アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル 食の祭典『第20回ワ...

アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル  食の祭典『第20回ワールド・グルメ・フェスティバル』を9月に開催  東京・パリ・ミラノのミシュランレストランで活躍する 5名の日本人シェフが登場

音羽 元シェフ & 音羽 創シェフ:「CIEL ET SOL(シエル エ ソル)」 東京 井伊 秀樹シェフ:「炭火割烹 白坂」 東京 神崎 千帆シェフ:「Virtus(ヴィルチュス)」 パリ 徳吉 洋二シェフ:「TOKUYOSHI」 ミラノ

【タイ・バンコク/2019年7月11日】 アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル(所在地:155 Rajadamri Road, Bangkok)は、2019年9月2日~8日の期間、タイの首都バンコクで最も歴史のある国際的な食の祭典『第20回ワールド・グルメ・フェスティバル』を開催いたします。

記念すべき20回目の開催となる本年は、世界の名だたるレストランからワールドクラスのシェフたちを招聘。日本からも、東京のミシュラン一つ星レストラン2軒より日本人トップシェフ3名、さらに、フランス・パリとイタリア・ミラノの一つ星レストランから2名、計5名の日本人シェフが参加することが決定しました。


音羽 元シェフ & 音羽 創シェフ:「CIEL ET SOL(シエル エ ソル)」 東京


https://www.atpress.ne.jp/releases/188397/img_188397_2.png

井伊 秀樹シェフ:「炭火割烹 白坂」 東京


https://www.atpress.ne.jp/releases/188397/img_188397_3.jpg

神崎 千帆 & マルチェロ・ディ・ジャコモ:「Virtus(ヴィルチュス)」 パリ(フランス)


https://www.atpress.ne.jp/releases/188397/img_188397_4.jpg

徳吉 洋二:「TOKUYOSHI」 ミラノ(イタリア)



『第20回ワールド・グルメ・フェスティバル』では、9ヵ国から15名の人気シェフたちが集合して料理の競演が繰り広げられます。日本からは、東京のミシュラン1つ星レストラン「シエル エ ソル」から音羽 元シェフと音羽 創シェフ、そして同じく東京のミシュラン1つ星レストラン「炭火割烹 白坂」から井伊 秀樹シェフが参加。さらに、フランス・パリのミシュラン1つ星レストラン「Virtus(ヴィルチュス)」から日本人女性シェフの神崎 千帆シェフと、イタリア・ミラノのミシュラン1つ星レストラン「TOKUYOSHI」より徳吉 洋二シェフも登場します。



■『ワールド・グルメ・フェスティバル』とは

『ワールド・グルメ・フェスティバル』は年を追うごとに注目度も増し、グローバルに人気を誇る優秀なシェフ、ワインメーカー、食の専門家らが世界中から集う一大グルメイベントに成長しました。料理を愛する人々が一堂に会し、素晴らしい料理やワインを1週間にわたって供し、楽しむ、まさに“食の祭典”です。

20回目の開催となる今年は、日本人シェフ5名の他にも、各国のトップシェフたちが世界中から参加。アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル内のレストラン:「ビスコッティ」「マディソン」「スパイス・マーケット」「シンタロウ」を会場に、全シェフがホストとして各2回の特別ディナーを開催します。



■『第20回ワールド・グルメ・フェスティバル』参加シェフ

- 音羽 元、音羽 創:

 「CIEL ET SOL(シエル エ ソル)」 東京(日本)― ミシュラン1つ星

- 井伊 秀樹:

 「炭火割烹 白坂」 東京(日本)― ミシュラン1つ星

- 神崎 千帆&マルチェロ・ディ・ジャコモ:

 「Virtus(ヴィルチュス)」 パリ(フランス)― ミシュラン1つ星

- 徳吉 洋二:

 「TOKUYOSHI」 ミラノ(イタリア)― ミシュラン1つ星

- ヴォルフガング・ベッカー(Wolfgang Becker):

 「Becker's Restaurant」 トリーア(ドイツ)― ミシュラン2つ星

- エルヴェ・ドゥヴィーユ(Herve Deville):

 「Momo」 ロンドン(英国)

- アラン・ジェアム(Alan Geaam):

 「Alan Geaam」 パリ(フランス)― ミシュラン1つ星

- 何順凱(Kai Ho):

 「態芮(タイルイ)」 台北(台湾)― ミシュラン2つ星

- イアン・キティチャイ(Ian Kitticha):

 「Issaya Siamese Club」 バンコク(タイ)/

 「Tangerine」 シンガポール/

 「Spot Dessert Bar」 ニューヨーク(米国)

- リッチー・リン(Richie Lin):

 「Mume」 台北(台湾)― ミシュラン1つ星

- アンヘル・サパタ・マルティン(Angel Zapata Martin):

 「Barrafina」 ロンドン(英国)― ミシュラン1つ星

- ルイ・シルベストル(Rui Silvestre):

 「Vistas」 ビラ・ノバ・デ・カセラ(ポルトガル)― ミシュラン1つ星

- アンドレア・スパゴーニ(Andrea Spagoni):

 「BeefBar」 (香港)― ミシュラン1つ星



■バンコク名物の屋台料理やホテルで人気のサンデーブランチもオリジナルスタイルで提供

今年は「クルンテープ(天使の都)」と呼ばれるバンコクの名物であるストリートフードを称え、『ワールド・グルメ・フェスティバル』として初めての特別企画も登場。バンコク屈指のサンデーブランチで知られオープンエアの空間が魅力的な「パリチャート・コート」で、2019年9月5日(木)、バンコク中から選りすぐった屋台の数々がそれぞれ自慢のストリートフードをご用意いたします。世界的にも有名なバンコク名物を様々にお楽しみください。

その他、近年すっかり恒例となっている、大人気の「ワールド・グルメ・ブランチ」などの限定イベントも、ホテルを象徴するロビーとバー「アクア」で2019年9月8日(日)に開催予定です。



■マスタークッキングクラスも開催

また、美食家、料理マニア、プロの調理師といった、あらゆる食を愛する方々が参加できるマスタークッキングクラスも開催。『ワールド・グルメ・フェスティバル』招聘シェフ全員が、同フェスティバルで提供する特別メニューの調理を実演し、参加者は実際にその料理を堪能できます。

今年は、マスタークッキングクラスの講師として、著名なオランダ人ペストリーシェフであるロジャー・ヴァンダムシェフも招聘。ヴァンダムシェフは、ベルギーのアントワープにある「ヘット・ゲバー」で活躍し、2017年の「ベスト・シェフ・アワード」で、世界最高のパティシエに選ばれた名匠です。2019年9月5日(木)と6日(金)は、ヴァンダムシェフによる4種類のデザートのマスタークラスが開催され、午後にロビーラウンジで実際のデザートをご賞味いただけます。



■『第20回ワールド・グルメ・フェスティバル』を最大限に楽しめる宿泊パッケージもご用意

アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテルでは、『第20回ワールド・グルメ・フェスティバル』の開催にあわせ、宿泊 パッケージ「アメイジング・ワールド・グルメ・フェスティバル(Amazing World Gourmet Festival)」もご用意しています。



■「アメイジング・ワールド・グルメ・フェスティバル(Amazing World Gourmet Festival)」概要

『第20回ワールド・グルメ・フェスティバル』でしか味わえない、ワールドワイドなシェフ達による“饗宴”を体験する貴重な機会を堪能できる宿泊パッケージです。ご宿泊、ブッフェ朝食、ゲストシェフによる毎晩のディナー(2名様分)が含まれ、数々の受賞歴を誇る「アナンタラ スパ」のトリートメントも15%割引でご利用いただけます。


料金      :1室1泊2名利用18,000タイバーツ~(税・サービス料別)

パッケージ内容 :- アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテルでのご宿泊

         - ブッフェ朝食(2名様分)

         - 『第20回ワールド・グルメ・フェスティバル』のディナー

           (2名様分)

         - 「アナンタラ スパ」でのトリートメント利用15%割引

期間      :2019年9月2日~8日まで

         (ご予約は空室状況により9月8日まで可能)

ご予約・お問合せ:アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル

         予約サイト http://www.anantara.com/en/siam-bangkok/offers/a-magnificent-20th-world-gourmet-festival (英語)

         メール   reservations.asia@anantara.com

         電話    +66 2 126 8866


『第20回ワールド・グルメ・フェスティバル』の全イベントの詳細情報や各イベントへの参加申し込みは、公式サイト【 http://www.worldgourmetfestival.asia/ 】(英語)より確認・お申し込みいただけます。なお、同フェスティバルの全イベントは、事前のご予約が必須です。


世界中の美食都市から集うシェフ達が腕をふるう“食の祭典”を、アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテルで存分にご堪能ください。



■参考:日本から参加するシェフのプロフィール

音羽 元シェフ & 音羽 創シェフ

「シエル エ ソル」 東京(日本)― ミシュラン1つ星

宇都宮市にある「オトワレストラン」のオーナーシェフを務める音羽 和紀氏を父に持つ兄弟シェフ。父の後を追って料理の世界に入った音羽兄弟は、それぞれリヨン(フランス)のミシュラン3つ星レストラン「アラン・シャペル」や、東京のミシュラン2つ星レストラン「ル・マンジュ・トゥー」などの名店で修行した後、「シエル エ ソル」を開店。クラシックなフランス料理に現代的なアレンジを加え、自然の恵みを大切にした「自然体の料理」をコンセプトに掲げています。


井伊 秀樹シェフ

「炭火割烹 白坂」 東京(日本)― ミシュラン1つ星

生まれ育った東京で料理の修行に打ち込んだ後、日本生まれの和久田 哲也シェフとの出会いをきっかけに渡豪し、オーストラリアで活躍。和久田シェフがシドニーに構える名店「Tetsuya's」で日本人初のスーシェフに就任。その後、2014年に自身のレストラン「炭火割烹 白坂」を東京で開店。独自の感覚と研究に磨きをかけながら伝統料理とモダンな調理技法を融合し、懐石料理よりもカジュアルな割烹料理のスタイルで見事な美食を提供しています。



■アナンタラについて

アナンタラは、現代の旅行者のために誕生したラグジュアリー・ホスピタリティ・ブランド。世界有数のデスティネーションに拠点を展開しながら、真に価値のある土地、人々、物語とパーソナルにつながる体験を通して、心に響くホスピタリティを提供しています。他グループと一線を画すデザインで彩られたラグジュアリーホテルやリゾートのコレクションは、見知らぬ場所への思いを掻き立てるきっかけとなり、お客様一人ひとりの旅行体験を特別なものにします。


魅力的な大都会でも、砂漠でも、緑豊かな島々でも、その土地ならではの魅力を余すところなくゲストに伝えるのがアナンタラの真骨頂。本物の上質を贅沢に取り入れ、情熱あふれるプロフェッショナリズムでおもてなしいたします。タイ、モルディブ、インドネシア、ベトナム、中国、カンボジア、スリランカ、モザンビーク、ザンビア、アラブ首長国連邦、オマーン、カタールなどに35軒以上の卓越した施設を擁し、アジア、インド洋、中東、アフリカの未来を結ぶ構想を描いています。

アナンタラ ホテル リゾート&スパに関する詳しい情報は、オフィシャルサイト http://www.anantara.jp/ 【日本語】および http://www.anantara.com/ 【英語】をご覧ください。


SNSでのフォローはこちらから

Facebook : https://www.facebook.com/anantara

Twitter : @anantara_hotels

Instagram: @anantara_hotels



アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル:ロビー

https://www.atpress.ne.jp/releases/188397/img_188397_6.jpg

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「188397」を
担当にお伝えください。