サーバーワークス、横河電機に1,000台超のリモートデスクト...

サーバーワークス、横河電機に 1,000台超のリモートデスクトップ環境を提供

アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWSパートナーネットワーク(APN)※プレミアコンサルティングパートナーである株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大石 良、以下:サーバーワークス)は、横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:奈良 寿、以下:横河電機)のAmazon WorkSpaces導入事例を公開したことをお知らせいたします。


横河電機株式会社


横河電機では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためのテレワーク環境拡充を目的に、1,000台を超えるAmazon WorkSpacesを導入しました。


サーバーワークスは2020年3月中旬から設計を開始し、翌月4月の初旬には1,000台のAmazon WorkSpaces環境の構築を完了。横河電機では2015年からAmazon WorkSpacesの評価を行っていたため、その経験が大規模導入とスムーズな運用に大きく寄与しています。


事例についての詳細は、以下よりご覧ください。

https://www.serverworks.co.jp/case/yokogawa-ws.html



■横河電機株式会社について

日本を代表する工業計器・プロセス制御専業メーカー。YOKOGAWAグループ会社とともに、計測、制御、情報の技術を軸に最先端の製品やソリューションを提供し、産業界はもとより、豊かな人間社会の実現に貢献しています。創立1915年(大正4年)、売上高4,044億円、従業員数約18,000名(いずれも2019年度の連結の数字)。

https://www.yokogawa.co.jp/



■株式会社サーバーワークスについて

サーバーワークスは、「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」をビジョンに掲げ、2008年よりクラウドの導入から最適化までを支援しているAWS専業のクラウドインテグレーターです。

2020年6月末日現在、800社、8,300プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年11月よりAPN最上位の「APNプレミアコンサルティングパートナー」に継続して認定されています。

移行や運用、エンドユーザーコンピューティング、コンタクトセンターなど多岐にわたって認定を取得し、AWS事業を継続的に拡大させております。

取得認定、実績についての詳細はこちらをご覧ください:

https://aws.amazon.com/partners/find/partnerdetails/?id=001E000000NaBHzIAN



※APNは、AWSのエコシステムを支えるシステムインテグレーター(SI)、戦略的コンサルティングファーム、ソリューションプロバイダ、マネージドサービスプロバイダ、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーなどによって構成されております。


*本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

*Amazon、アマゾンウェブサービス、Amazon Web Services、およびAWSは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

*本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報