Tintri by DDN、経営幹部チームを拡大  DDNによる買収により投資力が強化され、3四半期連続で成長

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ロベルト・トリンドル)は、仮想化環境向けインテリジェントインフラストラクチャのプロバイダーであるTintri by DDN(米カリフォルニア州、以下 Tintri)が、インテリジェントインフラストラクチャに数百万ドル規模の投資を継続する大規模なエンタープライズ顧客における製品導入を増加し、3四半期連続で大きな成長を遂げたことを発表しました。また、これを受けて、経営幹部チームをさらに強化し、アナンド・ガトネカール(Anand Ghatnekar)をエンジニアリング担当副社長、マリオ・ブランディーニ(Mario Blandini)を最高マーケティング責任者(CMO)兼チーフエバンジェリストとしてそれぞれ任命しました。



Tintri by DDNのジェネラルマネジャー兼 フィールドオペレーション担当シニアバイスプレジデントであるトム・エラリー(Tom Ellery)は次のように話します。「当社は強固な基盤の提供から拡大し、現在はTintri by DDNのエクスペリエンスをエンタープライズデータセンターにもたらしており、このような進歩を嬉しく思います。私たちの戦略は、成長を続けて人員と技術にさらに投資し、お客様の自動化と分析の価値をさらに高めることです。新しく就任したアナンドとマリオはそれぞれ、これまでのリーダーシップと成功の実績を活かして、イノベーションを加速させ、組織の価値を拡大してくれるでしょう」


ガトネカールは当社に移籍する以前に、エンジニアリング部門のリーダーや開発者として30年近くのキャリアを積み上げてきました。エンジニアリング担当副社長として、Tintri by DDNにおけるイノベーションの実現を推進するべく、エンジニアリングの戦略、計画、実行を主導する役割を担います。グローバルな新興企業と大手テクノロジーベンダーの両方でソフトウェア製品の研究開発業務を統率してきた彼の豊富な経験によって、継続的な拡大が促進されることでしょう。ガトネカールはこれまで、電気通信、情報セキュリティ、プライマリ/セカンダリストレージテクノロジーの各分野で最先端のエンタープライズ向けソフトウェア製品およびソリューションを手掛けてきました。


ガトネカールは次のように抱負を述べています。「お客様が第一です。Tintri by DDNは常に、お客様を相手に当社ならではのフレンドリーな対話を続けてきていますし、イノベーションとシンプルさには定評があります。データセンターにおいては、自動化とアナリティクスの最先端を前進させる非常に大きな可能性があると私は確信しています。次世代アーキテクチャのさらなるイノベーションに参加できるのはとても嬉しいことです」


Tintri by DDNの製品管理担当シニアディレクターを務めるトマー・ハガイは次のように述べています。

「Tintriは、長期にわたり、仮想化アプリケーションに関する強力なインサイトを提供してきました。これにより顧客は、こうしたアプリケーションの性能保証を容易に行えるようになりました。顧客の間には、自社のデータベースでこのような機能を使用したいという熱い要望がありましたので、その期待に沿うことができ、大変うれしく思います。」


一方、ブランディーニは、IT、ネットワーキング、SaaS、クラウドデータセンターの各分野で20年以上マーケティングに従事してきました。CMOおよびチーフエバンジェリストとして、Tintri by DDNの組織における市場参入戦略と認知度向上プログラムを推進していきます。彼はこれまで、さまざまな市場にサービスを提供しているベンチャー支援および公共のストレージテクノロジー企業で、マーケティング、製品、技術、ソリューション販売の上級職に就いていました。ブランディーニのキャリアの始まりは米国海兵隊で、ITシステムを専門として6年間勤務していました。


ブランディーニは次のように話します。「エバンジェリストとして私たちの技術を広めていくにあたって、特に嬉しく思うのは、Tintri by DDNが当初から他社とは違い、私たちのソリューションから日々価値を生み出している組織の人々に愛されていることです。経験は何よりも重要です。私たちは、エンタープライズITのステークホルダーが、彼らとその上流開発チーム、そして顧客にとって最も重要なものは何かに基づいて、インテリジェントインフラストラクチャを選択できるよう支援していきます。そうしたことに取り組むチームの一員になることをとても楽しみにしています」


※2019年9月17日発表の本社プレスリリースを以下でご覧いただけます。

https://www.tintri.com/news/tintri-ddn-expands-executive-leadership-team



■Tintri by DDNについて

https://tintri.co.jp/

Tintri by DDNのイノベーションは仮想化環境において優れた成果をもたらします。

Tintriの仮想化向けインテリジェントインフラストラクチャは学習機能を備えており、自動化とアナリティクスで他社にはないエクスペリエンスをもたらし、仮想マシンの運用を大幅に簡素化します。何千もの組織が自動化を利用して計画や管理の作業を排除するためにTintriを選び、数百万もの管理時間を削減しました。スナップショット、レプリケーション、QoSなどのインフラストラクチャ機能を、VMレベルのアクションで独自に制御することで、実稼働環境での保護とパフォーマンスが確保され、テストと開発のサイクルが加速されます。さらに、アナリティクスで得られる環境全体のインサイトや計画の精度が向上するため、企業は自らのリソースへの投資をさらに積み重ねてアプリケーションの規模と価値を高めることができます。Chevron、Comcast、UnitedHealthcareなど機動力のある組織や、Fortune 100に選ばれた企業の20%が、Tintri by DDNのインテリジェントインフラストラクチャを選択し、その価値を利用してサーバー仮想化、VDI、DevOpsを強化しています。DataDirect Networks(DDN)が2018年8月にTintriを買収し、同年9月からTintri by DDNとしてDDNテクノロジーブランドファミリーの一員となりました。



■DDNについて

https://ddn.co.jp/

DDN(DataDirect Networks)は、世界最大規模のプライベートストレージ企業です。DDNは、マルチクラウド環境での柔軟なシステム導入を実現するデータマネージメントソリューションに関して、使いやすさ、堅牢性、スケーラビリティの向上を図っています。また、テクノロジー面でのブランドであるDDNファミリーは、顧客が分散して配置している複雑な形式のデータから、インサイトを迅速に引き出し、最大限の価値を生み出します。DDNの製品およびサービスは、最近急増しているAI、IoT、マルチクラウド、ビッグデータ、ストリーミングなど負荷の高いさまざまなワークロードを大規模環境で実行する際の理想的な選択肢です。DDNは20年以上の時間をかけて、データマネージメントプロバイダーとしての地位を確立し、5,000を超える大企業、政府機関、公共機関の顧客から選ばれる存在となりました。株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパンはDDNの日本法人・100%子会社です。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報