東海地方の基幹工場、袋井工場が竣工

生産効率の向上とITイノベーション事業の強化を推進

 デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、静岡県袋井市の豊沢工業団地に、東海地方の新たな製造拠点、「トッパン・フォームズ株式会社 トッパン・フォームズ東海株式会社袋井工場」(以下袋井工場)を本日10月31日に竣工しました。本工場はトッパンフォームズグループ最大級の製造拠点となります。袋井工場では、トッパン・フォームズ東海株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:鈴木  進)の静岡県内の製造3拠点(静岡工場、メディア工場、浜松工場)の集約と川本工場、名古屋工場のビジネスフォーム製造機能の移管をすることで、ビジネスフォームの生産効率の向上と、今後の成長が期待されるカード製品やICタグ・ラベルなどのIoT関連製品の生産体制の拡大・増強につなげます。それに加えて袋井工場では、東海エリアのお客さまを中心に、今までお客様が自社で処理をしていたプリント関連業務の一括受託も可能になります。

 さらに、グループ会社のトッパン・フォームズ・サービス株式会社(本社:埼玉県所沢市、代表取締役社長:栗原  潔)と共同で袋井工場内に物流センターを併設。ドライバー不足に対応した長距離輸送の改善、積載効率向上など、トッパンフォームズグループ全体の物流網の効率化を実現します。

 また、袋井工場ではトッパンフォームズグループにおいて初めて従業員向けの託児所を併設します。働き方改革が求められる現在、本工場においても、子育て世代含め従業員の働きやすい労働環境の整備に取り組みます。


 トッパンフォームズグループは持続的な成長を実現していくために、競争力強化のための事業投資やITを活用した高付加価値で収益性の高い新サービス・新事業の展開を加速させるとともに、さらなる製造拠点の集約や当社グループの再編、人員配置の最適化を含めた構造改革を推し進め、企業価値の向上を図っています。

 この取り組みの一環として袋井工場の新設やそれに伴う製造拠点・機能の集約を実施し、グループ全体の経営資源の有効活用や経営の効率化を進め、経営基盤のさらなる強化を進めてまいります。

 

【袋井工場の特徴】

1.マーケットニーズの高いカード製品や、成長が期待されるICタグ・ラベルなどIoT関連製品の生産規模拡大、生産体制増強    

2.製造拠点・機能の集約により、ビジネスフォームの生産効率を向上    

3.物流センターの併設により効率的な物流体制の構築    

4.静脈認証やフラッパーゲートなど高度なセキュリティ環境を構築    

5.従業員向けの託児所を併設し、労働環境を改善    

6.強固な地盤や高い海抜など災害に強い立地で事業継続性を確保    

 

【袋井工場の概要】

工場名:トッパン・フォームズ株式会社 トッパン・フォームズ東海株式会社 袋井工場

所在地:静岡県袋井市豊沢2228番地の1

敷地面積:約77,073平方メートル(約23,315坪)

延床面積:約48,122平方メートル(約14,557坪)

建物構造:地上4階建て ハイブリット構造(柱:鉄筋 梁:鉄骨)

竣工日:2019年10月31日


以上


【参考情報】

■トッパン・フォームズ東海株式会社について

会社名:トッパン・フォームズ東海株式会社

本社所在地:静岡県浜松市東区龍光町2番地の101 ※2020年3月に袋井工場内へ移転。

設立:1977年1月

代表者:代表取締役社長 鈴木 進

事業内容:ビジネスフォーム製造、データ・プリント・サービス、カード製造・発行受託、ICタグ・ICラベル製造

 

■トッパン・フォームズ・サービス株式会社について

会社名:トッパン・フォームズ・サービス株式会社

本社所在地:埼玉県所沢市南永井627番地の4

設立:1998年10月

代表者:代表取締役社長 栗原 潔

事業内容:保管・荷役事業、物流加工事業、輸送事業、サービス事業


※「デジタルハイブリッド」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。  

プレスリリースロゴ画像

プレスリリース添付資料

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
ビジネス全般 社会(国内)
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報