実践的なSNS活用のスキルを持った人材育成サービス【SNS ...

実践的なSNS活用のスキルを持った 人材育成サービス【SNS school】リリース

SNSを活用したwebマーケティングのプロ集団 株式会社BES(東京都港区赤坂、代表:田中 千晶)は、中小企業の深刻なweb担当者不足問題や、成果に繋がりにくいSNS運用に関する問題を解消するため、ハイレベルなweb担当者を社内で育成するサービス「SNS school(SNSスクール)」の提供を開始しました。


トップ


詳細URL: https://snsschool.jp/



◆SNS schoolサービス概要

SNS schoolはweb・SNS担当者のための育成サービスです。コンテンツ制作やキャンペーン企画、効果的な広告ディレクションなど、12ヶ月間のプログラムによって実践的なソーシャルメディア活用スキルを持った人材を育成します。月2回(2時間/1回)講義・オフラインサポート・オンライン教材の完全サポート体制で確実なweb・SNS担当者の育成支援を実施します。


サービス概要1



◆社内web担当者の育成が必要な理由

(1)消費者が企業の思いや背景を重視するようになった近年では、自社の理念・風土を理解し、最適な運用のできる担当者が必要不可欠です。


(2)外注先と自社とで理解が食い違い、すり合わせで時間がかかる場合も。そういったすれ違いの回避や、連携や管理の仕方を整える必要があります。


(3)ユーザーが面白い・共感できるコンテンツを上手く発信し、低予算でも企業の商品やサービスのファンになってもらい、リピートしてもらえる仕組みづくりが必要です。



◆6ヵ月間の育成フロー

1~2ヵ月 広告とSNSの基礎/運用

3~4ヵ月 コンテンツ企画/作成

5~6ヵ月 炎上対策/分析と改善+苦手箇所の強化

※最終月にはオプションで、講師からコンサルティングを受けることも可能です



◆得られるスキル

コンテンツ:写真/動画/テキストの制作

キャンペーン:店舗連動型キャンペーン/フォロワーの増やし方

コミュニケーション:Instagramストーリーズ/DM/コメント/UGC活用

炎上防止/対策:炎上パターン/炎上回避/炎上後の適切な対策

広告ディレクション:ターゲティング設定/分析/改善


コンテンツ企画力・検証/分析力・コミュニケーション力・継続力がバランスよく身につきます。



◆コンサルティングや運用代行との違い

サービス概要3



◆大幅なコストカットを実現

サービス概要2



◆解決される課題

▼責任者様

・効率的なweb担当者の育成/レベルアップ方法がわからない

・高レベルな人材を採用したいけど、予算をあまり掛けられない

・自社に合うweb担当者を確保したい

・数年後までには外注費用を削減したい

・高額な予算を掛けなくても集客に困らない体制を作りたい


▼web担当者様

・経験がなくweb担当に配属になったので、何から始めれば良いのかわからない

・SNS活用の基本について改めておさらいしたい

・SNSのネタ探しや投稿管理に苦手意識がある

・運用し続けてもなかなか成果につながらない

・質の高いファンやフォロワーを増やしたい

・集客の安定や売上アップにつながるSNSの活用法が知りたい

・狙いたいターゲットに最適なアプローチの方法がわからない

・データの分析や活用の仕方がわからない

・SNSをクチコミ収集や顧客満足度向上に活用したい

・膨大な広告費をかけているのに、なかなか成果に繋がらない



◆サービス開始までの流れ

(1)お問い合わせ:ご契約お伺いする日程調整後、御社に伺います。

(2)ヒアリング:ご契約から2週間以内

(3)カリキュラムご提案:ヒアリングから5営業日以内

(4)方針決定:カリキュラム内容のご提案後、2週間以内

(5)サポート開始:ご契約から最短1ヶ月でサポート開始が可能。



◆受講概要

内容:月2回(2時間/1回)講義・オフラインサポート・オンライン教材

費用:月額プログラム料金(初期費用無料+30万円~)



◆株式会社BESとは

株式会社BESは、SNSを活用したwebマーケティング会社です。webサイトやSNSのコンサルティングをはじめ、セミナーや研修といった事業を展開しています。有名アーティストやプロスポーツ選手、上場企業など、SNSのグロースハックに貢献して参りました。



◆会社概要

企業名      : 株式会社BES(ビーイーエス)

所在地      : 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目14-11

サービスHP    : https://snsschool.jp/

コーポレートページ: http://bes-japan.jp/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「195770」を
担当にお伝えください。