タニウムがインフラストラクチャを必要としないエンドポイント管...

タニウムがインフラストラクチャを必要としない エンドポイント管理とセキュリティを実現  ~ クラウドでホストされ、配信されるソリューション、 Tanium as a Serviceが分散するエンドポイントの管理と セキュリティの確保を可能に ~

報道発表資料:当資料は2020年7月22日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。


2020年7月22日 エミリービル、カリフォルニア州 - 世界で最も要求の厳しいIT環境向けに構築された統合エンドポイント管理とセキュリティのプラットフォームを提供するタニウムは本日、インフラストラクチャを必要としないエンドポイント管理とセキュリティプラットフォームであるTanium as a Serviceを発表しました。Tanium as a Serviceは、タニウムの特許取得済みアーキテクチャを最適化し、リモートワークの環境でデバイスを迅速かつ効率的に管理し、セキュリティを確保します。Taniumエージェントは、各エンドポイントにインテリジェンスをもたらし、瞬時の可視性と比類のないコンテキストを実現、IT運用とセキュリティチームが、エンドポイントが存在する場所であればどこでも、環境を効率的に管理し、セキュリティを確保するために迅速な行動を可能にいたします。

タニウム実施の調査研究によると、多くの企業は遠隔地に広がるエンドポイントの管理とセキュリティ確保に苦労されています。サイバー攻撃が増加する一方で、パッチ管理などの最前線の防御は、プロセスと管理のギャップのために低下しています。


「ほとんどのエンドポイント管理ソリューションは、本来オフィス環境向けに設計されており、時折、出張の際にデバイスが会社のネットワークから離れたり、自宅で仕事をしたりすることを想定しています。言い換えれば、昔ながらの世界です」とLumentumのCIOであるRalph Loura氏は述べています。「Tanium as a Serviceはリモートワーク環境向けに設計されており、一部のデバイスがたまにしかオフィスに戻らないことを想定しています。言い換えれば、まさに今の世界のありのままの姿です。このような革新性とビジネスニーズ適応へのコミットメントが、私が3回もタニウムを利用している理由なのです。」


Tanium as a Serviceは、IT運用とセキュリティのために、複雑な分散環境にまたがるエンタープライズに適した可視性と制御を提供いたします。Amazon Web Services(AWS)上に構築されたクラウドにホストされデリバリされるこのサービスにより、お客様はエンドポイントの数や地理的な場所、収集するデータ量に関わらず、インフラストラクチャとオーバーヘッドをゼロにして、重要なIT運用、リスク、セキュリティのタスクを実行することが可能です。AWSの高度かつ安全でスケーラブルなグローバルインフラストラクチャにより、タニウムはお客様の需要のピークに安全かつ瞬時に対応することも可能です。


タニウムは、エンドポイントにインテリジェンスを提供し、データ品質と配信速度を向上させるタニウム独自のアプローチであるIntelligent Edgeを搭載しております。これにより、組織・企業や政府機関は、追加のエージェントやインフラストラクチャを導入することなく、あらゆる場所でエンドポイントのセキュリティを確保し、スピードと規模の管理を実現いたします。


●Endpoint Intelligenceは、管理上の問題やセキュリティ・インシデントが発生した場合にのみ、デバイスが情報を提供したり、更新を要求したりするようにいたします。このアプローチは、エンドポイントからデータを取得してエンドポイントに配信する方法を最適化し、スピードと効率を向上させ、不要なデータの移動に伴う管理やインフラのオーバーヘッドを削減いたします。


●Threat Detection and Responseは、エンドポイントのインテリジェンスを活用し、エンドポイントへの不正アクセスやその後のアクティビティをリアルタイムで可視化し、検出いたします。自動化されたレスポンスにより、企業は悪意のあるサイバー活動の影響を軽減し、迅速な復旧を実現いたします。


●Proactive Endpoint Managementは、最新のオペレーティング・システムとレガシー・オペレーティング・システムの両方で、パッチが適用されていないデスクトップやサーバーを迅速に特定し、ネットワークに過度の負荷をかけず、また、高価なインフラに依存することなく、脆弱性の修正を提供いたします。



「企業がどこでも仕事ができる世界に適応するためには、大規模で分散した複雑で変化の激しい環境を簡単に管理できるプラットフォームが必要です」とタニウムのCo-founder & Co-CEO、Orion Hindawiは述べています。「タニウムは常に世界の大企業に焦点を当てた大規模エンタープライズにおけるエンドポイント管理のための他に類のないプラットフォームを提供してまいりました。Tanium as a Serviceの提供により、より多くのお客様にプラットフォームを開放し、導入のハードルを下げ、より多くの企業の皆様にタニウムが独自のサービスをご提供し、この新しいIT環境をコントロールできるようにしてまいります。」


Tanium as a Service はすぐにご利用いただけます。

詳細はこちらをご覧ください。: https://www.tanium.com/products/tanium-as-a-service


タニウムのデモをご希望の場合は、こちらのサイトをご覧ください。: https://www.tanium.com/see-a-demo/



【業界の声】

「Tanium as a Serviceは、AWSのサービス、高度なセキュリティ管理、拡張性を活用して、顧客の需要のピークに対応することが可能です。セキュリティはAWSにとって最優先事項であり、タニウムがAWSのサービスとインフラストラクチャを選択し、顧客のIT資産全体にわたってエンドポイント管理とセキュリティを提供できるようになったことを喜ばしく思います」とAmazon Web ServicesのAngelo Comazzetto氏(Principal, Office of the CISO)は述べています。


「在宅勤務(WFH)が新たな当たり前になりつつある中で、Tanium as a Serviceの登場はまさにこの時期をおいてこれ以上のタイミングはありませんでした。タニウムは、オンプレミスのインフラストラクチャを必要としない、エンドポイント管理とセキュリティのための独自の統一プラットフォームを開発しました。企業や組織は、物理的に新たなインフラストラクチャを導入することなく、オンデマンドで重要なIT運用とセキュリティタスクを実現することができるのです。」とIDCのMichael Suby氏(Research Vice President)は述べています。


「Verizonでは、お客様がより安全で効率的な方法でビジネスを実行できるようなソリューションを提供することに注力しております。タニウムは、企業ネットワーク上のエンドポイントの管理と保護に関して、信頼できるテクノロジーパートナーです。」とVerizon BusinessのAlex Schlager氏(Chief Product Officer for Cybersecurity)は述べています。


「WWTはタニウムと提携して、共同の顧客がセキュリティ体制を強化し、またリスクを軽減し、IT運用上の目標を達成できるよう支援しております。Tanium as a Serviceは、これらの機能を分散したエッジにまで拡張し、お客様が追加のインフラストラクチャの管理や保守を必要とせずに、進化する運用を管理するために必要な可視性と制御性を提供します。Tanium as Serviceは、展開が早く、管理が簡単で、共同のお客様に迅速に価値を提供します。」とWorld Wide TechnologyのChris Schwind氏(Technical Solutions Architect)は述べています。


「Tanium as a Serviceを利用することで、インフラストラクチャなしで、お客様をさらに迅速に支援することを可能になりました。これは緊急を要するインシデント対応や不正アクセス評価のためのゲームチェンジャーです。」InfoGuardのErnesto Hartmann(Chief Cyber Defence Officer)は述べています。



【タニウムについて】

タニウムは、世界で最も要求の厳しいIT環境向けに構築された統合エンドポイント管理とセキュリティのプラットフォームを提供しています。Fortune 100社の約半数、小売業や金融機関のトップ企業、5つの米国軍など、世界最大規模で最も洗練された組織の多くが、意思決定、効率的かつ効果的な運用、そして起こりうる障害からの回復力を高めるために、タニウムを利用しています。

タニウムは、米国Forbes誌「Top 100 Private Companies in Cloud Computing」で7位に、Fortune 誌「100 Best Medium Workplaces」で10位にランクされました。

詳細については https://www.tanium.jp をご覧ください。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。