新ブランド “ SHIPS any ”〈シップス エニィ〉2020年、春デビュー

株式会社シップス(代表取締役社:三浦 義哲、東京都中央区)が、新ブランド“SHIPS any〈シップス エニィ〉”を2020年の1月17日(金)よりEC予約スタート、2月中旬より店舗オープンいたします。シップスが永く培ってきたDNAを引き継ぎながら、自分らしいスタイルを持つオトナからコドモに向けた、手頃な価格帯でカジュアルからビジネスウェアを展開いたします。

 「SHIPS〈シップス〉」は1952年より東京・上野のアメヤ横丁(アメ横)にて米軍放出品を販売していた三浦商店が発祥です。1970年代よりアメリカから直輸入品の取り扱い、ミウラ&サンズのオープンを経て1977年シップスの1号店を銀座にオープンしたところから、セレクトショップ及びオリジナルブランドの「SHIPS」がスタートしました。「SHIPS」は名前の通り「船」を指しています。その船には新しいことへの挑戦、未知なるものへの憧れというメッセージと、船で世界中を回り良いモノを集めてくるという意味のシッピングにも由来しています。国内外ブランドのセレクトとオリジナル商品で提言するスタイルは、私たちがこれまで確立してきた 「Stylish Standard」 というコンセプトに適うアイテムたちを柱に、お客様との出会いを大切にして参りました。

■SHIPS any コンセプト
 新たにデビューする “ SHIPS any 〈シップス エニィ〉” は、気のむくままに衣服を楽しめて、自分らしい何かがみつかる、“どんな人にも、どんな場所にも、どんな時にも” 似合う服がブランドのコンセプトです。

■SHIPS any Standard
コドモからオトナまで楽しめる“ SHIPS any Standard〈シップス エニィ スタンダード〉” は、ワードローブのサイズを自由に選んで、家族や恋人とシェアしたり、友達や親子とお揃いにしたりと、誰かとの毎日を楽しく過ごすためのワードローブです。オリジナル商品は日常の生活を快適に過ごして頂ける機能や、洗濯やお手入れの手間が省けるイージーケアもブランドの魅力です。

■少しのいいこと
また地球・社会や暮らしに優しい取り組み “SHIPS any少しのいいこと” は、環境に配慮した衣服やハンガーの採用、ショッパーやプライスタグにFCS認定紙を使用するなど、小さなことでも何か出来ることからを
歩き出します。生活雑貨もサスティナビリティで衣類と人にやさしいラインナップをセレクト。
シップスの二隻目の船となり出帆してまいります。


お問い合わせ先 03-5159-6055
SHIPS any プレス担当者宛
カテゴリ:
サービス
ジャンル:
ファッション・アパレル

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。