令和2年度バーチャルパワープラント構築実証事業への参画につい...

令和2年度バーチャルパワープラント構築実証事業への 参画について  ~秒単位制御技術のさらなる高度化に向けて~

株式会社YAMABISHI(本社:東京都大田区、CEO:蓮池 一憲)は、このたび、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「令和2年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント※1(以下、VPP)構築実証事業費補助金※2」に実証協力事業者として申請し、補助金の執行団体である一般社団法人環境共創イニシアチブから令和2年5月29日に採択決定と補助金交付決定の通知を受けました。



▼VPP構築実証事業用蓄電システムお問い合わせURL▼

https://www.sotuu.net/yamabishi/release_20200622_1.html



当社は、平成31年度より、関西電力株式会社(取締役社長:森本 孝/以下、関西電力)がアグリゲーションコーディネーター※3を務める関西VPPプロジェクトに実証協力事業者として参画し、周波数(秒単位)制御として実施する監視制御システムからの遠隔指令に対する蓄電池の応動時間や制御精度を検証することにより、電力系統における周期の短い負荷変動に対する蓄電池の応答性能を確認しました。今年度も引き続き周波数(秒単位)制御の実証に参加することで、VPPの実用化に向けた技術の検証をさらに進めてまいります。


蓄電池は、防災用緊急電源としての役割だけではなく、再生可能エネルギーの余剰電力の蓄電、電力の需給バランスの維持等、電力の効率化に貢献することが期待されています。当社は、本実証事業を通じてエネルギー利用の最適化や再生可能エネルギーのさらなる導入拡大を目指し、低炭素社会の実現に貢献してまいります。



※1:分散化された電源をIoT技術などの高度なエネルギーマネジメント技術を使って統合制御することで、あたかも一つの発電所のように機能させる仕組み


※2:経済産業省資源エネルギー庁が、VPPの構築に係る実証事業を行う経費に対して、当該費の一部を補助するもの


※3:リソースアグリゲーターが制御した電力量を束ね、一般送配電事業者や小売電気事業者と直接電力取引を行う事業者


▼産業用蓄電システム「YRWシリーズ」の詳細はこちらから▼

https://www.yamabishi.co.jp/products/back_yrw/index.html



◆株式会社YAMABISHI 会社概要

商号     : 株式会社YAMABISHI( https://www.yamabishi.co.jp )

代表者    : CEO 蓮池 一憲

本社所在地  : 東京都大田区大森北 2-4-18

設立年月日  : 1958年3月

主な事業の内容: 電源装置の開発・製造・販売

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報