JFEシステムズ、SAPユーザ向け経営分析テンプレート「KP...

JFEシステムズ、SAPユーザ向け経営分析テンプレート 「KPIMart(R)」の最新版として ROIC経営管理に対応した「KPIMart(R) ROIC Model」を開発、 2020年年初から販売開始

JFEシステムズ株式会社(東証二部 4832、本社:東京都港区、代表取締役社長:西崎 宏、以下 JFEシステムズ)は、自社開発のSAPユーザ向け経営分析テンプレート「KPIMart(R)(ケイピーアイマート)」の最新版として、ROIC(Return On Invested Capital:投下資本利益率)経営管理に対応した「KPIMart(R) ROIC Model」を2020年年初から販売開始します。


KPIMart(R)は、BIツール「SAP(R) BusinessObjects(TM)」をベースにSAP(R) ERPのデータ構造を前提に定義した経営分析向けテンプレートとして2009年に販売開始し、以降バージョンアップを重ね2019年6月にはSAP S/4HANA(R)対応版をリリースしました。

更に今回、2018年のコーポレートガバナンス・コード一部改定で注目されている「ROIC経営」を実現するための機能として、データウェアハウスにインメモリデータプラットフォーム「SAP HANA(R)」を採用したKPIMart(R) ROIC Modelを開発中です。


KPIMart(R) ROIC Modelは、管理会計向けにSAP S/4HANA(R)のB/SデータをSAP HANA(R)のインメモリ上で高速に事業別に分割します。更にROICと成長性をクロスした「ROICポートフォーリオ」を経営ダッシュボードとして提供し、S&OPの評価や事業投資の意思決定を支援します。


KPIMart(R)機能概念図


・ROIC経営管理モデル「KPIMart(R) ROIC Model」の紹介ページ

https://www.jfe-systems.com/products/businessobjects/kpimart_roic_model.html



【KPIMart(R) BASIC 標準価格(ノンカスタマイズ)】

1) KPIMart(R) BASIC ソフトウェアライセンス   :7,000,000円(税抜)

2) KPIMart(R) ROIC Model ソフトウェアライセンス:2020年年初発表予定

3) SAP(R) BusinessObjects(TM)ソフトウェアライセンス

  (BI,Edge edition user:1名/CS:5 Concurrent sessions):3,300,000円(税抜)

4) 導入費用(90日導入テンプレート):9,600,000円(税抜)


詳細は2020年年初リリースでお知らせする予定です。



【JFEシステムズについて】 https://www.jfe-systems.com/

鉄鋼業界でのシステム構築・運用で培った企画力と技術力を活かし、多彩なITサービスをお客様に提供しています。製造業をはじめ、金融・流通などさまざまな分野のお客様に向け、システムインテグレーション、アウトソーシング、パッケージ提供などの事業を展開しています。


・JFEシステムズは、SAPが認定する「SAP ゴールドパートナー」企業です。

・「KPIMart(R)」は、JFEシステムズの登録商標です。

・SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報