落語文化がドイツへ渡る!三遊亭兼好、渡独公演開催!落語を知ら...

落語文化がドイツへ渡る! 三遊亭兼好、渡独公演開催! 落語を知らない方にも、江戸文化・落語の仕草を丁寧に解説

~ 7月1日-11日 ドイツの5会場で公演 ~

2011年7月1日から11日にかけ、日独交流150周年行事の一つの行事として、ドイツにて、三遊亭兼好海外公演を開催いたします。

10日間に渡る公演事業は、三遊亭兼好のドイツ人ファン、クララ単独によって計画し、実行されます。


首都のベルリンではドイツの人気作家のウラジーミル・カミーナ先生との二人会をおこないます。カミ―ナ先生は10年前にデビューして以来、10冊以上のベストセラーを出版し、ドイツのあらゆるおかしな出来事や妙な習慣を短編小説で描写します。その他、小説家、DJ、ラジオパーソナリティ、テレビ司会者として幅広く活躍されています。カミ―ナ先生は落語のことを知らず、今回は兼好師匠への当て書き(※)として脚本を書いて頂きました。

※当て書き:あらかじめ出演者を想定して脚本を書くこと

ボン、デュッセルドルフ、それからオーストリアのウィーンでは現地の日本学科の教授方の協力を頂き、大学の講義室で落語会を開きます。ドイツ・オーストリアの日本学科に入学する若者の多くはアニメやマンガという日本文化に興味を持っていても、落語にふれることはおそらくはじめてでしょう。

落語は身体的動作または舞台装置等といった視覚的要素がなく、それから歴史的、文化的背景の知識を求めているため、海外公演に向かないと思われがちです。そこで、ドイツ及びオーストリアでの公演は、ドイツ語の字幕付きでおこない、また、江戸文化、日本の歴史はパワーポイントを通じて説明します。さらに、落語ならではの仕草も噺に入る前に説明するため、日本の文化や落語の事は全く分からない人にも楽しめます。

両国の政治家がかたい挨拶を交わしたり、日独の学者が真面目に討論をしたりするのと同時に、ユーモアが両国の人の心の琴線に触れ、絆を強化することを祈っております。

*本事業は独立行政法人国際交流基金より助成を頂いております。


【三遊亭(さんゆうてい)兼好(けんこう)について】
・生年月日:1970年1月11日
・出身地 :福島県会津若松市
・最終学歴:二松学舎大学文学部国文学科卒
・芸歴  :サラリーマン等を経て1998年8月、妻子がありながら28歳で
      三遊亭好楽に入門。
      前座名は好作。

2002年3月    二ツ目に昇進して、好二郎と改名。
2002年10月    NHK新人演芸大賞出演
2003年10月    NHK新人演芸大賞出演
2004年2月    第1回 車力寄席グランドチャンピオン大会落語部門賞受賞
2005年7月    フジ「笑っていいとも!」出演
2006年      「にっかん飛切落語会」若手落語家表彰努力賞受賞
2007年      「にっかん飛切落語会」若手落語家表彰努力賞受賞
2007年12月    「にっかん飛切落語会」奨励賞受賞
2008年      林家彦六賞受賞
2008年9月    真打に昇進して、兼好に改名
2010年      国立演芸場花形演芸会平成21年度銀賞受賞
2011年      国立演芸場花形演芸会平成22年度金賞受賞

その他、テレビ・新聞他マスコミ登場多数


【三遊亭兼好ドイツ(undオーストリア)公演】
■7月2日(土)  ウィーン公演
開演 : 11時
会場 : University of Vienna, Department of East Asian Studies, Campus AAKH, Hof 2 (ウィーン、オーストリア)
主催者: University of Vienna
担当 : Mr.Bernhard Seidl (サイドル先生)
電話 : +43(0)1-4277-43801 (日本語可)
メール: bernhard.seidl@univie.ac.at (日本語可)
木戸銭: 入場無料

■7月4日(月)  ベルリン公演「Rakugo trifft Literatur」
        ドイツ人気作家カミーナ先生との二人会
開演 :18時30分
会場 :Heilig-Geist-Kapelle in der Wirtschaftswissenschaftlichen Fakultaet der Humboldt-Universitaet zu Berlin, Spandauer Strasse 1, 10178 Berlin (ベルリン、ドイツ)
主催者: Mori Ogai-Gedenkstaette, Luisenstrasse 39, 10117 Berlin
担当 : Ms. Beate Wonde (ヴォンデ副館長)
メール: beate.wonde@rz.hu-berlin.de (日本語可)
電話 : +49-30-282-6097(日本語可)
木戸銭: 入場無料
(募金箱は設置いたします。寄付された全額は復興支援に寄付致します。)

■7月6日(水)  ボン公演
開演 :18時
会場 :Universitaet Bonn、会場未発表 (ボン、ドイツ)
主催者:Universitaet Bonn、Seminar fuer Orientalische Sprachen, Nassestr. 2
    53113 Bonn (ボン、ドイツ)
担当 :Prof. Dr. Kay Genenz(ゲネンツ先生)
電話 :+49-(0)228 73-8415(日本語可)
木戸銭:入場無料

■7月8日(金)  デュッセルドルフ公演
       「Rakugo-Vortrag und Vorfuehrung mit dem japanischen Erzaehlkuenstler San'yutei Kenko」
開演 :14時30分
会場 :Heinrich-Heine-Universitaet Duesseldorf, Hoersaal 2C(デュッセルドルフ、ドイツ)
主催者:Institut fuer Modernes Japan, Heinrich-Heine-Universitaet Duesseldorf, Universitaetsstrasse 1, 40225 Duesseldorf
担当 :Ms. Elisabeth Scherer(シェラー先生)
電話 :+49-(0)211/81-13251(日本語可)
木戸銭:入場無料

■7月9日(土)  デュッセルドルフ公演
昼の部、開演 13時 (ドイツ語字幕つき)
夜の部、開演 19時 (字幕無し)
会場 :Hotel Nikko Duesseldorf, Immermannstrasse 41, 40210 Duesseldorf(デュッセルドルフ、ドイツ)
主催者:Hotel Nikko Duesseldorf
担当 :福井 朋也様(ふくい ともや)
電話 :+49-(0)211 834-0(日本語可)
木戸銭:30ユーロ


Twitterアカウント:@todoku2011
Facebook: http://www.facebook.com/pages/Sanyutei-Kenko-Deutschlandtour/123747357703405

カテゴリ:
告知・募集
ジャンル:
その他エンタメ
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。