笠置町 木津川の河川敷を利活用するための社会実験を実施 集客...

笠置町 木津川の河川敷を利活用するための社会実験を実施  集客イベントの開催など活動を行う民間事業者を募集

笠置町木津川河川空間活用協議会(笠置町・国土交通省 淀川河川事務所・京都府・町内経済団体・地域住民で組織)では、2020年10月の河川オープン化を目的として、木津川の河川敷を利活用するための社会実験を実施します。

社会実験では、笠置大橋下流側の河川敷において、食材、飲食物の販売や物販を伴う集客イベントの開催などが可能です。

社会実験の趣旨に賛同し、笠置町の活性化に寄与する活動を行う民間事業者を募集しています。



笠置キャンプ場


◆募集期間

令和元年11月11日(月)~令和2年4月30日(木)(予定)



◆応募資格

社会実験の趣旨に合った活動を実施し、かつ、使用条件等を遵守できる者。



◆提出先

笠置町役場 商工観光課

※実験内容や申請等に関する事前相談、問い合わせを随時受け付けております。



◆募集要領、参加申請書(様式)は以下のホームページからダウンロードできます。

https://www.town.kasagi.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=812

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。