換気を行っています。雨の降っていない日中は、1時間のうち、30分間窓を開放しています。すると室温が1度上昇することが分かりました。つまり、ウィズコロナの今年は、マスクを着用しながらの運動になるため、換気をしながら室温管理を徹底する必要があると考えます。

また、密を避けるためにも、eIGHT GYMは屋外に人工芝やサンドバックを設置して運動できるようにしています。外気温が30度という日でも、有酸素運動のために屋外スペースを有効活用して、あえて汗をかいて体を絞る会員が当ジムにはいます。たっぷり汗をかいた後に、気持ちいい温度に保たれた室内に戻り、無料で利用できる水素水で水分補給をして、塩分補給のための塩飴を口に含み、冷凍庫で凍らせたおしぼりでほてった体や顔をクールダウンさせて、筋力トレーニングに励むという流れを考えました。水素水、塩飴、冷たいおしぼり、冷感素材のマスクは、利用会員がいつでも利用できるよう準備して、アツいトレーニングをサポートします。


外気温30度以上でも汗をかきながらトレーニングする人、増加中!

つめた~い水素水は飲み放題

8月は涼しいeIGHT GYMでトレーニングをパワーアップ


【ジム内でも熱中症対策をする理由は、“過酷な現場”を知っているから】

eIGHT GYMでは、6月下旬から、利用会員に、「塩飴」「冷感素材のマスク」を無償提供しています。これは、建設業を営む株式会社スエヒロ工業が当ジムを運営しているからです。

スエヒロ工業は、主に防水や塗装工事を担う会社です。新築のビル、マンションの修繕、静岡県内の市役所や消防署、学校などの公的な建物の施工も行っています。その現場は、炎天下のビルの屋上で、200℃を超える高温のアスファルト溶剤を流しこみながら作業を行ったり、業務用のガスバーナーを使ったりと、非常に過酷です。そのうえ、夏場でも長袖を着て、かつこのウィズコロナ時代にはマスク着用で作業をしなければならない現場もある状況です。作業員が熱中症になることは“事故”扱いとなるため、現場管理を担うスエヒロ工業は、夏場に熱中症対策を徹底して行っています。最新の熱中症対策グッズに対するアンテナが高く、また、対策の方法や効果に敏感です。そのため、こうした建設現場と同じ感覚で、eIGHT GYM内も同様に暑さ対策を考えるに至りました。

また、スタッフルームの冷蔵庫には、経口補水液と氷が常時入っています。これは、トレーニング中に気分が悪くなった方を想定して準備しているものです。“建設現場の常識”が、バックヤードにも控えています。


塩分補給用の飴を用意

トレーニング時に熱くなるマスクも夏仕様に

灼熱の建設現場がジムの暑さ対策のヒントに

建設業的感覚で常備している経口補水液


【建設業的感覚が活きた!ニューノーマル化したeIGHT GYM】

eIGHT GYMでは、手作りと不織布のマスクをエントランスに置き、マスク着用でのトレーニングを会員にお願いしてきました。マスク着用でのトレーニングは、平時に比べると、会員に不便を強いている状態で、サービスが低下している状況と、eIGHT GYMおよびスエヒロ工業は考えます。そのため、マスクでトレーニングをするマイナスを穴埋めし、さらにプラスになるサービスを考えるべきとの思いで、マスクの提供を行っています。スエヒロ工業の携わる現場では、リフォーム中はお客様に不便を強いることになりますが、その後の快適な生活につながるよう施工するのが普通のことです。『不便な状態をそのままにさせることはできない』という建設業的感覚がウィズコロナ時代に提供する様々なサービスにつながっています。

当ジムは現在、ビフォーコロナ期並みに利用者が戻り、24時間営業することができています。それは、空間づくりのプロだからこそ、ニューノーマルなジムを作ることができたのだと自負しています。新生活様式が発表されて間もなく、ジム業界団体のガイドラインが発表される前に、独自のアイディアでハード面を仕上げていきました。具体的には、向かい合わないマシーンの配置や既製品で取り付けられない網戸の追加、屋外のサンドバッグや人工芝の設置など、すぐに新たな形を構築しました。8月8日、eIGHT GYMはオープンから1周年を迎えます。大がかりなキャンペーンやイベントができない時だからこそ、既存の会員を大切にし、利用者の満足度を上げる取り組みを1か月行います。


新型コロナ対策として、屋外のラウンジスペースにサンドバッグや人工芝を設置

ランニングマシーンには飛沫防止のアクリル板を常設

市販の網戸が付けられない窓には、本業の経験で網戸をオリジナルで設置


【eIGHT GYM 概要】

・運営会社: 株式会社スエヒロ工業

       (本社:静岡県沼津市・代表取締役社長:櫻井 弘紀)

・商号  : eIGHT GYM(読み:エイトジム)

・所在地 : 静岡県駿東郡長泉町南一色8-1

・営業時間: 24時間 年中無休

・URL   : https://8gym.jp/


美ボディ大会で全国2位・3位になったトレーナーらがサポートします

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。