総務省事業「災害時における多言語音声翻訳システムの高度化のた...

総務省事業「災害時における多言語音声翻訳システムの 高度化のための研究開発」の実証実験が藤沢市で実施  インバウンド対策翻訳機「KAZUNA eTalk5」も参画決定

TAKUMI JAPAN株式会社(本社:東京都港区)は、東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上福造、以下 NTT東日本)、株式会社みらい翻訳(東京都渋谷区、代表取締役:栄藤稔、以下 みらい翻訳)が神奈川県藤沢市で行う、総務省委託研究開発における多言語音声翻訳プラットフォーム実証実験に、インバウンド対策翻訳機「KAZUNA eTalk5」を提供し、実験に参画することを報告いたします。

この実証実験では、当該研究開発成果を活用して提供される「多言語音声翻訳プラットフォーム」*1を利用した様々な多言語音声翻訳システムを用いて、藤沢市における防災業務を軸とした訪日外国人・在留外国人対応にどのように寄与するか確認します。よって、実証実験に利用されるKAZUNA eTalk5はみらい翻訳の多言語音声翻訳プラットフォームに接続した特別なカスタマイズバージョンになります。TAKUMI JAPAN株式会社は今後も言葉の壁のない社会を目指して、事業に取り組んでまいります。


*1 株式会社みらい翻訳が提供するプラットフォーム。

(報道発表:「多言語音声翻訳プラットフォーム始動のお知らせ」 https://miraitranslate.com/uploads/2019/04/MiraiTranslate_MultilingualPlatform_pressrelease_20190426.pdf )



■実証実験の概要

リンクURL: https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20190709_01.html



■翻訳機「KAZUNA eTalk5」に関するお問い合わせ

TAKUMI JAPAN株式会社

所在地 : 東京都港区西新橋3-9-3 内山ビル7F

設立  : 2018年7月

事業内容: IOT・AI器機の製造・販売

URL   : https://www.kazuna.co.jp

担当  :大仲

メールアドレス: press@takumi-jpn.com

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「188761」を
担当にお伝えください。