「AR」×「IoT」で設備保全業務を革新!! 「Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション」を提供開始

コネクシオ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上 裕雄、以下、コネクシオ)は、世界的な重電メーカーであるシュナイダーエレクトリック社(以下、シュナイダー)の製造現場向けAR*1ソリューション「EcoStruxure Augmented Operator Advisor」と当社のIoTサービスを連携した「Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション」(以下、本ソリューション)を、2019年8月23日より提供開始します。本ソリューションでは、機器の導入支援からARコンテンツ開発、PLCおよびセンサー等とのIoTデータ連携まで実現します。これにより、確実な点検記録とミス防止、設備保全作業全般の効率化、および作業ノウハウの迅速な共有と平準化による効果的な人材育成を実現します。


AR画面操作イメージ


*1:Augmented Reality。拡張現実感。現実世界からの情報を元にデジタル情報を重ね合わせ、視覚的に現実を拡張した表現を可能にする技術。


【参考】シュナイダー「EcoStruxure Augmented Operator Advisor」紹介動画

https://www.proface.com/ja/solution/AR/top



■本ソリューションの特長


関連資料の参照が可能


(1) タブレットをかざすだけで、設備の状態が「見える」

作業者がタブレットのカメラを設備にかざすだけで詳細データやマニュアル、操作ガイドが画面に表示されます。制御盤を開けたり、高所に上ったりせずとも、対象機器内部のデータを確認できるため、点検時間を短縮するとともに作業の安全性を高めます。


(2) ミスを防止し、ノウハウを蓄積できる

操作ガイドを確認しながらステップバイステップで点検作業を進められるため、不慣れな作業者でも作業ミス/記録ミスを防ぐことができます。また、熟練者の手本動画をコンテンツ内に組み込み、その場で参照しながら作業を進めることもできます。


(3) 確実に作業結果を記録し、改ざんを防止

点検アプリは現場をカメラ認識しないと起動しないため、未実施や抜けを防止し、確実に点検項目を記録できます。また、誰がいつどのくらいの時間をかけて点検したか自動的にサーバに記録するため、改ざんもできません。


(4) ペーパーレス

全てのマニュアルをタブレットから参照できるため、紙マニュアルを持ち歩く必要がなくなります。


(5) IoTデータ連携

PLCデータソース(標準機能)に加え、さまざまなセンサーやアナログメーターなどのIoTデータをARサーバに連携することができます。設備保全とIoTデータを連携することにより、異常や故障予兆をIoTデータから判断して作業者に通知することが可能となります。あるいは、点検にて異常を発見した際、関連するIoTデータを同時に記録しておくことで、さまざまな相関関係や因果関係が分析可能となり、根本的な対策が容易となります。このように、これまで頼っていた「現場の勘」を数値化し、予防保全や品質向上につなげることができます。



■コネクシオのIoTソリューションについて

当社は、20年以上の豊富な経験を持つ大手モバイルメーカーの開発部門がバックボーンとなり、現場で培った通信技術経験や知見を、IoTの現場に最適化したサービスとして提供しております。これまでに、特殊車両、自販機、建設機器、農業機器、電力メーターなど多岐に渡る現場を通して、30万台以上の納入実績を有しております。これらの経験は、IoTの現場で起こりうる課題をお客様に寄り添って、ソフトウェアの導入から課題解決までしっかりとサポートすることで、お客様が提供するIoTサービスの根幹を支えています。


名称        : コネクシオ株式会社

本社所在地     : 東京都新宿区西新宿8丁目17番1号

設立        : 1997年8月

代表者       : 代表取締役社長 井上 裕雄

証券コード     : 9422(東証一部)

コーポレートサイト : https://www.conexio.co.jp/

Smart Ready IoT紹介サイト:https://conexio-iot.jp/serviceproduct/smart-ready-iot.html



※このプレスリリースに記載されている会社名および製品名は、各社・各団体の登録商標または商標です。

TMおよび(R)マークは記載していない場合があります。



≪補足資料≫


本ソリューションの全体像


■サービスメニュー

(a) ソリューションプラン

【1】標準プラン

コネクシオが導入コンサルティング、コンテンツ開発(5シーン*1、20POI*2まで)、導入支援までトータルに支援するプラン


【2】ライセンスプラン

お客様自身が開発ツール(ARビルダー、BLUEエディタ)を使用し、ARコンテンツを開発して頂くプラン


*1:シーン

  …確認エリア。タブレットのカメラで映しだす点検エリア。

*2:POI(Point of Interest=確認ポイント)

  …タブレット上に表示され、タップしてデータや操作手順を表示するためのマーカー。


(b) オプションサービス

●Smart Ready IoT ソリューションテンプレート連携機能

 - Smart Ready IoTメーター読み取りテンプレート(アナログメーター読み取り)

 - Smart Ready IoT Wirelessテンプレート(温湿度、照度、CO2、人感、電力センサー連携)

●ARコンテンツ開発サービス(5シーン20POI超過分、コンテンツ追加/修正開発)

●ARトレーニングサービス(ARコンテンツ開発ツール研修サービス)

●タブレット提供

●機器設置・設定支援

●ネットワーク構築および回線提供(Wi-Fi, VPN, LTE回線など)


■価格     :個別見積

■提供開始日  :2019年8月23日

■商品紹介ページ:詳細はウェブサイトをご覧ください。

         https://conexio-iot.jp/serviceproduct/ar-solution.html

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報