ベビースターの都市型テーマパーク『リトルおやつタウンNamb...

ベビースターの都市型テーマパーク 『リトルおやつタウンNamba』が 2020年7月下旬に「なんばパークス」にオープン!!

2019年7月20日に三重県津市で開業し、開業43日目で入園者数10万人を超えたファミリーに大人気のベビースター工場一体型テーマパーク「おやつタウン」が新たに、都市型テーマパーク「リトルおやつタウンNamba」として2020年7月下旬に南海電鉄(社長:遠北 光彦)が経営する商業施設「なんばパークス」(大阪市浪速区)にオープンします。


外観イメージ


「リトルおやつタウンNamba」では、世界にひとつだけのベビースターラーメンづくりなどが楽しめる体験コーナーや最新のデジタルコンテンツを駆使したアミューズメントエリア、ベビースターを使用したユニークな料理を味わえるビュッフェ形式のフードエリア、オリジナルのお土産コーナーなど小さなお子さまをお連れのファミリーに楽しんでいただけるコンテンツをご提供します。



■リトルおやつタウン概要■

施設名称 :リトルおやつタウンNamba

広さ   :367坪

所在地  :大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス7階

最寄り駅 :南海電鉄「なんば駅」中央口・南口直結

      地下鉄御堂筋線「なんば駅」南南改札(出口専用)より徒歩約7分

      近鉄難波線(奈良線)「大阪難波駅」東改札口より徒歩約9分

営業時間 :11:00~21:00(予定)

営業日  :なんばパークスに準ずる

駐車場  :あり(平日200円/30分<平日最大1,000円>・土日祝400円/30分)



■開業日■

2020年7月下旬(予定)



■料金■

入場料:無料

※各コンテンツ(アミューズメントエリア、体験コーナー、フード)は別料金



■主なコンテンツ紹介■

【体験コーナー】

オリジナルのベビースターラーメンやふりかけ作りなどを体験していただけます。手作り体験を通して、参加者同士の会話の創出はもちろん、自分だけのベビースターラーメンと一緒に思い出を持ち帰っていただくことが可能です。



体験コーナーイメージ

【アミューズメントエリア】

小さなお子さまから大人まで誰もが楽しめるアミューズメントエリアには、映像や音に合わせて体を動かして遊ぶ、デジタルコンテンツを多数用意しています。


アミューズメントエリアイメージ


【フードエリア】

「おやつタウン」で大人気のカレーをはじめ、ベビースターを盛り込んだユニークな料理やスイーツ、ディナータイムにはアルコールとの相性抜群のおつまみなど多彩なメニューを楽しんでいただけます。

ご家族や友人と弾む会話をぜひお楽しみ下さい。


フードエリアイメージ


※画像はすべてイメージです。

※「ベビースター」「ホシオくん」「ブタメン」は株式会社おやつカンパニーの登録商標です。



<株式会社おやつタウン>

2015年9月設立。「たっぷりたのしい夢としあわせの提供」を企業理念とし、株式会社おやつカンパニーが保有するコンテンツを活用したエンターテインメント施設の企画運営を事業内容としています。代表取締役 松田 好旦は1948年の創業以来、ベビースターラーメンをはじめとしたスナック菓子・即席ラーメンを提供する株式会社おやつカンパニーの会長でもあります。


代表者    : 代表取締役 松田 好旦

所在地    : 三重県津市森町1945-11

資本金    : 3,000万円

従業員    : 210人(2020年1月現在)

設立日    : 2015年9月25日

おやつタウンHP: http://oyatsu.town/

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。