夏休み短縮の影響か?海外旅行、今年は『早めに帰国』がトレンド...

夏休み短縮の影響か? 海外旅行、今年は『早めに帰国』がトレンド! 混雑回避には8/19以降の帰国がおすすめ!

~「エアトリ」が夏休みの海外旅行帰国日分布を調査~

 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は、8月の帰国日別予約件数を2018年と2019年で比較しました。

 2018年の場合、8月11日から帰国者が緩やかに増えていき、8月19日に帰国ピーク(6.8%)を迎えます。その後、帰国者は一気に減り、8月21日には2.9%まで下がりました。一方、今年は8月11日から一気に帰国者が増え、2018年よりも2日早い8月17日に帰国ピーク(6.9%)を迎えています。そして2018年より1日早い8月20日には2.9%まで下がりました。

 今年はG.W.が10連休だったこともあり、授業時間が不足していることから公立小中学校で夏休みを短縮する動きが広がっていることもあり、海外旅行も前倒しの動きが出ているのかもしれません。空港の混雑が嫌な人は8月19日以降の帰国を狙ってみてはいかがでしょうか?

 

こちらも併せてご覧ください

・令和最初の夏休み、世界最大の新空港建設中の北京が人気急上昇!~エアトリが夏休み人気急上昇渡航先ランキングを発表~

https://www.atpress.ne.jp/news/185860


・お盆休みの人の約3割が「9連休」! 夏休みの過ごし方、1位は「海外旅行」の一方で、  お盆休みの人は「自宅でゆっくり休む、たくさん寝る」が1位に~エアトリが「夏休み」の動向調査を実施~

https://www.atpress.ne.jp/news/187569


・今年のお盆は最大9連休!海外旅行、もっとも混雑するのは連休初日の8月10日(土)。ハワイは日程をズラせば9万円もお得に!~エアトリが「お盆」の予約状況を調査~

https://www.atpress.ne.jp/news/188102

 

【調査概要】

対象サービス:日本発海外航空券

対象期間:2018年、2019年のそれぞれ8月1日~8月31日の間に出発&帰国

予約状況:2018年、2019年のそれぞれ7月1日時点

 

日本最大級総合旅行プラットフォーム 「エアトリ」

海外航空券:https://www.skygate.co.jp/

国内航空券:https://www.airtrip.jp/

 「エアトリ」は、国内外の格安航空券、航空券+ホテル、ツアー、ホテルを中心に新幹線やレンタカー、アクティビティまで幅広い旅行商品を取扱うオンライン総合旅行サービスです。24時間利用可能なリアルタイム検索や空席照会・即時予約・決済などオンラインならではのサービスを提供しています。

 航空券は1,500以上の都市・2万以上のコースが即時予約可能。ホテルは国内外の約8,000都市・約60万軒と日本最大級の取扱い数となっています。

 


プレスリリース添付資料

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報