第2回「隣の芝生(企業)は青い」調査 若手ほど他社を羨み転職...

第2回「隣の芝生(企業)は青い」調査  若手ほど他社を羨み転職を希望

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、第2回「隣の芝生(企業)は青い」調査結果を発表いたしました。



[調査結果]

(1)20代が最も羨望率高い

調査対象者1,000名に対し「知人や友人の勤め先に対する羨望の有無」を調査したところ、「羨ましいと感じたことがある」(回答率41.9%)が「羨ましいと感じたことはない」(同58.1%)を下回りました。前回調査との比較では「羨ましいと感じたことがある」の回答率が5.8ポイント減少する結果となりました。


「羨ましいと感じたことがある」と回答した内訳を「性別」、「婚姻」、「年齢」、「職業」、「年収」ごとに集計したところ、男女別では「男性」(回答率37.8%)よりも「女性」(同46.0%)、婚姻状況別では「既婚者」(同40.5%)よりも「未婚者」(同42.8%)の回答率が高い結果となりました。年齢別では「20代」(同48.5%)が最も高い回答率となり、年齢層が高くなるにつれて回答率が減少しました。


一方、「羨ましいと感じたことがない」との回答率としては、職業別では「無職」(同79.2%)、「公務員」(同65.5%)、年収別では「1,000万円~1,500万円」(同69.4%)、「1,500万円以上」(同62.5%)の高収入層において、高い結果となりました。(図表A)


図表A_知人・友人の仕事に対する羨望度_年齢・年収別


▼図表A_知人・友人の仕事に対する羨望度_年齢・年収別

https://www.atpress.ne.jp/releases/194342/img_194342_1.png


(2)トヨタ自動車は連続トップ!

知人・友人の勤め先を羨ましいと感じている人に対して「羨ましいと思う企業名」を調査したところ、1位「国家公務員」(回答率19.5%)、2位「地方公務員」(同18.9%)、3位「トヨタ自動車」(同6.5%)、4位「パナソニック」、「三菱商事」(同2.1%)となりました。


第1回「隣の芝生(企業)は青い企業ランキング」の結果と比較したところ、前回調査に続いて1位「国家公務員」、2位「地方公務員」となっており、公務員に対する羨望度の高さがうかがえます。事業会社の中では「トヨタ自動車」(同6.5%)が前回調査に続いて1位となりました。


前回調査からの順位変動が大きい企業としては、6位「伊藤忠商事」(前回41位)、9位「富士フイルム」(同41位)、16位「ソフトバンク」(同41位)のランクアップが目立ちます。一方、8位「ソニー」(同5位)は前回からランクダウンし、「富士通」(前回8位→今回44位)、「キヤノン」(前回9位→今回44位)などがトップ20圏外となりました。(図表B)


▼図表B_ベスト20

https://www.atpress.ne.jp/releases/194342/img_194342_2.png


(3)羨ましいと思うポイントはやはり「給料」

知人・友人が勤める企業について羨ましいと感じる理由を調査したところ、「給料が高い」(回答率56.3%)が最も多く、次いで「福利厚生が充実している」(同45.1%)、「安定性がある」(同40.3%)、「知名度が高い」(同25.3%)の順となりました。


羨ましいと感じるポイントについて性別、年代別、年収別に調査したところ、性別ではランキングに大きな差はなく、女性において「福利厚生が充実している」、「安定性がある」の回答率の高さが目立ちました。年代別でも1位はすべて「給料が高い」であり、上位3項目に変化はなく、総じて老若男女問わず、給料が高く、福利厚生が充実し、会社が安定している点を羨ましいと感じているという結果となりました。(図表C)


また、羨ましいと思うポイントを年収別に集計したところ「1,000万円~1,500万円」と「1,500万円以上」の高収入層において、「福利厚生が充実している」が上位3項目に入らず、「残業が少ない」との回答率が他の年収層よりも高い結果となりました。(図表D)


▼図表C_羨ましいと感じるポイント(性別・年齢別)

https://www.atpress.ne.jp/releases/194342/img_194342_3.png

▼図表D_羨ましいと感じるポイント(年収別)

https://www.atpress.ne.jp/releases/194342/img_194342_4.png


[総評]

自分のものより他人のものの方が良く見えるということの例えとして「隣の芝生は青く見える」と表現されます。本アンケートは自身の勤め先と知人・友人の勤め先を比較して、どれほど「隣の芝生(企業)が青く見えているか」を調査したものです。


今回の調査によれば、約4割が知人や友人の勤め先について羨ましいと感じたことがあり、男性よりも女性、そして年齢層が低くなるほど、羨ましいと感じやすいという結果となりました。


羨ましいと感じる理由では「給料が高い」ことや「福利厚生が充実している」、「安定性がある」が上位となりました。羨ましいと感じる企業名の回答上位に、給料が高く福利厚生が充実しているイメージが強い「大企業(上場)」のトヨタ自動車やパナソニック、「安定性」の代名詞である公務員がランクインしていることからも、羨ましいと思われている具体的な企業のイメージがうかがえます。


一方、「羨ましいと感じている企業に転職したいか」との質問に対しては、約半数が「転職したくない」と回答しています。理由としては「残業が少ない」、「職場から自宅が近い」、「転勤がない」など「今の職場における働き方の維持」を重視した回答が目立ちました。(図表E、図表F)


羨ましいと感じる理由のトップは性別、年齢、年収にかかわらず「給料が高い」であったことを考慮すると、高い給料は羨ましく感じているものの、それに伴う働き方の大幅な変化は望んでいない人が多いと言えそうです。


「隣の芝生は青く見える」とは隣の家の事情を良く知らないが故に自身の環境よりも良い環境にあるように見えることを指している言葉でもあり、今回の調査によれば社会人経験の浅い若手ほど隣の芝生が青く見えやすく、転職による働き方の変化も厭わないと考えていると言えます。


一方、年齢を重ねるほど隣の芝生が青く見えなくなるということは、社会人経験の中で「どんな会社であっても、それぞれ問題や不満がある」ということが理解できるようになっていくということではないでしょうか。


とは言え周りに羨ましがられる職場に勤めているということは非常に誇らしいことであり、「隣の芝生が青く見えている」若手に対して他の会社も大変なのだと諭すのではなく、環境の変化も厭わないバイタリティのある若手が「自社の芝生こそ青いのだ」、「自社の芝生をより青く見えるようにしたい」と思うような努力をする企業が増えていくことを期待します。


▼図表E_羨ましいと感じる企業に転職したいか(性別・年齢別)

https://www.atpress.ne.jp/releases/194342/img_194342_5.png

▼図表F_今の会社に留まりたい理由_性別・年代別

https://www.atpress.ne.jp/releases/194342/img_194342_6.png


※ 本編はダイジェスト版です。詳細な内容は、以下掲載サイトよりご覧いただけます。

http://www.riskmonster.co.jp/rm-research/



[実施概要]

・調査名称 :第2回「隣の芝生(企業)は青い」調査

・調査方法 :インターネット調査

・調査エリア:全国

・調査機関 :2019年7月12日(金)~2019年7月16日(火)

・調査対象者:20~69歳の男女個人1,000人

・有効回収数:1,000サンプル



■リスモン調べとは

リスモンが独自に調査するレポートのことです。これまでリスモンでは企業活動関連の調査として他にも「100年後も生き残ると思う日本企業調査」「環境への配慮が感じられる企業調査」や「この企業に勤める人と結婚したいアンケート調査」などを発表しております。


今後も「企業活動」に関するさまざまな切り口の調査を実施することで、企業格付の更新に役立てていくとともに、情報発信を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでまいります。


掲載サイトはこちら http://www.riskmonster.co.jp/rm-research/



■リスモンの概要(東京証券取引所第二部上場 証券コード:3768)

2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPサービス事業を開始しました。以来、法人会員向けビジネスを要にサービス分野を拡大し、各事業部門・子会社(与信管理サービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービス)ごとに取り扱うサービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。


リスモングループ法人会員数は、2019年6月末時点で12,281(内、与信管理サービス等6,217、ビジネスポータルサイト等3,184、その他2,880)となっております。

ホームページ: https://www.riskmonster.co.jp/

プレスリリース添付資料

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。