東急エージェンシーオリジナルPMP「T-Camp」をローンチ  民放地上波TV見逃し配信への動画広告における運用配信をスタート

株式会社東急エージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:澁谷 尚幸)は、民放公式テレビポータルサイトTVerおよび各放送局による民放地上波TV見逃し配信を対象としたPMP(Private Market Place)「T-Camp」の運用を開始いたしましたのでお知らせいたします。


本サービスは、動画広告市場の中で、コンテンツの品質や安全性、視聴環境など“視聴の質”において優れた競争力を持つ民放地上波TV見逃し配信(キャッチアップサービス)を対象に、枠指定で配信する従来の取引とは別に、ターゲットとする「人」を指定してプログラマティックに広告を配信するものです。


運用においては、当社が株主として参画するData Chemistry社の有するDMP(Data Management Platform)「DC Catalyzer」との連携により、デモグラフィックや興味関心領域に限らず、オンライン広告や民放地上波TV(番組・CM)との接触状況に基づく精緻なターゲティング配信が可能です。さらに、広告主様のデータ、位置情報データなどと連携することにより、広告主様の課題に応じた独自のターゲティング配信を行います。



■商品特性

・運用型インストリーム動画広告(DMPを活用したターゲティング配信)

・掲出先メディア:民放地上波見逃し配信コンテンツ

 (ポータルサイトTVer、日テレ無料TADA!、テレ朝キャッチアップ、

 TBS FREE、ネットもテレ東、FOD見逃し無料、ytv MyDo!、MBS動画イズム、

 カンテレドーガなど)

※TVerでの広告配信には朝日放送テレビ・コンテンツも含みます。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。