東京ソラマチ(R)にて2019年9月30日まで出店予定の 「“マッサージチェアの進化”を見て体験できるくつろぎ空間」が 「beyond2020 プログラム」の認証を取得

2019年4月に創業65周年を迎えた株式会社フジ医療器(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:大槻 利幸)は、このたび東京ソラマチで展開している「“マッサージチェアの進化”を見て体験できるくつろぎ空間」を「beyond2020プログラム」に申請し、認証を得ましたので、お知らせいたします。


“マッサージチェアの進化”を見て体験できるくつろぎ空間


■「“マッサージチェアの進化”を見て体験できるくつろぎ空間」について

2018年3月より、当社は東京ソラマチにて「マッサージチェア進化論」をテーマにした期間限定店舗を出店しています。マッサージチェアは国内外において着実に普及が進んでいますが、特に海外においてはマッサージチェアの存在を知らない人が多いため、インバウンドの観光客が多く集まる東京ソラマチの店舗で、マッサージチェアを有料(15分で200円)で体感できるスペースを用意し、使い方ガイドを多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)で示すことで、外国人のお客様も安心して試せる場を提供しています。

また、「マッサージチェア進化論」をテーマとして、マッサージチェアの技術の進化および未来像を日本語と英語のパネルで解説しています。



■“マッサージチェアの進化”を見て体験できるくつろぎ空間 概要

出店期間:2019年9月30日(月)まで

営業時間:10:00~21:00

場所  :東京ソラマチ イーストヤード5階

所在地 :〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5階

内容  :(1)マッサージチェア進化論をテーマにしたパネル展示

     (2)マッサージチェアの体験(有料)

展示商品:リラックスソリューション マッサージチェア OH-6800

     ※展示商品は一部変更となる場合がございます。



■beyond2020プログラムとは

2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラムを「beyond2020プログラム」として内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が認証し、ロゴマークを付与することで、オールジャパンで統一感を持って日本全国へ展開していく取り組みです。


beyond2020プログラム: https://www.atpress.ne.jp/releases/188547/img_188547_2.jpg

HP: https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/beyond2020/index.html



<フジ医療器 会社概要>

株式会社フジ医療器は、1954年創業の「美と健康」にまつわる商品を提供する健康機器メーカーです。

世界で初めてマッサージチェアを量産化した実績を持ち、現存する第一号機は、マッサージチェアのルーツとして象徴的な存在であると評価され、2014年に「機械遺産」の第68号に認定されました。創業以来、マッサージチェアのパイオニアとして、エアーバッグのみを使った世界初のマッサージチェアの開発や、業界初の体形検知システムなどを搭載したマッサージチェアを製造し、高機能・高品質を誇る革新的な商品は、日本国内外において多くのお客様に選ばれ続けています。


社名     : 株式会社フジ医療器

創業     : 1954年

設立     : 1965年4月

代表取締役社長: 大槻 利幸

本社所在地  : 大阪市中央区農人橋1丁目1番22号 大江ビル14階

事業内容   : 健康・美容機器の製造、販売、輸出入

資本金    : 3,000万円

         ※アサヒホールディングス株式会社(東証一部上場) 連結会社

従業員数   : 783名(2019年3月現在)

URL      : https://www.fujiiryoki.co.jp/



■お客様のお問い合わせ先

フジ医療器お客様相談窓口

【フリーダイヤル】0120-027-612

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「188547」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報