パワークッション®プラス搭載で衝撃吸収性と反発性向上 ヨネッ...

パワークッション®プラス搭載で衝撃吸収性と反発性向上 ヨネックス最軽量275gのテニスシューズ「AERUSDASH(エアラスダッシュ)3」 2020年8月上旬より発売

左より「パワークッション エアラスダッシュ3 GC」レーザーイエロー、ミッドナイトネイビー、「パワークッション エアラスダッシュ3 ワイドGC」クリアーレッド
左より「パワークッション エアラスダッシュ3 GC」レーザーイエロー、ミッドナイトネイビー、「パワークッション エアラスダッシュ3 ワイドGC」クリアーレッド
ヨネックス株式会社(代表取締役社長:林田草樹)は、新配合・新構造の「パワークッション®プラス」を搭載したヨネックス最軽量275gのクレー・砂入り人工芝コート用テニスシューズ「POWER CUSHION AERUSDASH 3(パワークッション エアラスダッシュ3)」を2020年8月上旬より発売いたします。

本製品は軽快なフットワークで人気の「POWER CUSHION AERUSDASH」シリーズの第3弾です。ミッドソールに新配合・新構造の一般的な衝撃吸収材・EVAに対して衝撃吸収性を28%※1、反発性を62%※2アップさせ、12mの高さから落とした生卵が、割れずに6m以上跳ね返る※3新衝撃吸収反発素材「パワークッション®プラス」を搭載。従来の軽量性を保ちつつ、着地時の衝撃吸収性、ダッシュ時の反発性を向上させました。

さらに、耐ねじれ性能が約20%向上※3する弊社独自の「3Dパワーカーボン」を中足部に搭載し、軽さを維持しながらもシューズのねじれや曲りを抑えて安定感を高め、俊敏なフットワークを支えます。

ソールは蹴り出し部、外甲側、それ以外の基本パターンの3部位に分け、それぞれの部位に掛かる負荷に応じてピンパターン(ソールの凹凸)を設計することで、グリップ力36%アップ※4、スライド性能 9%アップ※4を実現。クレー・砂入り人工芝コートでも自在なフットワークを可能にします。

4Eワイドモデルも展開し、幅広い層のお客様の軽快で自在なプレーをアシストする一足です。

※1 (一財)日本車両検査協会にて測定
※2 (一財)ボーケン品質評価機構調べ JIS 法準用
※3 弊社調べ
※4 砂入り人工芝コートにて従来品との比較・弊社調べ

INNOVATION

■12mの高さから落とした生卵が、割れずに6m以上跳ね返る「パワークッションプラス」搭載

衝撃吸収性と反発性を併せ持つ「軽く、疲れにくい」衝撃吸収反発素材パワークッション。パワークッションに反発性の高い特殊樹脂を添加し、+型の溝を最適な間隔と深さで格子状に配置した新構造を採用した「パワークッションプラス」は、従来の軽量性を保ちつつ、衝撃吸収性を28%、反発性を62%アップさせ(一般的な衝撃吸収材[EVA]との比較)、12mの高さから落とした生卵が、割れずに6m以上跳ね返る新衝撃吸収反発素材です。

■グリップとスライドを自在に操る新設計のソールパターン

クレー・砂入り人工芝コートに対応した新設計のソールを採用し、グリップ力36%アップ※、スライド性能9%アップ※を実現しました。

上図①(赤)は中央のピンパターンを他のピンパターンより高く設計し、コートに食付きやすくすることで、グリップ力を向上。

上図②(黄色)は中央のピンパターンの片側に傾斜を付け、もう一方の側をコートに対して垂直に刺さる設計とすることで、蹴り出しで掛かる負荷を垂直面で受け止め、ピンパターンの変形を防ぎ、コートに食付きます。

外甲部にあたる上図③(青)は中央のピンパターンを他のピンパターンより一段低くし、スライドする際に負荷が掛かる面に傾斜を付けることで、摩擦の引っ掛かりをなくし、スライドを促進。

ストップ時は強く踏み込むと、左右のピンが斜めに流れ、中央のピンがコートに刺さり、グリップ力を発揮します。

※砂入り人工芝コートにて従来品との比較・弊社調べ

■ねじれを防ぎ、安定性を高める「3Dパワーカーボン」

弊社独自のカーボン加工技術を活かし立体に成型した「3Dパワーカーボン」をミッドソールの中足部に搭載し、従来に比べ、耐ねじれ性が約20%※向上。軽いだけではなく、踏ん張り時に生じるねじれを防いでパワーロスを軽減し、俊敏なフットワークを可能にします。

※弊社調べ

製品情報

※本商品は日本ソフトテニス連盟の使用基準に準拠しておりますが、中学生の各連盟主催大会ではまだカラーシューズの使用は認められていない場合もございますので各都道府県連盟にご確認ください。

○お客様からのお問い合わせ 
ヨネックス株式会社 営業センター 03-3836-1221
カテゴリ:
その他
ジャンル:
その他スポーツ

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報